2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. MFJトライアル
  17. リザルト関東
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. リザルト中部
  24. リザルト関東
  25. 自然山通信2019年3月号
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアルGP発進、最初の勝利はやはりボウ

世界選手権開幕戦、2017年はスペインから始まった。そして今年は、プロモーターとしてスポーツ7が大会を運営する、その初年度になる。そしてその最初の戦いは、やっぱりトニー・ボウが勝利したのだった。

17スペインのボウ

プロモーターの変化は、まずライダーのウェアを変えた。これまで、世界選手権は伝統的に胸ゼッケンをまとっていた。スポンサーロゴが隠れてしまうとか、ゼッケンが安っぽいとか(毎回使い捨てなんで、安くつくってくれるところを探してやってるんでしょう)いろいろ言われていたゼッケンだけど、それが文化なのかと思っていたけど、親方が変わって、あっさり消えることになった。代わりに、ウェアにもカッパにもジャケットにも、ゼッケンを必ずプリントするのが義務になった。ゼッケンのプリントされたウェアを持っていない場合は、ゼッケンの入ったシールを(主催者から購入して)貼るべしということになっている。

そして、そのゼッケンそのものも変わっている。これまでのゼッケンは、GPクラスは前年のランキング順に与えられ、ワイルドカードライダーはその都度適当にゼッケンを与えられていた。だから、この11年間はボウがずっとゼッケン1番をつけていて、2番はずっとラガがつけている。これが、お望みなら、ライダーが好きな番号を選べるということになった。そのかわり、1番から20番までは自分のランキングの番号しか選べない(藤波は、当初自分がゼッケン1番をつけようとして、ボウに23番がいいよと勧めていたらしい。残念だった)。

そんな藤波の助言を無視して、ボウは#1を選んだ。ランキング2番のラガは#67。世界選手権で6勝(インドア4勝、アウトドア2勝)、スペイン選手権で7勝しているから、6と7の組み合わせなんだそうだ。藤波は、悩んだ末に、ランキング通りの#3を選んだ。ランキング5番が定位置になっていたところから、せっかく3番に返り咲いたところだったから。

17スペイン表彰台

ランキング4番のカベスタニーは#37。世界選手権に初めて出たときのゼッケンだか、初めてポイントを獲得したときのゼッケン、だそうだ。ファハルドの#47は4と7が好きだからという理由だそう。ランキング5番のファハルドに#4と#7を選ぶ権利はないから#47になったらしい。

ブストの#69は不明。ニッキー・ヘイデンにあこがれているということではなく「あいつはそういうやつです(某先輩)」とのこと。ホルヘ・カサレスの#33は、2013年ジュニア(今のトライアル2)でチャンピオンをとったときのゼッケンだという。#34ジャック・プライスも、去年トライアル2でチャンピオンをとったときのゼッケンだ。

トライアルの場合、MOTO GPとかとちがって、ゼッケンはそんなに目立たない。だから思い入れのある番号を背負っていても、そんなに影響はないような気もするんだけど、2017年の目新しい一面となった。

参加人数にも定員が設けられた。トップクラスのトライアルGPは20人に限定されたので、各国のワイルドカードでの参加希望者はごく少数になる(といいつつ、日本GPでは21名のエントリーになった。なにかてちがいがあったのだろうけど、そんなもんだ)。

大きな変化は、予選ができたことだ。大会前日に専用セクションを一つつくって(大会に使うものをベースにしてもいいようだ)そこを走る。クラスごとにゲートが置かれてもいい。いつもと同じように採点をする一方(もちろんノーストップルールだ)、インからアウトまでのタイムを計測して、クリーンしてタイムの速い者が予選1位となる。この予選、下位ライダーとしては、一発逆転でトップグループと走るチャンスもつくれるのだが、トップライダーがちょっと失敗して5点になると、ポツンと先頭グループでスタートしなければいけないリスクも生じる。それが規則だといわれれば反論のしようがないが、トップグループをまとめて見たい観客側からすると、ちょっと困ったシステムかもしれない。

17スペインのラガ

スタート順は、この予選結果に準じて決まるのだが、これまでのスタートは、最終スタートが11時ちょうどと決まっていたのが、今年からは第1スタートが9時ちょうどになった。特に大きな変化はないが、考え方がまるきり変わったということだ。

そして、これまで1ラップ目が終わったら、そのまま2ラップ目に突入していたのが、20分間のインターバルが置かれることになった。インターバルというか、2ラップ目のスタート時間が1ラップ目同様に指定されるということになる。1ラップ目にタイムオーバーがあったら、その分だけ20分間の休憩時間が減っていくということだ。

そうそう、重大な変更があった。これまでトライアルといえば、ライガーがここにパンチカードを持って、このカードが採点のイノチだった。ところが2017年からは、オブザーバーが入力用の電子端末を持っていて、これで入力したものがメインとなった。パンチカードは今まで通り持ってはいるが、電気機器の不測のトラブルの際のバックアップということだ。電子機器で採点が入力されることで、各セクションの減点は瞬時に本部に届けられ、全世界に情報が発信される。なんとも近代的だ。

反面、パンチと端末は別々に入力されるから、そっちとこっちでちがう数字が入った場合、ライダーは自分の減点を確認するのがたいへんになる。事実、スペイン大会ではパンチカードを頼りにしていた藤波やチャーリー・デマシューは藤波の4位を確信していたのだが、電子端末によると5位になっていた。電子端末の入力にまちがいがないかどうかを確認するのもライダーの責務となると、ちょっと荷が重くなりそうだ。

17スペインのカベスタニー

そんなこんなの大変革。しかし開幕戦の結果は、多少の波乱はあったものの、だいたい順当な結果が出た。予選で大失敗したカベスタニーは、しかし本番の1ラップ目に絶好調。2ラップ目に20点も減点を増やして優勝争いから脱落するも、開幕戦堂々3位表彰台だ。

優勝はボウ、2位ラガという結果は順当すぎる順当なものだが、1位と2位は約10点差、2位と3位の差は約30点。そして3位からさらに約10点差で4位がファハルド。ファハルドと1点差でくやしい藤波、さらにここ数年、ちょっと元気がなさげに見えるカサレスが6位で、表彰台を目指さなければいけないブストが7位という結果だった。

トライアル2チャンピオンのジャック・プライスがライバルだったアルナウ・ファルレとともにこのクラスに昇格してきて、まずは開幕戦はプライス13位、ファルレ16位となっている。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/17_r1__q.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/17_r1_GP.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/17_r1_TR2.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/06/17_r1_125.pdf

関連記事

HEBO ZONE4 ボウ・ダイナマイト新登場

トニー・ボウ、アダム・ラガを始め、多くのトップライダーが愛用するZONE4に、ワールドチャンピオン、トニ・ボウ選手のニューグラフィック「HE…

ワンタッチゼッケンプレートブラック

Newカラー!TOM’Sワンタッチゼッケンプレート・ブラック

トムスのロングセラー商品「ワンタッチゼッケンプレート」に新色ブラック登場。 (さらに…)…

2019北海道、小川友幸が大逆転勝利

2019年7月14日、毎年恒例の日程で、北海道大会が開催された。北海道大会の日程は毎年ほぼ同じだけど、去年も今年も電動バイク、トライアルEの…

2019全日本ランキング(〜第4戦北海道)

2019年全日本選手権第4戦終了時点のポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキ…

2019全日本選手権R4北海道大会リザルト

2019年7月14日 北海道上川郡わっさむサーキット 天候:曇りときどき晴れ一時小雨 観客数:700人 IAS:10セクションx…

MFJトライアル

7月14日は全日本北海道大会

2019年全日本選手権も4戦目を迎える。 昨年の北海道大会は世界選手権に参戦した黒山健一が欠場だったが、今年は参戦し、小川友幸と野崎史高の…

2019年7月号電子版出来!

自然山通信、2019年7月号電子版をご用意しました。内容は、印刷版の自然山通信とまったく同じです。PDFにしてお届けしますので、お手もとの電…

自然山通信7月号発売!

「自然山通信7月号」発売のお知らせ。特集・ツインリンクもてぎの「トライアル世界選手権第2戦・ストライダー日本グランプリ」。フジガス自身が語る…

2019全日本ランキング(〜第3戦関東大会まで)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキングをご確認くだ…

2019全日本選手権R3関東大会リザルト

2019年6月23日 栃木県ツインリンクもてぎ 天候:曇りときどき晴れ 観客数:3,200人 IAS:10セクションx2ラップ(…

ページ上部へ戻る