2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. リザルト中国
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. リザルト中部
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. イベント(大会)
  12. 2017お勉強会
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト中国
  25. 2020.04.05

    福島市へ行く
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト四国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト沖縄
  36. イベント告知
  37. 2020XTDN延期
  38. イベント(大会)
  39. SSDT中止
  40. イベント(大会)
  41. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(スクール)
  45. イベント(スクール)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014フランスはストップ

フランスがストップルールへ

2014フランスはストップ

 2015年に向けて、フランス・フェデレーションがルールの変更を打ち出した。ノーストップをやめて、従来通りのルールに戻すという変更だ。1分半の時間制限内であれば、ホッピングしても止まってもご自由、ということになる。
 フランスと世界の動向は共通しているようで別モノだが、FIMのトライアル委員長はフランス人のティエリー・ミショーだから、FIM世界選手権についても、なんらかの影響がありそうな変更ではある。

 FIM世界選手権は、2013年からノーストップルールで運用されている。ノーストップルールというのは停止5点のルールのことで、これまでもSSDT(と、日本ではイーハトーブトライアル)が採用していた。
 イギリス人はこのルールが好きで、スペインあたりへくると止まってホッピングするトライアルが好き、というのが定説になっているが、世界にはいろんな考えの人がいて、それぞれのルールに善し悪しがあるのはまちがいない。
 各国のモーターサイクル協会は国際的なFIMと連携をとっているから、原則としてFIMルールで運用することになるのだが、現在のノーストップは世界選手権のみに適用されているルールで、FIMルールとしてノーストップになっているわけではない。そしてFIMは、3年間の実験運用として、世界選手権をノーストップルールとしたわけだった。
 ノーストップルール採用にあたっては、FIMトライアル委員長の交代劇もあった。それまではイギリス人のデビッド・ウイロビーから、フランス人の世界チャンピオン、ティエリー・ミショーに変わり、ノーストップの普及活動は、もっぱらミショーさんの担当となって現在に至っている。ミショーさんのノーストップ普及活動はなかなか熱が入っていて、日本でもそう遠くない将来にノーストップルールが選手権で採用されるという動きになっている。
 しかしここへきて、フランスのルール変更とともに、トライアル委員長交替の話も流れてきた。後任の委員長の名前も挙がっているから、まんざら火のないうわさでもないようだ。
 2015年は、日本のトライアルはノーストップでないストップルールで、世界選手権はノーストップルールで運用されることが、すでに決まっている。世界選手権については、2015年が実験運用の3年目となる。日本の、そして世界のトライアルルールはこれからどうなっていくのだろう?

関連記事

2020 RTL300R/COTA301RR専用カーボンプロテクター

愛車を守るカスタムパーツ、2020 RTL300R/COTA301RR専用のカーボンプロテクター3種が発売されました。三谷モータースポーツよ…

TY125Fブリーザーホース新設加工

TY125Fのエンジンを、より回転が上がり、より低速がスムーズ、よりエンブレが効かなくなり2stのようなエンジンに。黒山レーシングによる…

野崎史高の、最後のセロー

野崎史高といえば、いわずとしれた国際A級スーパーのトップライダーで、2002年の世界選手権ジュニアチャンピオン、そして2019、2020年は…

リザルト中国

2020中国選手権第8戦

中国選手権第8戦山口大会 島根県 日原島高原TR場 2020年8月9日 天候:晴れ (さらに…)…

イベント(大会)

9/27岩手ツインショック

第5回岩手ツインショックトライアル大会 東北選手権・SUGO大会の日程変更により、同日開催は避けなければならなくなったので、 当初予…

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

リザルト中国

ケニーズクラブ30周年記念大会

2020年8月2日 広島県福山市海の見える杏の里トライアル場 天候:晴れ (さらに…)…

リザルト中部

第5回あしたかTT

第5回あしたかツインショックトライアル 8月2日(日)、第5回あしたかTT大会が開催されました。 (さらに…)…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

ページ上部へ戻る