2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. リザルト関東
  7. イベント(スクール)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中部
  13. 自然山通信2019年3月号
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(その他)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. 2016高田島ツートラ
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. イベント(その他)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト近畿
  31. リザルト中国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ドギー・ランプキン、ウィリーでマン島1周

ドギー・ランプキンが、6月26日、また新たなトライアル記録に挑んだ。モーターサイクル伝統の島、そしてドギーの住むマン島のTTコースを、ウイリーをしたまま走りきるという挑戦だった。

2016マン島クレイニーバー

この写真は、マン島TTレースでも有名なクレイニーバーという、有名なレストランのある左コーナーを抜けたところでウイリーをするドギー。ちなみに、クレイニーバーはレストランだからBarなのかと思いきや、CREG-NY-BAAです。マン島は英語とは少しちがう別の言語も持つので「baa」が「bar」のことなのか別の意味なのかはわかんない。

さてドギー・ランプキンは、いわずとしれたトライアル世界チャンピオンのビッグネーム。最近はトニー・ボウの大活躍にその名が隠れがちだが、圧倒的強さで世紀を越えてトライアル界に君臨した。7回のアウトドアと5回のインドア、合わせて12回の世界チャンピオンだ。ひところ、ドギーは7回の世界チャンピオンと呼ばれていた。なぜか世界チャンピオンといえばアウトドアばかりで、インドアは数に数えない風潮があった。そういえばホンダのホームページでも、レース結果に扱われるのはアウトドアばかりだった。最近、インドアも数に入れてもらえるようになって、世界選手権のタイトル数はインドア・アウトドア合わせて数えるようになってきた。トニー・ボウは10回ではなく20回の世界選手権チャンピオンだし、ドギーは12回のチャンピオンというわけだ。

2016マン島クレイニーバー空

そしてマン島は、ご存知の通り、市外地コースでのレースが行われている島。ビートルズが生まれたリバブールの沖に浮かんでいる。マン島TTレースは初開催が1904年だから、SSDTとほぼ同じ長い歴史を持つ。マン島での最初のモーターサイクル競技は、TTレースではなくトライアル(オフロード競技)だったという記録もあるが、ともかくマン島とモーターサイクルは深い絆があるのだった。

マン島はまた、ドギーのおうちのある島でもある。もともとドギーはリバブール空そんなに遠くない、シルスデンという町の生まれ。近くにシェフィールドというちょっと大きな町があって、ここで開催されているインドア大会は有名なところだ。マン島はタックス・ヘイブンの地としても有名で、たぶん高額所得者のドギーは、ここに住んで節税をしているということだ(ちょっとぐぐったら、マン島に投資して節税してもうけませんか、という詐欺があるらしいから、気をつけてください。ぜんぜん関係ない話ですが)。

2016マン島道路閉鎖中

TTレースの行われているコースは1周約60km(37.7マイル)。長いだけじゃない。コーナーの数は200とも300ともいわれるし標高差も400mに近い。途中にある橋では、路面の起伏によって大ジャンプを余儀なくされるところもある。ここをドギーは、愛車ヴェルティゴを駆って、後輪だけで走り抜けようというのだ。仕切りはエナジー・ドリンクのレッドブル。マン島TTは島の法律によって公道を閉鎖して開催されているが、レッドブルはドギーがウイリーで走り抜ける区間、時間だけ公道を占有することでこのイベントを実現している。レッドブル、すごい。

そしてまた、このウイリーチャレンジはRed Bull TVで生中継されるというわくわくのおまけもあった。ランプキンとしては、成功も失敗も白日の下に晒されるわけで、失敗できないプレッシャーは相当なものだったろう。

ウイリーで走り続けること自体は、ドギーにとって大きな困難ではないが、しかしマン島には悪天候がついて回る。標高の高い地点での強風など、障害は多々あった。事実、悪天候のため、日程は丸一日延期されている。そして本番中も、たびたび小さなふらつきを見せて、伴走の関係者や中継カメラをドッキリさせることがあった。トライアルライダーとしての現役時代のドギーの集中力は万人の知るところだが、1時間以上に及ぶウイリー走行の間、ずっと集中力を維持しているのは、ドギーにとっても並大抵ではなかったにちがいない。

2016マン島・横から

60km無給油で走らなければいけないので、燃料タンクの増量などの改造も施しているようだ(工藤やすゆきさんがウイリー走行ギネス記録に挑戦した時には、走行中に給油ができるシステムを開発して使っていた)。フットレストも、後輪のアクセル付近に移動しているようだ。

イギリス人であり、マン島住民であるドギー・ランプキンによるマン島TTコース・ウイリー1周は、イギリスのモーターサイクル史に残る偉業となった。その偉業は、レッドブルテレビで見ることができる。

中継映像では、燃料の残り容量なども表示されてどきどき感をあおっている。サポートカーに乗るマネージャーのジェイク・ミラーがドギーにかける声なども収録されていて、臨場感たっぷり。もともとライブ映像だったけど、まだ視聴できるので、ぜひ見てみてください。

2016マン島・ゴール近く

なおレッドブルでは、マン島1周ウイリー挑戦のオンラインゲームも用意している。

関連記事

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

5/12全日本第2戦は九州宮崎で!

5月12日、2019年全日本選手権第2戦が宮崎県矢岳高原で開催される。宮崎県で全日本選手権が開催されるのはこれが初めてだ。 (さらに…

第4回高田島ツーリングトライアル

2019年5月3日 福島県双葉郡川内村上川内第一区行政区一帯にて お天気:晴れ あったかい冬を過ごしたと思ったら、3月、4月になっ…

「力造」リアディスクフルカバー

ぱわあくらふとプロディース「力造」より、MFJレギュレーションに対応する「リアディスクフルカバー」が発売されました。 (さらに&hell…

原発事故の思い出【ビッグパレット】

村のみんながビッグパレットに避難したというのはその日のうちに連絡があって、ぼくらにも伝わってきた。みんながいるのなら、一度行ってみるかと、な…

イベント(大会)

5/5第260回ケニーズ杯

第260回ケニーズ杯のご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

ページ上部へ戻る