2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1612コルドニエ

コルドニエの死とJCM

2016年12月18日、バーナード・コルドニエが亡くなった。コルドニエはベルギー人。身長が高いことで、80年代の世界選手権では知らぬ者のないライダーだった。

近しい人によると、コルドニエはつまずいてシンクに頭をぶつけて亡くなったということだが、そんなことがあるのか。突然の死に、家族や友人たちは悲しみに包まれていた。

1612コルドニエバーナード・コルドニエ。1985年杉谷真撮影

バーナード・コルドニエは1959年12月27日、ベルギーの有名なトライアルエリア、ビルシュタインに近いベルビエの出身。1987年にベルギーチャンピオンになっているが、世界選手権では1983年にランキング7位となったのが最上位だった。1981年から1987年まで、世界選手権にランキングを残している。

デビューはブルタコ(スペイン)、のち、SWM(イタリア)、ファンティック(イタリア)と乗り継いだ。ランキング7位はSWM時代に獲得したものだ。そして1985年から2年間、コルドニエはJCMのライダーとなる。JCMはフランス製のモノショックマシンだった。コルドニエが最後に世界選手権にランキングを残したのは1987年だったが、最後は再びファンティックのライダーとして、そのキャリアを終了した。

1612コルドニエSSDTキンロックレーベンをバックにSWM 280を走らせるコルドニエ。1983年SSDT。この年は9位だった。Photo:Iain Lawrie

日本人にはあり得ない長身ライダーだったが、ヨーロッパでもその長身は特徴的だった。スコットランドの大地を走るコルドニエのライディングを見ても、SWMがまるでミニバイクのように見える。

ちなみに1983年型の市販JCMはこんなスタイルをしていた。JCMとは「ジョエル・コロア・モト」の略で、ジョエル・コロアさんが開発したトライアルマシンということだ。

1612JCM1983年型JCM 323。Club Bultaco Trial Classic(FB)より借用しました

1983年といえばヤマハTY-Rのプロトタイプがデビューした頃で、トライアルのモノショック化途上の時代だった。その時代、JCMはすでにモノショックを完成させていたのだ。

1985年にコルドニエが乗ったワークス仕様のJCMは、さらに革新的メカニズムを装備している。

1612コルドニエのJCMコルドニエが整備中のワークス仕様と思われるJCM。1985年杉谷真撮影

整備をしているのはコルドニエ本人で、タンクが外されているから、マシンの特徴的なレイアウトがよくわかる。エアクリーナーエレメントはエンジン上部にある。キャブレターの後部には文字通りブラックボックスがあるが、燃料タンクからの燃料を一度この箱に通している設計だったかもしれない。

エアクリーナーをキャブレター後部以外の位置には位置するのは、オッサやヴェルティゴが採用しているが、こちらもルーツはJCMにあったのかもしれない。

このフランス製マシン、日本では一時期、トシ・ニシヤマ(西山俊樹さんのモーターサイクルショップ)が輸入していて、当時すでにトライアルマシンが失いかけていた高速耐久性や長い航続距離を売りにしていた。323と命名された当時の市販車の諸元を見ると、なんと91.6kgとあった。

大きな体格のライダー、重量感あふれるマシン。ヨーロッパのトライアルの歴史をつくってきたライダーが、またひとりいなくなった。

関連記事

TRRS用カーボンサイレンサーエンドキャップ

美しい仕上がり!TRRS用のカーボンサイレンサーエンド。TRRS全車にフィットします。 (さらに…)…

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

ページ上部へ戻る