2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

2月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強打して戦列を離脱。藤波はフランスのアレックス・フェレール、ブノア・ビンカスを下して見事勝利を飾った。

ボウは背骨の横突起と呼ばれる部位を骨折していて、3週間の安静を求められているという。

2018ルマン優勝の藤波ルマンで勝利したのは藤波貴久だった

17日にモンベリアル(フランス東部)、そして日曜日の18日にル・マンでと、タイトに開催されたインドアトライアルは、Xトライアルと称されているが、世界選手権ではないノンタイトル。主催しているのは世界選手権のXトライアルと同じで、彼らとしてはインドアトライアルを称してXトライアルと呼んでいるのかもしれないが、ちょっとわかりにくい。

わかりにくいのはルール。もともと今年のXトライアルは、芸術点を加味した新しいルールでおこないたいと主催者は提言していた。テストをした上でライダー側からの猛反発があって、世界選手権のXトライアルは従来通りのルール(ただしバックはOK、4回以上の足つきは5点、アンダーガードの接地は厳密に1点など、アウトドアのルールとはずいぶんちがう)で開催されることになった。その代わり、というか、世界選手権のタイトルがかかっていない興業イベントでは、主催者のやりたいようなルールでおこなわれた、ということだ。

クラッシュをしたボウは、そのまま病院へ運ばれ、競技を続行することはできなかった。今回の大会には、ボウ、藤波、フェレール、ビンカス、マテオ・グラタローラ、ミケール・ジェラベルトが参加、5セクションによって争われたが、ボウの離脱で、優勝争いは藤波とフェレールのものとなり、藤波が12点差で勝利を決めている。

2018年ルマンの結果

とはいえ、フランス式新ルールは走っている当のライダーにも難解なもので、結果表を見てもどうやって勝敗が決まるのかさっぱりわからない。結果表からわかるのは、トライしていないボウの点数が0となっていて、点数の高いものから勝利しているということくらいだ。

ボウの負傷について、レプソルHondaチームはプレスリリースを出し、レントゲン写真も公開された。骨折している横突起は背骨の左右にあるでっぱった骨で、背骨の骨折とはいえ、神経などが通っている部分ではない、いわばバンパーのような部位なので、安静にして治癒を待つということになるようだ。チーム・ドクターによると、その期限は3週間だという。

2018骨折したボウの背骨

ボウは今シーズン、腕がすぐつるという症状に悩まされていた。セクションひとつくらいならまだいいのだが、いくつかのセクションを連続して走るとつってしまうという。Xトライアルではクォリファイ、セミファイナルと6セクションを連続して走る必要があるから、条件的には最もきつい。

これに加えて今回の負傷ということになる。しかし逆に言えば、ボウにとっては腕の治療と安静もまた、今回の3週間の間に可能となったという見方もある。3週間の間には、Xトライアル第6戦のセビリア大会がある。ボウがタイトルを決定する1戦となるのではないかと見られていたが、はたしてこれに出場できるかどうか。セビリア大会は負傷から2週間と5日、3週間にはぎりぎり足りない。

2018XトライアルバルセロナでのボウXトライアル第5戦バルセロナで勝利したときのトニー・ボウ

タイトルの行方を計算してみると、ざっとこんな感じ。

・アダム・ラガが術後の安静でセビリア欠場、ボウが4位になればボウのタイトル決定
・セビリアでボウが欠場ラガ勝利の場合、残り2戦中ボウが1戦勝利すればボウのタイトル決定
・ボウがセビリア欠場、ラガがセビリアからの後半3連勝ならラガが逆転タイトル獲得
・ボウとラガの欠場具合によっては、ランキング3位のブノア・ビンカスのチャンピオンもあり。

ラガがバルセロナの後手術入院しているから、これがボウにとっては不幸中の幸い。戦況はそれでもボウに有利だ。それでも、23個目の世界タイトルを目前にして安静を強いられるボウにしたら、ゆっくり休んでいられる心境にはなれないだろう。しかともあれ、ボウの早い復帰をお祈りしたい。

あわせて、手術休養中のラガと、靭帯を損傷したアルナウ・ファルレの回復もお祈りします。

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る