2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2017X2オーストリア

2017 Xトライアル第2戦オーストリアもボウ

ボウが勝ったというニュースは、ニュースにはならないここ最近、オーストリアで開催されたXトライアル第2戦も、やっぱりボウが勝った。しかもその内容的に、ぶっちぎり。というより、ボウ以外はまともに走らせてもらえない結果となった。

今回の参加者は、ノミネートされた6名に加えて、フランスのロリス・グビアンとイギリスのジェイムス・ダビル。スペイン4人、日本、イギリス、ドイツ、フランスが一人ずつの8人による戦いだ。

セクションは8セクション。いつものように、ランキングの序列で2名ずつの対戦相手を決め、その2名がダブルレーン競争でスタート順を決める。

今シーズン初参加のグビアンとカドレックの勝負はカドレックの勝ち、藤波とダビルの勝負はダビルが勝ち。ファハルドとカベスタニーの勝負はカベスタニーが勝った。

2017X2オーストリアのダブルレーン

これがダブルレーン。今回は重機メーカーのスポンサーがついているようで、セクション全般に重機が登場している。この写真のラガとボウの戦いは、このあとボウが逆転勝利している。

第1セクションは、グビアンが3点、カドレックが5点の後が藤波だった。藤波は2点で抜けたものの、その後の5人は全員クリーンで、最初から苦戦となってしまった。ダビルとの勝負は、その後は一進一退で、結局第1セクションの2点が、5位争いを決めてしまった。

2017X2オーストリアの藤波

ファイナルに進出できる4位までとは5点差。わずかの差ともいえるが、6セクションでの勝負を考えると、この点差は小さくない。

カベスタニーは13点、ファハルドは12点で、カベスタニーが4人目のファイナル進出社となった。トップ争いは、ボウとラガが2点差。ボウは難攻不落の最終セクションのみが5点で、事実上オールクリーンだった。

2017X2オーストリアのダビル

ダビルはバルセロナに続いての参加となるが、前回の7位から今回は5位で、ランキングでは藤波を逆転して5位に進出した。

そしてファイナル。ファイナルのセクションは、クォリファイの逆そうで、難度はさらに増している。

ファイナルの出走順は勝ち抜き戦でダブルレーン競争を行って決定する。カベスタニーとファハルドの勝負はカベスタニーが勝ち、カベスタニーとラガの勝負はラガ、そしてラガとボウの勝負はボウが勝って、ファハルド、カベスタニー、ラガ、ボウの順でのトライとなった。

2017X2オーストリアのファハルド

トップバッターのファハルドは、トライするセクション、すべて5点。なんと6セクションをすべて5点となってファイナルを終えた。

ただしファハルドが特に調子が悪いかといえばそんなこともない。3位となるカベスタニーは、第3セクションを足つき1点、タイムオーバー減点1点の2点で抜けただけで、ほかはすべて5点。ファハルドに3点差で3位獲得ということになった。

2017X2オーストリアのカベスタニー

カベスタニーとラガの2位争いはもう少し熾烈だった。カベスタニーが計2点で抜けた第3セクションを、ラガはタイムオーバーなしで抜けた。それで2位を決めた。たった1点差だった。

2017X2オーストリアのラガ

これに対し、Xトライアル10連覇のボウといえば、クリーン3、タイムオーバー1点、5点3つで、計16点。ラガに10点差の大差をつけてのぶっちぎり勝利だった。

2017X2オーストリアのボウ

カベスタニーとファハルドは第1戦第2戦で順位が入れ替わっていて、ダビルと藤波も入れ替わりがあった。おかげでランキング3位争いとランキング5位争いが接戦になっているが、ボウは2連勝で、順調にラガ以下を引き離している。

2017X2オーストリアの表彰式

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/03/17X2Aus.pdf

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る