2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

最終戦ブタベストはラガが勝利

Xトライアル、2018年最終戦は、3月29日、ハンガリーのブタペストで開催された。アダム・ラガが今シーズン初優勝、2位にはパリで初優勝を果たしたハイメ・ブスト。3位に今シーズン大躍進のブノア・ビンカス。藤波貴久はクォリファイは3位だったが準決勝で6位となった。

2018ブタペストのラガようやく初勝利、2018年のアダム・ラガ

パリで12回目のXトライアルタイトルを確定したトニー・ボウは、この最終戦は欠場となった。実はボウは、パリ大会を欠場しても、チャンピオン獲得は決定的だったのだが、タイトル獲得のセレモニーにパリまで行くのなら、ちゃんと走ってタイトル獲得劇につなげないという思いがあった。

ところがそれが裏目というか、やはりケガには厳しかった。パリ大会の前日まで一人でオートバイにまたがれなかったというから、パリのクォリファイをトップスコアで走ったことがびっくり仰天の一大事。本来なら、そこで欠場して、療養に努めるべきだったのだろう。もっとも、回復そのものは順調で、将来的に問題を残すようなものではないから、それでボウも無理をしたのかもしれない。

ということでボウの欠場は決まり、代わりにフランス人のアレックス・フェレールが出場。最終戦はジェロニ・ファハルドも欠場が決まっていた。ファハルドはノミネートライダーには選ばれていなかったのに、ここまで全戦参加が続いていた。参加ライダーの選考などがどうなっているのか、実はちょっとよくわからないのだが、ともあれ今回はガブリエル・マルセリ(スペイン・モンテッサ)とルカ・ペトレーラ(TRRS)のふたりの新人がXトライアルに参戦することになった。

クォリファイ(Xトライアルではラウンド1と呼んでいるが、1ラップ目という認識なのか予選なのか、いまひとつ微妙。最初の戦いであるのはまちがいない)では、ペトレーラがちょっとがんばった。フェレールと同減点のスコアをマークしたのだ。ただしマルセリも第2セクションをクリーンするなど、ちょっと光るところも見せた。マルセリは第2以外はオール5点、ペトレーラは第1をクリーン。フェレールがクリーンなし、ジェイムス・ダビルとビンカスがクリーン一つという結果を見ると、彼らルーキーのがんばりがわかる。マルセリは6セクションで25点、フェレールとペトレーラが21点だった。

20点台のスコアが3人となったことで、20点を切ってクォリファイを走れば、セミファイナル進出か確実となる。ミケール・ジェラベルトは12点、そして藤波が10点。今シーズン5回目の参戦にして、4回目のセミファイナル進出を確実にした。

最後に、ブストが9点、ラガが5点とベストスコアを更新して、セミファイナル進出の6名が決まった。藤波は、ラガ、ブストに次ぐクォリファイ3位ということになる。

ただ、クォリファイでは1位だろうと6位だろうと、直接は試合結果に影響がない。クォリファイ敗退が決まる7位と6位では大違いだが、6位にはいれば優勝の可能性さえ生まれるし、逆にクォリファイで1位になってもセミファイナルで失敗すれば6位に転落することだってある。

6人が、3人と3人に別れて対戦するセミファイナルは、クォリファイの順位によってトライ順と対戦組が決まる。クォリファイの2位、3位、6位はセミファイナル1組に、1位、4位、5位はセミファイナル2組を走る。セミファイナル2組は、いつもならたいていトニー・ボウがいる組だから、トップに出るのは至難だが、1組目は誰も走っていないところでトライすることになる。だから考え方によってはクォリファイ4以か5位になるより6位になったほうが4位や5位を狙える可能性が出るということもあるし、どうせボウを破って優勝するつもりなら、難度の上がるファイナルでの対戦より、セミファイナルでやっつけておいたほうがいいなんて作戦もあり得る(成功したライダーは皆無なわけだが)。それに、点数を操れるとしたら、それはスタートが遅いトップグループの特権となるわけで、ほとんどの場合、点数を自由に読めるライダーはいない。

2018ブタペストの藤波クォリファイ3位と気を吐いた藤波貴久

今回はボウがいない。それで1組目にはブストと藤波、2組目にはラガが走ることになった。藤波はダビルに次いで1組目二人目のトライになったが、第3セクションで5点になってから調子を崩してしまった。ダビル15点に対して藤波は17点。最後にブストが8点をマークして、セミファイナル1組からのファイナル進出はブストとなった。

1803ブタペストのブスト最終戦は2位となったハイメ・ブスト

セミファイナル2組は、ジェラベルトがちょっと調子悪しで17点、今シーズンの出世頭のビンカスが8点、ラガが3点。ファイナルはブストとラガの一騎打ちとなった。ブストはこの前のパリ大会で勝利しているが、ラガは今シーズンまだ未勝利。

2018ブタペストのビンカスランキング4位のブノア・ビンカス

ファイナルだけは全5セクションを1セクションずつ交互にトライする試合形式となるが、第4までは1点で同点。最終セクションでブストが5点、ラガが2点となって、最後の最後にラガの今シーズン初勝利が決まった。

2018ブタペスト表彰台ラガ、ブスト、ビンカスの表彰台

ランキングでは、最後の2戦を1位と2位でまとめたブストがランキング3位を奪取。2度の表彰台を獲得したビンカスはランキング4位を得た。1戦ずつ不参加のあるジェラベルトとジェロニファハルドが5位と6位、全戦参加のダビルが7位、そして2戦不参加の藤波がランキング8位となった。

試合システムががらりと変わり、アルベルト・カベスタニーが一度も参戦せず、後半3戦を残してラガが手術、ボウが負傷、セビリア大会がキャンセルとなるなど、いろいろ事件のあった2018年Xトライアルだったが、終わってみればいつものあるべきランキングにあるべきライダーが並ぶという結末になった。なおXトライアルは1戦をのぞく有効得点制となっているので、1戦を欠場するところまでは事実上のハンディはない。

参加者数をマシンと国籍別に見て見ると次のような感じ。スペイン人が多いのはまぁしょうがないとしても、どちらもちょっと意外な感じはするが、これが今の世界の勢力図だ。

マシンメーカー 台数 国籍 人数
ガスガス 16 スペイン 36
モンテッサ 13 フランス 10
シェルコ 9 イギリス 9
TRRS 8 日本 5
ベータ 7 イタリア 2
スコルパ 7 ドイツ 1
ヴェルティゴ 3

このあと、2名ずつで対戦するX-TDNを経て、いよいよアウトドアのトライアルGPのシーズンインとなる。

1803X7B

2018Xランキング

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る