2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ベルギーGP。ボウの勝利とジャック・ピースのタイトル決定

7月10日、ベルギー大会。2016年シリーズも終盤戦となって、まず125クラスでチャンピオンが決定した。トライアル2、GPクラスも今シーズンの流れはほぼ確定的となっているが、しかし戦いはまだまだ熾烈だ。

1607ベルギーGP125表彰

世界選手権はここ数年、ずっと1大会2試合ずつ、土曜日と日曜日に開催で続いてきたが、ベルギーは日曜日の1日だけの大会となる。

トライアル125クラスではジャック・ピースが8勝目を挙げた。世界選手権では、トップクラス以外は有効得点制で選手権を争っていたが、今年から、125クラスは全15戦中の11戦による有効得点制となった。4戦休んでも選手権を戦う権利は保たれているわけで、より参加しやすい参戦体制となったといえる。

その11戦のうち8戦で勝利したピースは、この勝利をもって、2016年チャンピオンを決定した。今シーズンのアウトドアタイトル、第1号だ。

1607ベルギーGPのピース

ピースが今シーズン勝利を逃したのは3回。その3回で勝利したのはいずれもドイツ人で、ドイツ大会でのヤルモ・ロブランとアンドラ大会日曜日でのマックス・ファウド。ロブランはドイツ大会だけ125に参戦して、それ以外はトライアル2に参加している。ドイツまでは無得点で、ドイツの125でパーフェクト勝利してからは、トライアル2でもぽつぽつとポイントを獲得するようになったというのがおもしろい。ファウドはアンドラで1勝したのみだが、ドイツ大会で3位になった以外は全戦で2位となっていて、ピースと同様、安定して上位につける実力者だ。ピースの最大のライバルがファウドだったが、ここまでのトータルポイントはピースの211点に対し、ファウド186点。ファウドが残り4戦を勝利したとしても、ファウドの有効得点は202点にしかならない。文句なしのタイトル決定だ。

■トライアル125結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/08/2016_125_Belgium.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/08/2016_125_Bel_ST.pdf

■トライアルGP

1607ベルギーGPのボウ

ベルギーは、滑るという印象が強い。どこで開催される大会も、滑る。そういう地質なのかもしれない。滑る路面に苦労したか、ボウとラガは1ラップ目には首位に立てなかった。トップはカベスタニー、2位がファハルドで藤波が3位、僅差でボウ、ラガと続いていた。6位ブスト、7位ダビルまでが9点差におさまっていたから、大接戦にはちがいない。

2ラップ目、ボウが復調。といっても、1ラップ目18点から2ラップ目13点とわずかなスコアアップなのだが、これでトップに浮上。1ラップ目のトップ3の3人は、それぞれ20点台で減点を増やしている。2ラップ目終了時点でトップはボウの31点、ラガ34点、ファハルド36点、藤波38点、カベスタニー39点、ブスト42点、ダビル48点。接戦ながら、少しずつ順位が見えてきた。

1607ベルギーGPラガ

ところが試合はまだ終わっていない。3ラップ目、ボウは14点で安定して好調だが、ラップ2位はカベスタニーだった。ラガは19点、対してカベスタニーは16点。これでカベスタニーは、2ラップ目までの4位から3位表彰台に返り咲くことになった。

1607ベルギーGPカベスタニー

表彰台争いから脱落したファハルドと藤波は、藤波が21点、ファハルド24点。藤波が4位となるべくスコアだったが、ところが藤波には2点のタイムオーバーが課せられていた。これで1点差。藤波は5位となった。

1607ベルギーGP藤波

実は今回は、岩が動くなどしてセクションがキャンセルとなったものがふたつあった。ひとつは1ラップ目の第8セクション。これは1ラップ目だけキャンセルで、2ラップ目以降は復活している。もうひとつは3ラップ目の第4セクション。これはボウのトライで岩が崩れたものだった。ボウといえばトライは最後の最後のはずだが、このとき、二人残っていたのが、藤波とラガだった。藤波は3ラップ目第3セクションでクラッシュをしていて、その修復でやや遅れて、ラガといっしょに最後尾でのトライとなっていたのだった。

ボウが岩を崩したことで、セクションを閉めるのかどうするのか、主催者側か悩んでいるうち、時間は経過していく。結局安全性を重んじてセクションは(当然のように)閉鎖となったのだが、そこで待たされたラガと藤波にしてみたら、待っていた時間をどうしてくれるんだ、ということになる。そこで主催者のひとりが、5分延長すると安請け合いをして二人は戦列に復帰したものだが、実はこんな約束は公式のものではなかった。とはいえ、その主催者の一人というのが、競技監督だかの役職の人物だったから、信じるなというのも無理がある。

なんとも釈然としないまま、ラガと藤波は3分残してゴールしたはずが2分のタイムオーバーとなり、結果的にラガにはなんの影響もなかったものの、藤波は4位を逃して5位となってしまったのだった。

カベスタニー3位、藤波5位となったことで、選手権ポイントはカベスタニーが4点つめよってきた。しかし藤波にはまだ20点のアドバンテージがあり、ランキング4位は依然としてハイメ・ブストが守っている。

■トライアルGP結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/08/2016_GP_Belgium.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/08/2016_GP_Bel_ST.pdf

■トライアル2

125と異なり、13戦の有効得点制で争われているトライアル2。今回が11戦目となるから、まだ2戦が残っている。

しかしチャンピオン候補のジャック・プライスは今回も絶好調で、シーズン6勝目を挙げた。シーズン序盤は勝ちあぐねていたが、日本での初優勝以降、着々と強さを身につけてきた。プライスが勝てなかった5戦は4人が勝利をわけあっているから、結果的にプライスのランキングトップは安泰ということになっている。

残り4戦で41点差。まだタイトルは決まらないが、限りなくタイトル決定に近い点差となっている。

1607ベルギーGPジャック・プライス

■トライアル2結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/08/2016_2_Belgium.pdf

関連記事

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

7月17日は全日本北海道

全日本選手権は、第4戦が7月17日に開催される。第4戦は北海道大会だ。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る