2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はトニー・ボウ。やっぱりボウという感じではあるが、アンドラで3位になっていたから、王座を取り戻して一安心というところだ。2位はアダム・ラガ。藤波は時間に追われる中(みんなそうだったが)1ラップ目最終セクションで5点になったのがたたって表彰台を逃した。それでもジェロニ・ファハルドには勝利して、4位を獲得している。

ランキングはボウがトップ、2位がラガまでは安定しているが、3位にブスト、4位藤波が同点で並び、5位に1点差でファハルドが続いている。今回、予選で失敗をしたアルベルト・カベスタニーが順位を落としてランキング6位となっている。

2017フランスGPのボウ3位に落ちたアンドラから勝利を取り戻した王者トニー・ボウ

土曜日、予選の日。ホルヘ・カサレスを不幸が襲った。今年は藤波を下して4位に入ったりして復調の兆しもあったが、出ばなをくじく災難だった。でも災難とはちがうかもしれない。それがルールなのだから。

試合前々日(前日は予選の日になっている)には、セクションの下見が可能だ。これまで、下見はけっこう自由にやっていた。ところが石を置いたりラインを作ったりという行為が横行するようになったからか、主催者側はセクションの改変に目を光らせるようになり、それが今年からは、ついに試合前にはセクションに入ってはいけない、ということになった。

2017フランスGPの藤波表彰台を逃した藤波。ランキングは3位と同点の4位に浮上した。

横切るくらいはいいのではないかとか、外からではゲートマーカーの位置さえ確認できないではないかとか、いろいろ意見はあるものの、ともあれこれが規則で、違反をすると20点のペナルティだという。この適用を初めて受けてしまったのが、カサレスだった。20点のペナルティは絶望的だったが、カサレスはこつこつと15セクション2ラップを走り、最下位からは脱出、あと一歩でポイント獲得圏という16位で試合が終わった。

2017フランスGPのラガボウには離されたものの3位以下にはアドバンテージのあるアダム・ラガ

いま、トライアルはどんどん持ち時間が短くなっている。世界選手権だけでなく、日本のトライアルもそんな感じだから、それが世界の流れなのだろう。トライアルGPでは、このところ持ち時間がぎりぎりなのが選手に苦労を強いている。下見が長すぎるのだといわれればそれまでだが、前日にまともに下見ができていないのだから、選手ばかりを責めるのもお気の毒かもしれない。予選を失敗して(誰かが必ず失敗する)トップスタートとなったカベスタニーはタイムオーバーがないから、回り方さえ工夫すればタイムオーバーなしで済むのだろうが、その結果が6位だから、トップ争いをする面々の参考にはならない。

今回は、もっともタイムオーバー減点が多かったのがラガとプライスで8点、ダビルが7点、6点がボウ、ファハルド、カドレック、フェレール。5点がブスト、藤波、フェルレ。タイムオーバーなしで試合を終えたのは、カベスタニーを含めて4人しかいなかった。しかも1ラップ目後半には多くのライダーが申告5点でセクションを通過しているから、セクションで楽しみに待っていたギャラリーにも不満が募る。しかもそれが、毎回だ。なんとかしなければいけない問題だと思われる。

2017フランスGPのブストアンドラに続いて3位表彰台に上がったハイメ・ブスト

ともあれ、ボウはふたたび絶好調を取り戻した。1ラップ目は雨の影響があって減点が多めだが、2ラップ目にはコンディションが回復してどのライダーも減点を減らしてきた。しかしボウの減点の減らし方は尋常ではない。2ラップ目、ボウは減点知らずで15セクションを回ってきてしまった。

2ラップ目を一桁減点でまとめたのは3人。ラガと藤波が6点、ブストが7点だった。5位のファハルドが12点、6位のカベスタニーが22点だから、一桁減点は素晴らしい成績だったが、勝負は1ラップ目に付いていた。1ラップ目、25点のラガが2位、36点のブストが3位、41点の藤波が4位となった。

てきぱきとしたタイムスケジュールのトライアルGPを目指すプロモーター、流れるようなトライアルを理想とするFIMトライアル委員会。その主張にはそうかなと思えるふしもあるから、ノーストップルールを始め、今のルールのすべてがダメとも思えないが、トライアルが大地との勝負ではなく、オブザーバーや時間との対決になってきているとしたら、それはちょっとちがうのではないかという気がしないでもない。

なお今回のGPには、いつもの3クラスの他、トライアルEクラスが新たに設けられ、ガスガスTXTeに乗った1996年(藤波貴久デビューの年)世界チャンピオンのマルク・コロメが乗ってぶっちぎりの勝利を果たした。参加者は11名。ガスガス1台、エレクトリックモーション7台、メカテクノ2台、SoREVなる正体不明マシン(自作だという話あり)1台。2位はメカテクノで3位がEM、SoREVは5位に入っている。

R4-QUAL-RESULTS
R4-RESULTS-GP
2017フランスGP表彰台ラガ、ボウ、そしてブスト。二人のモンテッサライダーが表彰台に上がった
R4-RESULTS-2
R4-RESULTS-125
R4-RESULTS-E
2017フランスGPのコロメトライアルEの表彰台。コロメの表彰台は2001年フランス大会以来となる

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る