2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. リザルト中国
  5. イベント告知
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト中国
  10. リザルト関東
  11. リザルト関東
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. リザルト関東
  15. リザルト沖縄
  16. リザルト九州
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. リザルト沖縄
  20. イベント告知
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. MFJ
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. MFJトライアル
  28. リザルト九州
  29. リザルト中国
  30. 自然山通信2021年1月号表紙
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. リザルト九州
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ブスト絶好調で初表彰台、そしてラガの反撃のアンドラ

スペインで始まり、日本への遠征を終えたトライアルGPサーカス一行は、ヨーロッパに戻り、アンドラ大会を迎えることになった。多くのメーカーとライダーの地元であるバルセロナから数時間、フランスとスペインの国境の街での恒例の一戦だ。ここで、3年目のルーキー、ハイメ・ブストが初表彰台、自身にとって、チームにとって、そしてトライアルにとって、新しいページをつくった。

2017アンドラのブスト

ブストの好調は土曜日の予選から始まった。予選システムが採用された最初の大会のスペインでも、ブストは一番時計を叩いた。このシステム、ブストにははまったようだ。とはいえ、スタートが好位置だからといって勝てるわけでもない。開幕戦では7位となり、残念な結果に終わっている。

しかし今回はちがった。ボウ、ラガが5点になった第5セクションをクリーンして、快調にセクションをこなしていく。15セクションのうち、8セクションまででたったの1点だ。ボウは10点、ラガは5点だから、ブストの好調ぶりはすごかった。途中経過では13セクションまでクリーンを続けているとされていたが、のち、クリーンのスコアが一つ5点に変わっていた。なにか修正があったようだ。

1ラップ終盤、時間がなくなってきた。申告5点でセクションを抜け、それでもブストには5分のタイムオーバーがついた。ボウ、ラガ、カベスタニーは7点、ファハルドには6点と、GPクラスの全員が2点以上のタイムオーバーを受けてしまった。

タイムオーバーを加えた1ラップ目の減点は、ブストとラガが同点で21点。ボウは27点。ボウはアンドラに住んでいるから、ここは地元大会でもあるのだが、今日のボウには勝利の女神が微笑んではくれないようだ。

2017アンドラのボウ

2ラップ目、ブストの好調は続いている。しかし相手はラガだ。しぶとさは天下一品、ブストが5点二つ、1点二つで2ラップ目をまとめたのに対し、ラガは5点二つ(最終セクションは、結局全員が2ラップともに5点だった)で走りきってしまった。2ラップ目のラガには1点のタイムオーバーがあり、トータルのタイムオーバーは8点。ブストとの点差、たったの1点。ラガの昨年の日本大会以来の勝利を手が決まった。

2017アンドラのラガ

しかしブストは2位。これまで、その才能は認められつつも、4位以上にはなったことがなかったルーキーが、ついに表彰台を手に入れた。しかも真っ向から優勝争いをし、1ラップ目は試合をリードしていたのだから、得たものは大きい。思えば、成績そのものは6位とぱっとしなかったものの、日本大会の日曜日、2ラップ目のブストは9点の好スコアをマークしていた。これはボウとファハルドの8点に次ぐスコアだ。ラップをまとめる技は、この頃から身に付けていたのかもしれない。

2017アンドラのブストと藤波

3位は、ブストに1点差でボウ。ボウも2ラップ目に1点のタイムオーバーがあった。もしこのタイムオーバーがなければ、クリーン数ではブストに勝っていたから、2位にはボウが入っていたかもしれなかった。

4位にはホルヘ・カサレスが入った。ベータのナンバーワンライダーながら、最近はちょっと地味な存在になってきていたが、藤波に6点差をつけた。藤波の今回のライバルはファハルドではなく、カサレスだった。ファハルドは藤波に2点差で6位。藤波とファハルドの接戦は、まだまだ続きそうだ。

2017アンドラ表彰台

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/17_R2_q.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/R3-RESULTS-GP.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/R3-RESULTS-2.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/R3-RESULTS-125.pdf

関連記事

イベント(大会)

9/26メイクカップ

2021年のメイクカップ日程が決まりました。 10月3日に予定しておりましたメイクカップは全日本近畿及び東北選手権最終戦日程変更により…

ライア・サンツの復活戦は新旧チャンピオン、引き分け

藤波貴久が5年ぶりの勝利を得て、日本中が上を下への大騒ぎをしている中、こちらは8年ぶりの快挙を達成していた。ライア・サンツがトライアル世界選…

イベント(大会)

7/25・8/29里山トライアル

第68・69回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(スクール)

8/7 GATTIスクールin鷲ヶ岳

2021 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 ~鷲ヶ岳スキー場での高原トライアルを楽しもう~ 郡上TRIALクラブの皆様のご協力…

世界選手権トライアル、最年長勝利記録争いは

藤波貴久が、2021年6月14日、イタリアGP2日目に優勝した。藤波は1980年1月生まれの41歳。41歳での優勝はこれが初めてで世界記録と…

世界選手権開幕、藤波貴久が勝利!

世界選手権開幕戦はイタリア大会。1日目はトニー・ボウが辛くも勝利。そして2日目、藤波貴久が劇的な勝利。41歳にしての勝利もすごいが、なにより…

リザルト中国

第277回ケニーズ杯

第277回 ケニーズ杯 日程:6月13日(日曜) 場所:福山海の見える杏の里トライアル場 天気:快晴・気温30℃ (さらに…

NEW! Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター

新形状になった新型「Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター(内径14mmハンドルパイプ用)」が発売されました。 (さらに&he…

全日本中部と北海道の延期日程

先般、延期が発表されていた全日本選手権第3戦中部大会(6月13日開催予定だった)と第4千北海道大会(7月11日開催予定だった)の、延期日程が…

RTL300Rの予約販売

2021年の世界選手権がまもなく開幕しようというこの時期だが、HRC(ホンダレーシング)から2022年のRTL300Rの予約販売についてのお…

ページ上部へ戻る