2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

マーチン・ランプキン逝く

初代世界チャンピオン、マーチン・ランプキンが亡くなった。
4月2日の午後のこと、65歳だった。

マーチン・ランプキン標

ハロルド・マーチン・ランプキンは1950年12月28日、イギリス・ヨークシャー州シルスデン生まれ。ランプキン家の、というよりもイギリスの、そして世界のオフロード・モーターサイクル・スポーツのルーツ、アーサー・ランプキンの三男。長男アーサーJr.、次男アランと、そろってオフロードライディングを愛し(兄二人はBSAの契約ライダーだった)、ISDTなどで大活躍した。ISDTはインターナショナルシックスデイズトライアル。のち、ISDEとなって現在に至っている。

オフロード一家のランプキン家にあって、トライアルに特化して修練を積んだのが、マーチンだった。ブルタコのチームライダーとなったマーチンは、1973年にイギリス選手権チャンピオンとなると同時に、ヨーロッパ選手権チャンピオンとなった。ここでいうヨーロッパ選手権は、現在のヨーロッパ選手権とはちがう。当時のヨーロッパの感覚では、ヨーロッパこそ唯一の世界だった。実質的な世界チャンピオンだ。

ほどなく、ヨーロッパ選手権は世界選手権となった。そしてその初年度、1975年にチャンピオンとなったのがマーチン。今に至るトライアルチャンピオンのルーツこそ、マーチン・ランプキンだ。

世界チャンピオンとなったマーチンはいよいよ本領発揮。兄二人の栄光に続き、1976年には念願のSSDTでの勝利を果たす。SSDTにはその後77、78年と3年連続で勝利している。

ランプキンとイゾベル
ライダーとして絶頂期のころのマーチン。ドギーの母、終生の伴侶イゾベルとともに

この頃、マーチンに子どもができた。それがドギー・ランプキン(ダグラス・マーチン・ランプキン)だ。ドギーの誕生は1976年3月だから、まさにこの頃のマーチンは絶好調だった。

その後、ブルタコが1980年に倒産し、マーチンはSWMのライダーとなり、1982年に現役を引退する。それは同時に、次世代の栄光へのスタートでもあった。

ドギーの初めての勝利は9歳の時。メジャー勝利は93年のヨーロッパ選手権。97年に世界チャンピオンになると、その後の活躍はご存知の通り。そしてドギーの活躍の傍らには、常にマーチンがいた。

とびきり大きな声、息子のライディングを称え機運を盛り上げていくフォロー、的確な采配。マーチンのマインダー業務は、世界選手権を戦うすべてのマインダーのよき手本となった。ドギー・ランプキンの12回の世界タイトル(インドアを含んでいる)はドギー本人の才能と努力のたまものであるのはもちろんだが、この父マーチンの存在は偉大なものがあった。

ヨークシャーのランプキン一族といえば、イギリスでは知らぬものがない。アーサー、アラン、マーチンの3兄弟はそろってSSDT優勝者だし、アーサーとアランは実家の横で機械工場を営み、その向かいにはアーサーの長男、ジョン・ランプキンが営むベータUKがある。ドギーの弟ハリー、アランの息子のジェイムスもまたトライアルライダー。SSDTではかなりの上位入賞を果たすライダーである。ジェイムスはまた、マーチンに替わってドギーのマインダーを務めたこともある。

日本で初めて世界選手権が開催された頃、イベント後の記者会見が開催された。そのとき、初代世界チャンピオンとしてマーチンも臨席していたのだが、当時はドギーの父としての印象が定着していて、マーチンにマイクが向けられることがないんじゃないかと心配したスタッフ某氏が、マーチンになんか質問してちょうだいとお願いされた。いわばやらせ質問の依頼なのだけど、二つ三つ質問を用意して会場へ出向いて、おたずねすることになった。

ひとつだけ、覚えているやり取りがある。質問は、あなたは初代の世界チャンピオンで、息子は4回(当時)の世界チャンピオンだが、どちらがすぐれていると思うか、というおぬまけなものだった。もっと気の利いた質問をするべきだったと今でも反省しているのだけど、突然お願いされたんで、しょうがない。マーチンは、もしかするとちょっと憮然として、もしかすると毅然として、やっぱり大きな声で答えてくれた。

「わかりきったことを聞くんじゃない。息子のほうが10倍ほど勝っている」

前半の部分はよく覚えていないけれど、最後の「Ten Times」という響きは、今でも耳に残っている。

ドギー・ランプキンによれば、この1年ほど体調がすぐれず療養をしていたということだが、4月3日、癌のため亡くなった。

2016年トライアル世界選手権の開幕と、孫アルフィーくん(10歳)のデビュー戦の目前にしての訃報だった。

2009年田中太さんと
1999年、田中太一が4位に入ったとき、マーチンはお父さんの太さんのところに飛んできて祝福をした。
2009年のマーチン
歴代チャンピオンたちを称えるFIMのセレモニーを前にしてビールを離せないマーチン、これも2009年。

1976年、1978年、1980年
イギリス選手権トライアルチャンピオン

1973年
ヨーロッパ選手権トライアルチャンピオン

1975年
世界選手権トライアルチャンピオン

1976年、1977年、1978年
スコティッシュ・シックス・デイズ・トライアル優勝

1977年、1978年、1981年、1982年
スコット・トライアル優勝

Photo:Erick Kitchen, @dougielampkin12, Good Shoot/FIM

マーチン・ランプキン


若きドギー・ランプキンを扱ったイギリスの番組。祖父のアーサー、お父さんの3兄弟、おじさんのジョンなどが登場する

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る