2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018 Xトライアル、早くも開幕

Xトライアル、2018年開幕戦が、早くも2017年のうちにフランスで開幕した。
勝利はやっぱりトニー・ボウ。しかし今年はメンバーのマシンが大きく変わっていて、しかも表彰台の順番も昨シーズンとはちょっとちがった。2018年、なにかが変わってきそうな予感である。

2018X_TR開幕戦のボウ

Xトライアルは、アウトドアの世界選手権、トライアルGPとはまったく趣の異なる世界選手権だ。週末の夜、屋根の下で開催されるからちがうのは当然だが、主催者団体もルールもちがう。ライダーとオートバイだけが共通していて、でもよく見ると、Xトライアルに出場するライダーは、胸のゼッケンにトライアルGPではなく、Xトライアルとプリントされている。Xトライアルの主催者は、アウトドアのスポーツ7に対して2プレイとなっている。親分はフランス人で、長くインドアトライアルの主催をやっていた人だ。

トライアルGPでも、昨今は出場できるライダーが決まっている。Xトライアルは、興業的な意味合いもあって、参加台数を絞り、合わせてテレビ中継などを考慮したコンパクトで密度の濃いイベント運営となっている。

通常は、全戦参加が決まっているノミネートライダーが5名ほどと、各イベントだけに出場するワイルドカード・ゲストライダーが数名という顔ぶれになっていた。今年はノミネートライダーがきちんと発表される前にシーズンが始まってしまい、トライアルGPランキング5位の藤波貴久が不在のまま開幕という、ちょっと違和感のあるスタートとなった。参加ライダーは今回は9名だ。

ゼッケン Name 名前 国籍 マシン 備考
1 Toni Bou トニー・ボウ スペイン モンテッサ 11回のXトライアルチャンピオン
67 Adam Raga アダム・ラガ スペイン TRRS 4回のXトライアルチャンピオン
69 Jaime Busto ハイメ・ブスト スペイン ガスガス ガスガスに移籍
4 Jeroni Fajardo ジェロニ・ファハルド スペイン ガスガス ヴェルティゴから移籍。ゼッケンも変更
22 James Dabill ジェイムス・ダビル イギリス ベータ ベータに移籍
16 Benoit Bincaz ブノア・ビンカス フランス スコルパ
33 Jorge Casales ホルヘ・カサレス スペイン ヴェルティゴ ヴェルティゴに移籍
8 Matteo Grattarola マテオ・グラタローラ イタリア モンテッサ モンテッサに乗り換え
16 Arnau Farre アルナウ・ファーレ スペイン ヴェルティゴ ヴェルティゴに移籍

9名の選出について、まず2017年世界ランキングのトップ3ははずせない。アウトドアではボウ、ラガ、ブスト、Xトライアルではボウ、ラガ、ファハルドになる。これで4名。いずれもスペイン人となる。強いライダーを呼びたいいっぽうで、マシンや国籍があまり偏らないような配慮も必要で、ライダーの人選はそのあたりがむずかしい。

イギリス人のダビルは唯一のベータライダーでもあり、アウトドアではカベスタニーを抜いてランキング6番となった。ビンカスは実力的にはまだまだ他のライダーにはかなわないが、Xトライアルの開催の多いフランスのライダーであり、フランスのスコルパに乗っている。モンテッサに乗ることになったグラタローラはイタリア代表だ。ヴェルティゴに乗るスペインライダーが二人いて、カベスタニーと藤波の名前がないあたりは違和感ありだが、藤波は第2戦から全戦の出場が決まっているという。

9名のライダーは、最初に3人ずつが組になり、6つのセクションを一気に走る。6つのタイムの走破時間が記録されていて、もしも減点数が同一になったら、このタイムの早いほうが上位になるという試合形式だ。この最初の戦いは、今までクォリファイ(予選と訳せばいいのだろうか?)などと呼ばれていたが、2プレイ仕切りのXトライアルではラウンド1と呼ばれる。

採点も、インドアはアウトドアと異なる。今年はライディングの美しさを競う、いわば芸術点のような概念が加わるという話だったが、ライダーの猛反対を受けて元に戻ったということだ。元に戻ったというのは、バックはOK。タイムオーバーは30秒ごとに1点、足つきは4回目で5点。ステアケースなどにアンダーガードを引っかけるカメと呼ばれるテクニックは1点となる。7位から9位については、このラウンド1での結果でリザルトが決まる。

2018X_TR開幕戦のファルレラウンド1で9位となったアルナウ・ファルレ
2018X_TR開幕戦のグラタローラ8位のマテオ・グラタローラ
2018X_TR開幕戦のカサレス7位のホルヘ・カサレス

3人ずつ3組で減点の少ないものから6人が、次のステップに進む。今回、これを6位で通過したのがラガだった。セクションが簡単だから、ちょっとのミスが致命的となってしまうという問題もあったが、ただラウンド1の失敗は、トライ順が少々不利になるだけで、ラウンド2には引きずらない。すべての減点が集計されていたら、この時点で今回のラガは表彰台進出の望みを失っていただろう。

2018X_TR開幕戦のビンカス地元ライダーのビンカスは6位と大健闘
2018X_TR開幕戦のダビル再びベータライダーとなったダビルは5位

ラウンド2は、同じく3人1組で、今度は6人だから2組が走る。今回はラガも大きな失敗はなかったが、しかしラガより1点好スコアをマークしたのが、ガスガスでのデビュー戦となったブストだった。ラウンド2では、ここで減点が少ない二人が最後の決勝に進出する。今回ファイナルに進んだのはボウと、そしてブストだった。3位から6位までは、このラウンド2の成績で順位が決まっている。

2018X_TR開幕戦のファハルドガスガスデビュー戦で4位を得たファハルド

そしてファイナル。第1で1点、第2で5点となったブスに対し、ボウは第3までをクリーン。ほぼこれで勝負あった。第4では、ボウが1点ついたのに対しブストはクリーンをしたが、結局勝負はこのまま、ボウ1点、ブスト6点で、ボウが新しいシーズンの最初の勝利を得た。

2018X_TR開幕戦のラガ最後はきっちり表彰台を獲得したアダム・ラガ
2018X_TR開幕戦のブストいきなりボウと優勝争いを演じたガスガスに乗るブスト。大成長の年になるか!

ところで、2018年シーズンとはいえ、この大会は2017年12月に開催されている。ライダーの契約は2017年12月31日まで残っていて、契約上、そこまでは2017年のマシンとライダーの組み合わせが適用される。過去にもXトライアルは同様のスケジュールを組んだことがあり、その場合も開幕戦だけ前の年の契約のマシンで走り、1月からは新しい契約のマシンで走るライダーがいたものだった。

今回、2017年と同じチームとマシンで走っているのはボウとラガ、そしてビンカスの3人だけ。あとの6人はみんな新しいチームとマシンで走っている。今までの例だと、ブストはこの1戦をモンテッサで走り、1月の第2戦をガスガスで走るということになっていたのだが、すでに移籍の発表もあり、契約を持ち出して古いシーズンの組み合わせで出場を強いるのは、ライダーにもチームやメーカーにもメリットがないから、契約は契約として、現実問題としてXトライアルは開幕戦から新しい契約の元で走る、ということになったものという。

すべてのメーカーがこういう慣習に同意しているかどうかはわからないが、今回出場した移籍ライダー全員が新しい契約のマシンで走っているところから見ると、契約書を盾に意地を張るメーカー(やライダー)はいなかったようだ。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2017/12/1801XFrance.pdf

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る