2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016フランスGP表彰台

フランスGP、藤波貴久絶好調、優勝と2位!

アンドラ大会から1週間後、世界選手権はフランスに舞台を移した。アンドラからピレネー山脈を越え、フランスとスペインの国境に近い、ルルド(Lourdes)での開催だった。

土曜日はトニー・ボウ、藤波貴久のレプソルHonda勢がワンツー。日曜日は藤波貴久が優勝! ボウは3位に終わるも、両日終わって計算をすれば、ラガとのポイント差を3点広げた結果となった。藤波はランキング3位争いを一気に17点差として、後半戦に向けて明るい風が吹いている。

■土曜日

1606フランスGPのボウ

この会場は、とても滑るコンディションの上、前日に雨が降り、当日も降ったりやんだりの天候となるなど、むずかしい戦いとなることが予想された。

この日も、ボウは好調だった。1ラップ目、ボウの減点は10点。ラガには10点差をつけている。そして、ラガと同点の20点で1ラップ目を終えたのが、藤波だった。

1ラップ目、トップはボウ、2位はラガでも藤波でもなく、ファハルドだった。ファハルドはボウに2点差でトップを追う。しかしファハルドは2ラップ目に5点を7つもとって脱落していく。

こうなると、ボウを追うのはラガと藤波ということになる。2ラップ目、ラガは1ラップ目とほぼ同じ21点。藤波は5点減らして15点で2ラップ目を回ってきた。これで藤波は6点差で単独2位だ。

しかしこの日、戦い以外の事件が起こっていた。第5セクションから第6セクションの移動路が超難所で、そこで若いスペイン人、ミケール・ジェラベルトのマインダーが転倒、落ちたマシンを引き上げようとしている際に意識を失って、救急のお世話にならなければらなくなった。これが、2ラップ目のことで、この頃にはトップライダーはすべて第6セクションに到着していて、ジェラベルトもマインダーのいないままトライを続けていたという。

そして3ラップ目、トップグループが第5セクションにトライした頃、第6への道の閉鎖が伝えられた。ドクターヘリが作業をするので、ルートからライダーを排除する必要があったのだ。

結局、件のマインダーは無事ヘリコプターで救出されて大事には至らなかったようだが、そこで1時間程が経過していた。FIM、主催者、ライダーが競技をして、試合は3ラップ目の第5セクションで中断ということになった。試合の大半を消化しているため、大会は成立。3ラップ目第5セクションの時点での成績を持って、フランス大会土曜日の結果が決まることになった。

優勝は21点のボウ、藤波が38点。3位はラガで44点。藤波の2位入賞は、2015年の日本GPの2日目以来のことだった。

藤波が2位で選手権ポイントを17点加えたのに対し、ランキング3位争いのライバル、ハイメ・ブストは8位で8点、アルベルト・カベスタニーは10位で6点を加えるにとどまった。ランキング3位争いはがぜん藤波に風が吹いてきた。

1606フランスGPの藤波

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/101-TRIAL-GP-09-FRA-2016-FINAL.pdf

■日曜日

1606フランスGPの藤波2

雨は土曜日の試合後も降り、そして日曜日には晴れ上がった。滑るコンディションは、さらに輪をかけてひどくなっている。しかもこの日は、前日に事故のあったコースをカットして、3つのセクションを新たに設定した。つまりいつものダブルヘッダーの戦いとは、少し様子のちがう日曜日となっていた。

明けてみれば、第1セクションから難セクションになっていた。第1セクションを抜けられたのは5人だけだった。きのう、マインダーの大事件があったジェラベルトとダビルが3点、そしてブスト、ラガ、藤波が1点だ。

ボウは第1に続いて第4でも5点となって、連勝に黄信号がともった。さらに5点、3点と減点を加えて、1ラップ目はラガの7点に対して19点。ボウには厳しい戦いとなっていた。2位はラガに3点差で藤波、3位がブストで、ボウはカサレスに1点差に迫られる4位で1ラップを終えている。

2ラップ目、トップスコアをマークしたのはブストだった。5点一つで9点。ボウは13点と少し調子を戻したものの、ブストに9点差で4位。ブストが表彰台圏内、あるいは優勝争いにからんできた。

そしてトップ争いは、藤波が1ラップ目と同じ10点、ラガはちょっと減点を増やして13点。これで藤波とラガは20点の同点で最後のラップに入っていくことになった。

このラップ、藤波の走りは神がかっていた。カベスタニーが9点、ボウが10点、ファハルドが12点、グビアンが15点、ラガが16点と減点していく中、藤波だけがクリーンをたたき出し続ける。

そしてとうとう、12セクションをたった1点で回ってしまった。文句なしの優勝だ。ラガは藤波に遅れること15点で2位。ボウは追い上げたもののラガに6点差で今シーズン初めての3位となった。

好調だったブストは、またしてもまたしても4位。しかも今回は、3位のボウと同点、クリーン数差による順位決定だった。

藤波の勝利は、2013年開幕戦オーストラリア以来。このオーストラリア大会は、藤波が靭帯損傷をし、不安にさいなまれながら臨んだ初めての戦いだった。そして今回は、負傷がほぼ癒えて、調子を取り戻しての勝利だった。

連勝記録は止まったものの、選手権ポイントではラガに対して3点アドバンテージを広げたボウのリードはちょうど20点となった。残るは5戦。ボウが2位を守れば11回目のチャンピオンが決まる計算だが、今年はまだもう一波乱があるかもしれない。

そしてランキング3位争いは、この週末で藤波がリードをとることになった。ブストに17点、カベスタニーに24点差。まだまだ予断は許さないが、こちらも藤波優位で後半戦に突入することになる。

1606フランスGPのラガ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/101-TRIAL-GP-10-FRA-2016-FINAL.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/16R5fra_gp_stand.pdf

■セクションbyセクション・リザルト

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/103-TRIAL-GP-09-FRA-2016-SECTION-PHOTO.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/103-TRIAL-GP-10-FRA-2016-SECTION-PHOTO.pdf

■トライアル2

1606フランスGPのシャタヌ

ジャック・プライスの強さはあいかわらず。しかし今回、勝利したのはガエル・シャタヌ、フランス人。フランス大会で初勝利だ。プライスは2位で、開幕戦で7位になった以外は全戦で表彰台。この6戦は2位以上をキープしている。

ランキングでは1位から4位に3名のイギリス人がいる。次世代のイギリスは、果たして強さを取り戻すのだろうか。

1606フランスGPトライアル2表彰式

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/16R5fra_2_stand.pdf

■トライアル125

1606フランスGPのジャック・ピース

トライアル2ではジャック・プライスが強いが、トライアル125ではジャック・ピースが強い。ここまで10戦中7勝。残る3戦も2位という好順位だ。

125クラスは、全15戦中、11戦の好成績の順位で選手権を決定する。ここまで7勝しているから、あと4勝すれば全勝と同じ価値を持つ成績となる。次のベルギー大会で早くもチャンピオンが決まる可能性もある。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/06/Trial125-Standings-2.pdf

関連記事

TRRS用カーボンサイレンサーエンドキャップ

美しい仕上がり!TRRS用のカーボンサイレンサーエンド。TRRS全車にフィットします。 (さらに…)…

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

ページ上部へ戻る