2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1607藤波骨折C

藤波が手首骨折

藤波貴久が、左手首を骨折した。7月23日、南フランスのカルパントラで行われたインドアトライアルでのことだった。

このインドア大会はs世界選手権などのタイトルのかかったものではなく、興業目的で開催されるもので、ライダーは自身の調整のために参加する。

事故が起きたのは90度ひねりながらヒューム管に登るセクションだった。なかなかむずかしいポイントで、トニー・ボウこそクリーンをしたものの、他のライダーは安全のためにも1回足をついて切り抜けていた。この大会は2ラップ制だったが、藤波も1ラップ目は1点ついてこのポイントを抜けていた。

同じように走った2ラップ目、ところがちょっと勢いがよすぎた。ヒューム管に登って回した先にはフロントが降りる場所がなかった。そのまま下まで落ちることになった。

とはいえ、インドアではこういうアクシデントはままあることで、藤波もよく直面しているシーンである。ところが運悪く、藤波のパンツがハンドルに引っかかり、さらにはキルスイッチのリストバンドも引っかかってしまった。こうなると、藤波は思ったようにマシンからの離脱ができない。

それでも本人の意識では、一段低いヒューム管に横腹から落ちて身を守ったつもりだった。一段低いヒューム管から、さらに床に落ち、おそらく横腹を強打したからか、しばらく息ができずに苦しんでいた。そしてその後、手首の異常に気がついたという。

横腹から落ちたつもりではあったが、手首をヒューム管に打ちつけたか、あるいは手首をついてしまったのかもしれない。その時点で骨折はほぼ明らかだったので、直接スペインへ帰って診察を受け、今後の対策を練ることになった。診察の結果、藤波の負傷は舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折とわかった。

土曜日の夜に負傷して、日曜日、月曜日と検査などをし、火曜日には手術。今シーズンは最終戦イタリア大会がまだこれから開催となる。そしてこの大会は、藤波が久々にランキング3位を獲得するかどうかの大事な戦いでもある。

藤波には、9月第1週に開催される世界選手権最終戦を欠場する予定はまったくなく、どんなに厳しくてもこれに参加してランキング3位を目指していくつもりでいる。

2016骨折した藤波

InstagramやFacebookでは、左手にギプスを巻いてトレーニングをする姿を披露している藤波(写真は藤波のInstagramFacebookからいただきました)。くよくよしていてもしかたがない、全力でこの事態にぶつかっていく、というポジティブシンキングだが、コミカルで元気いっぱいの写真はサービスショットであり、事実はもうちょっと深刻のようだ。

しかしいつものとおり「手術をすれば骨はくっつくので、あとは痛いのを我慢するだけ」とこわいことを言っている。

藤波には2006年にアウトドアシーズン直前のインドア大会で左手人さし指を骨折、苦しい序盤戦を戦った苦い思い出がある。左手人さし指はクラッチを操作する大事な指で、ほかに代わりができなかったので、痛みに耐えながら走ったのだが、開幕戦は6位となったあと、なんと第2戦では優勝している。藤波貴久の底力は常人には計り知れないところがあるが、しかしまずは、お大事にしてしっかりなおしていただきたいところ。そのうえで、最終戦で今シーズンを締めくくる戦いを見せてほしいものだ。

世界選手権最終戦は、9月10日・11日に開催される。

関連記事

TRRS用カーボンサイレンサーエンドキャップ

美しい仕上がり!TRRS用のカーボンサイレンサーエンド。TRRS全車にフィットします。 (さらに…)…

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

ページ上部へ戻る