2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2017バルセロナ

Xトライアル開幕。ボウはバルセロナ11連勝

2017年世界選手権シリーズが始まった。口火を切るのはXトライアル。いつものスケジュールとちょっとちがって、開幕戦は2月になってからのバルセロナ大会となった。伝統のバルセロナ大会は、今回で40回目の開催となるという。そしてトニー・ボウは、バルセロナ大会11連勝を飾った。

出場ライダーはノミネートされた8名。ランキング上位のライダーに加えて、ドイツ人の若いフランツ・カドレックが選ばれている。大会によっては主催者推薦のワイルドカードライダーが加わることもあるが、今回はこの8名のみでの戦いとなる。

Photo Rider Nat. Machine Team
2017バルセロナのボウ トニー・ボウ スペイン モンテッサ レプソル・ホンダ・チーム
2017バルセロナのラガ アダム・ラガ スペイン TRS TRS・ファクトリー
2017バルセロナの藤波 藤波貴久 日本 モンテッサ レプソル・ホンダ・チーム
2017バルセロナのカベスタニー アルベルト・カベスタニー スペイン シェルコ シェルコ・ファクトリーCM
2017バルセロナのファハルド ジェロニ・ファハルド スペイン ヴェルティゴ ヴェルティゴ・ファクトリー
2017バルセロナのブスト ハイメ・ブスト スペイン モンテッサ レプソル・ホンダ・チーム
2017バルセロナのダビル ジェイムス・ダビル イギリス ガスガス ガスガス・ファクトリーFGトライアルチーム
2017バルセロナのカドレック フランツ・カドレック ドイツ ガスガス ガスガス・ファクトリーFGトライアルチーム

1ラップ目(クォリファイ)は5セクションでおこなわれた。今回は第1セクションがむずかしめ。最初に対戦したブストとカドレックは両者とも5点。次の対戦のダビルとファハルドは、ダビルがクリーン(タイムオーバー1点)、ファハルドが1点と走破したが、しかしここを走破できたのはこの二人だけだった。カベスタニー、藤波、ラガ、ボウとトップ処も次々に5点。

トップ争いは、この第1セクションの5点のみで、ラガとボウが同点でトップ進出した。4つのファイナル進出の争いは、ファハルドが第4セクションで5点となって6点。カベスタニーが同じく第4セクションで3点となってトータル8点。ここまでがファイナルの進出権を得た。

2017バルセロナのカベスタニーインドアの得意なシェルコのカベスタニーだが、今回は4位に甘んじた。

ブストは、去年はインドアシリーズでは本領を発揮できずに終わっていたが、モンテッサファクトリー3年目の今年はさすがに場慣れ感が出てきた。第1と第4の5点でトータル10点。カベスタニーに2点差でファイナル進出を逃したが、トップとの差は確実に縮まっている。

藤波は第1、第4の他に第3でも2点を失って、ブストにさらに2点差、12点の6位で開幕戦を終えた。藤波はシーズンオフのトレーニング中に肩の靭帯を痛めていて(1年前のボウの負傷と同様だ)、これが藤波の走りにも影響していた模様。しかし仕上がりやライディングはこの数年になくよい状態という。開幕戦、伝統のバルセロナでの6位はちょっと残念だが、今シーズンも藤波の活躍は楽しみだ。

ガスガスに移籍、ノンタイトルのイギリス・シェフィールドでは3位に入ったダビルは藤波より5点多い17点で7位、ノミネートライダー初シーズンとなるカドレックが20点で8位となった。

2017バルセロナのラガクォリファイは接戦だったが、ファイナルではちぎられてしまった。残念。TRSのラガ

ファイナルは8セクション。ダブルレーンでの勝負で、カベスタニー、ファハルド、ラガ、ボウの順でトライすることになった(クォリファイの順と同じだ)。クォリファイでは第1セクションで失敗して苦境に立たされたボウだったが、ファイナルでは面目躍如。全員が5点となった第3セクションでこそ5点に甘んじたが、ほかの7セクションは全セクションクリーン。10年連続インドアチャンピオンは、11連覇に向けて、幸先のいいスタートを切った。バルセロナ大会も、これで11連勝だ。

2017バルセロナのファハルドヴェルティゴ2年目のファハルド、幸先のいいシーズンイン

優勝のボウ以下、ラガ、ファハルド、カベスタニーの戦いは僅差だった。結果はクォリファイの順番の通り、2位がラガ、3位ファハルド、4位カベスタニーとなったが、ファハルドとカベスタニーは24点で同点、ラガは彼らより3点だけ好スコアをマークしての2位となった。ファハルドとカベスタニーはクリーンが2、ラガはクリーンが3つだった。

2017バルセロナのボウ圧倒的王者、11連覇を目指すトニー・ボウ

クリーンが7個もあるボウ。もてるテクニックの差が結果に反映されることの多いインドアシリーズではあるが、今回の結果はボウのハイテクニックぶりを如実に表すものとなった。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/02/17X1Barcelona.pdf

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る