2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FIMトライアル

トライアルプロモーター、Sport7誕生

世界選手権最終戦、イタリアGPの土曜日に、参加者、関係者、報道陣を集めて重大発表があるということで、こちらがその重大発表の会場。いまやFIMの事実上のトップとなったイグナシオ・ベルネダ(元トライアル委員長、タレスやビルバオの時代にスペインの協会チームを引き連れて世界選手権を転戦していたトライアル人)が壇上に登場して、トライアルの未来について熱く語ったあと、現トライアル委員長、ティエリー・ミショー、そしてジェイク・ミラーが今後について語った。

2016FIMの発表

会場には選手を始め、多くの関係者がつめかけたが、これはもしかして、来年以降のルールの改変の発表があるからではないかと想像したからではないか。しかし事実は、来シーズン以降、トライアルのよりよき発展のために、トライアル・プロモーターが誕生するという発表だった。その親分に就任するのが、これまでFIMトライアル世界選手権で長く広報官を務めているイギリス人のジェイクで、プロモーターとなるのは運営する広報会社G2Fの子会社的存在のSport7だ。

2016もてぎでのジェイク

ジェイクはこれまでも、トライアルに関連する数々の仕事をこなしてきた。ドギー・ランプキンの広報官としての経歴は18年、世界選手権イギリス大会の主催活動も5回におよび、レッドブルとは15年、FIMとホンダとの関係は12年にもなる。

最近は忙しそうで、日本GPの際にも来日しないこともあったりしたが(そういうとき、今年のもてぎには来ていた。左の写真は表彰台に藤波といっしょに乗ったルナちゃんと大貴くんを運んでいるジェイク。

FIMとSport7との契約はとりあえず5年ということで、2022年まではジェイクを中心にトライアルGPなどのトップイベントの広報啓蒙活動が行われることになる。

この会場で発表されたのは、トライアルGPの開催数や開催場所。トライアルGPとトライアル2は、土日のダブルヘッダーを8大会、ヨーロッパで6大会、ヨーロッパ大陸以外で2大会(日本とアメリカとオーストラリアが同一年に開催されることはない、ということだ)。トライアル125とトライアルウイメンは4大会。ベスト主催者とは複数年の契約ができる(もてぎでの毎年開催はこの条項による、ということになる)などなど。

トライアルはモトGPのように発展する素地があり、今回のプロモーター誕生はそのチャンス。FIM、主催者、チーム、ライダー、プレス、観客の皆さん、みんなが一丸となって、トライアルを盛り上げていこうという発表会だった。

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る