2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ガスガスの2018年

ガスガスが2018年のファクトリーライダーの発表をし、すでにXトライアル開幕戦を戦っている。

これはガスガス本社から発表されたプレスリリース。ハイメ・ブストとジェロニ・ファハルドがガスガスと戦う2018年について、抱負を語っている。

2018ガスガス・おっさんと

ガスガスは、2016年シーズンからエレクトリック・バイクメーカーのTorrot(トロットと読むんだそうだ)の傘下となって再出発している。

2016年のエースはアルナウ・ファルレとマテオ・グラタローラ、2017年はこれにジェイムス・ダビルを加え、毎年戦力増強を計ってきた。

そして2018年、ライダーの入れ替えを含めて、チームの看板となるべきライダーをがらりと変えて、さらなる飛躍を目指すことになった。チームを率いるのは、世界チャンピオン経験のあるマルク・コロメだ。コロメは1994、1995、1996年と3年連続でインドアチャンピオンとなり、1996年にモンテッサ・コタ315Rがデビューすると同時にアウトドアで初タイトルを獲得した。ガスガスのリリースでは4回の世界チャンピオンとなっているが、コロメはつい昨年2017年、初めて開催された世界選手権、エレクトリック・クラスでタイトルを獲得しているから、5回の世界チャンピオンが正しいはずだ。

コロメは2001年からガスガス入り、途中、スコルパやオッサの開発チームに合流したことなどもあったが、新生ガスガスの再出発とともにチームに合流し、後進の育成や電動マシンの開発に尽力している。

ハイメ・ブストは説明の要はないだろう。2015年にモンテッサのファクトリーチーム入りをした2014年トライアル2(ジュニア)クラス・チャンピオン。2015、2016年とランキング6位をキープして、2017年に才能を開花、後半戦は表彰台の常連となってランキング3位を獲得した。いよいよ次は、世界の頂点に向かってのステップアップを期するタイミングだが、そこで出てきたのがこの移籍だった。

モンテッサはこれまで天才ブストを大事に育ててきたが、ガスガスはモンテッサ以上にこの才能を自分のチームに引き入れたかったのだろう。ここからはボウと藤波の弟分としての天才ライダーではなく、ボウの王座を奪うべきチャレンジャーとしての戦いとなる。

ジェロニ・ファハルドは、2006年以降2015年まで、毎年TDNのスペイン代表選手に選ばれている。つまり10年間スペインのトップ4をキープしていたということだ。もともとガスガスのライダーとして世界選手権に挑戦を始めたライダーだったが、いよいよ頭角を現した2007年にベータに移籍、その後、2011年にオッサに、2012年に再びベータに戻り、2016年からはヴェルティゴに乗って、世界トップを争っていた。ガスガスとファハルドのコンビネーションは、10年ぶりに復活ということになる。

ガスガスは2015年まで世界の頂点を争っていたチーム。ブストとファハルドの加入で、再びガスガスが世界頂点を目指して動き始める。

2018ガスガス・コロメ監督と

■マルク・コロメ監督

ブストとファハルドの加入は、トロットとガスガスが世界のトップを奪わんとする意欲の現れだ。彼らはともに優秀なライダーだが、ブストはとても有望な未来を持っているし、ファハルドは豊富な経験を持っている。彼らとともに、目標は世界チャンピオンに置いて活動していく。現実問題として、トニー・ボウの前に、チャンピオン獲得はむずかしいだろう。その点は我々も認めている。しかしそれはまた、より高いレベルの改善を求めるモチベーションにもなっている。

2018ガスガス・ブスト

■ハイメ・ブスト

トロットが、大きなチャンスを与えてくれました。新しいチームはとても良い雰囲気を持っていて、また新しいバイクもとてもいい感触を得ています。このバイク、このチームで、Xトライアルのシーズンを戦い、5月からのアウトドアシリーズを戦うことが楽しみです。少しでもよい結果が出るよう、がんばります。

2018ガスガス・ファハルド

■ジェロニ・ファハルド

新しいシーズンを迎えて、とても高いモチベーションを感じています。新しいバイクと新しいチームで、目標はXトライアルとトライアルGPでさらに前進をすることです。ガスガス・トライアルGPはすばらしいバイクです。必ずや、XトライアルとトライアルGPの両方で表彰台を獲得できると信じています。ガスガスのファクトリーライダーとして、私を選んでくれたトロットに感謝です。

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る