2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

2月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強打して戦列を離脱。藤波はフランスのアレックス・フェレール、ブノア・ビンカスを下して見事勝利を飾った。

ボウは背骨の横突起と呼ばれる部位を骨折していて、3週間の安静を求められているという。

2018ルマン優勝の藤波ルマンで勝利したのは藤波貴久だった

17日にモンベリアル(フランス東部)、そして日曜日の18日にル・マンでと、タイトに開催されたインドアトライアルは、Xトライアルと称されているが、世界選手権ではないノンタイトル。主催しているのは世界選手権のXトライアルと同じで、彼らとしてはインドアトライアルを称してXトライアルと呼んでいるのかもしれないが、ちょっとわかりにくい。

わかりにくいのはルール。もともと今年のXトライアルは、芸術点を加味した新しいルールでおこないたいと主催者は提言していた。テストをした上でライダー側からの猛反発があって、世界選手権のXトライアルは従来通りのルール(ただしバックはOK、4回以上の足つきは5点、アンダーガードの接地は厳密に1点など、アウトドアのルールとはずいぶんちがう)で開催されることになった。その代わり、というか、世界選手権のタイトルがかかっていない興業イベントでは、主催者のやりたいようなルールでおこなわれた、ということだ。

クラッシュをしたボウは、そのまま病院へ運ばれ、競技を続行することはできなかった。今回の大会には、ボウ、藤波、フェレール、ビンカス、マテオ・グラタローラ、ミケール・ジェラベルトが参加、5セクションによって争われたが、ボウの離脱で、優勝争いは藤波とフェレールのものとなり、藤波が12点差で勝利を決めている。

2018年ルマンの結果

とはいえ、フランス式新ルールは走っている当のライダーにも難解なもので、結果表を見てもどうやって勝敗が決まるのかさっぱりわからない。結果表からわかるのは、トライしていないボウの点数が0となっていて、点数の高いものから勝利しているということくらいだ。

ボウの負傷について、レプソルHondaチームはプレスリリースを出し、レントゲン写真も公開された。骨折している横突起は背骨の左右にあるでっぱった骨で、背骨の骨折とはいえ、神経などが通っている部分ではない、いわばバンパーのような部位なので、安静にして治癒を待つということになるようだ。チーム・ドクターによると、その期限は3週間だという。

2018骨折したボウの背骨

ボウは今シーズン、腕がすぐつるという症状に悩まされていた。セクションひとつくらいならまだいいのだが、いくつかのセクションを連続して走るとつってしまうという。Xトライアルではクォリファイ、セミファイナルと6セクションを連続して走る必要があるから、条件的には最もきつい。

これに加えて今回の負傷ということになる。しかし逆に言えば、ボウにとっては腕の治療と安静もまた、今回の3週間の間に可能となったという見方もある。3週間の間には、Xトライアル第6戦のセビリア大会がある。ボウがタイトルを決定する1戦となるのではないかと見られていたが、はたしてこれに出場できるかどうか。セビリア大会は負傷から2週間と5日、3週間にはぎりぎり足りない。

2018XトライアルバルセロナでのボウXトライアル第5戦バルセロナで勝利したときのトニー・ボウ

タイトルの行方を計算してみると、ざっとこんな感じ。

・アダム・ラガが術後の安静でセビリア欠場、ボウが4位になればボウのタイトル決定
・セビリアでボウが欠場ラガ勝利の場合、残り2戦中ボウが1戦勝利すればボウのタイトル決定
・ボウがセビリア欠場、ラガがセビリアからの後半3連勝ならラガが逆転タイトル獲得
・ボウとラガの欠場具合によっては、ランキング3位のブノア・ビンカスのチャンピオンもあり。

ラガがバルセロナの後手術入院しているから、これがボウにとっては不幸中の幸い。戦況はそれでもボウに有利だ。それでも、23個目の世界タイトルを目前にして安静を強いられるボウにしたら、ゆっくり休んでいられる心境にはなれないだろう。しかともあれ、ボウの早い復帰をお祈りしたい。

あわせて、手術休養中のラガと、靭帯を損傷したアルナウ・ファルレの回復もお祈りします。

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る