2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2017X2オーストリア

2017 Xトライアル第2戦オーストリアもボウ

ボウが勝ったというニュースは、ニュースにはならないここ最近、オーストリアで開催されたXトライアル第2戦も、やっぱりボウが勝った。しかもその内容的に、ぶっちぎり。というより、ボウ以外はまともに走らせてもらえない結果となった。

今回の参加者は、ノミネートされた6名に加えて、フランスのロリス・グビアンとイギリスのジェイムス・ダビル。スペイン4人、日本、イギリス、ドイツ、フランスが一人ずつの8人による戦いだ。

セクションは8セクション。いつものように、ランキングの序列で2名ずつの対戦相手を決め、その2名がダブルレーン競争でスタート順を決める。

今シーズン初参加のグビアンとカドレックの勝負はカドレックの勝ち、藤波とダビルの勝負はダビルが勝ち。ファハルドとカベスタニーの勝負はカベスタニーが勝った。

2017X2オーストリアのダブルレーン

これがダブルレーン。今回は重機メーカーのスポンサーがついているようで、セクション全般に重機が登場している。この写真のラガとボウの戦いは、このあとボウが逆転勝利している。

第1セクションは、グビアンが3点、カドレックが5点の後が藤波だった。藤波は2点で抜けたものの、その後の5人は全員クリーンで、最初から苦戦となってしまった。ダビルとの勝負は、その後は一進一退で、結局第1セクションの2点が、5位争いを決めてしまった。

2017X2オーストリアの藤波

ファイナルに進出できる4位までとは5点差。わずかの差ともいえるが、6セクションでの勝負を考えると、この点差は小さくない。

カベスタニーは13点、ファハルドは12点で、カベスタニーが4人目のファイナル進出社となった。トップ争いは、ボウとラガが2点差。ボウは難攻不落の最終セクションのみが5点で、事実上オールクリーンだった。

2017X2オーストリアのダビル

ダビルはバルセロナに続いての参加となるが、前回の7位から今回は5位で、ランキングでは藤波を逆転して5位に進出した。

そしてファイナル。ファイナルのセクションは、クォリファイの逆そうで、難度はさらに増している。

ファイナルの出走順は勝ち抜き戦でダブルレーン競争を行って決定する。カベスタニーとファハルドの勝負はカベスタニーが勝ち、カベスタニーとラガの勝負はラガ、そしてラガとボウの勝負はボウが勝って、ファハルド、カベスタニー、ラガ、ボウの順でのトライとなった。

2017X2オーストリアのファハルド

トップバッターのファハルドは、トライするセクション、すべて5点。なんと6セクションをすべて5点となってファイナルを終えた。

ただしファハルドが特に調子が悪いかといえばそんなこともない。3位となるカベスタニーは、第3セクションを足つき1点、タイムオーバー減点1点の2点で抜けただけで、ほかはすべて5点。ファハルドに3点差で3位獲得ということになった。

2017X2オーストリアのカベスタニー

カベスタニーとラガの2位争いはもう少し熾烈だった。カベスタニーが計2点で抜けた第3セクションを、ラガはタイムオーバーなしで抜けた。それで2位を決めた。たった1点差だった。

2017X2オーストリアのラガ

これに対し、Xトライアル10連覇のボウといえば、クリーン3、タイムオーバー1点、5点3つで、計16点。ラガに10点差の大差をつけてのぶっちぎり勝利だった。

2017X2オーストリアのボウ

カベスタニーとファハルドは第1戦第2戦で順位が入れ替わっていて、ダビルと藤波も入れ替わりがあった。おかげでランキング3位争いとランキング5位争いが接戦になっているが、ボウは2連勝で、順調にラガ以下を引き離している。

2017X2オーストリアの表彰式

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/03/17X2Aus.pdf

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る