2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014アンドラのエマ

エマ・ブリスト新女王に

2014アンドラのエマPhoto:FIM/Good Shoot

 2014年女子世界選手権最終戦は、トライアル・デ・ナシオン(TDN)の前日、9月12日にアンドラ公国で開催された。全4戦で争われた今年の女子世界選手権は、3勝したエマ・ブリストがチャンピオンを決めた。女子世界選手権が始まって、3人目の世界チャンピオンの誕生だ。

 エマ・ブリストはイギリス人。2006年から(当時はまだ15歳だったはずだ)女子世界選手権に参戦していて、間もなく24歳になる。エマが参戦を始めた頃のイギリス勢は、ちょっと上手だが粒が小さいライダーが多くて、束になるとその安定度から、ときどきTDNで好成績をおさめられる、という勢力だった。当時から女子世界選手権はライア・サンツの独擅場で、つけ入る隙なんかはほとんどなかったのだ。
 ちょっと様子が変わってきたのは、2011年にオッサのライダーとなったことだ。それまで才能のあるライダーの一人だったエマだったが、今度はナンバーワンライダーとして見られるようになった。そして同じイギリスのクック・レベッカを破って世界ランク2位まで上り詰めてきた。あとはトップの座だけが残っていた。
 今年、ライア・サンツが出場を断念し、エマのタイトルの可能性は限りなく高まった。ライアの参戦断念には、エンデューロやレイドイベントに集中するためというのが理由だ。しかし女子世界選手権はワールドカップや125ccクラスと同様、有効得点制をとっている。全4戦といっても、そのうち3戦の結果のいい大会をリザルトとするから、先週のスペイン大会で2勝し、今回の最終戦でまた勝てば楽勝でタイトルは獲得できる。しかしさしものライアといえど、トライアルのトレーニングをまったくやらずに、突然パドックへやってきての参戦では、勝つのはむずかしい。ライアに14回目の世界タイトルを断念させた陰には、エマの成長があったにちがいない。
 チャンピオンとなったエマは、13日土曜日には、今度はイギリスの世界一を目指して、TDNチームの一員として2014年最後の戦いに挑む。

2014アンドラのエマPhoto:FIM/Good Shoot

*TDN参戦のためにアンドラ入りをしている日本代表選手たちもこの世界選手権最終戦に参戦。京藤一栄36位(減点75)、小玉絵里香42位(減点98)、小谷芙佐子が1ラップ目タイムオーバーで失格となっている(参加47名、完走44名)。優勝のエマ・ブリストの減点は5点。選手権ポイント獲得のボーダーラインは減点32だった。

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る