2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018TDNはやっぱりスペインが勝利

トライアル・デ・ナシオンのXトライアル版、X-TDNは、4月6日、フランスのニースで開催された。

今年は5ヶ国が参加で日本は不参加。結果はほぼ当然のように、スペインが2位フランスに倍近い点差をつけて勝利した。3位はイギリス、4位イタリア、5位ドイツと続いた。

2018XTDNの表彰台左から、フランス、スペイン、イギリスの表彰台

X-TDNには、数年前まで日本も藤波貴久・小川友幸コンビで参加していたが、レギュレーションに年齢制限が加わって、二人1組のうちひとりは25歳以下というしばりができた。これで日本の参加はとても厳しくなって現在に至っている。

スペインはトニー・ボウとミケール・ジェラベルトのコンビ。Xトライアルのランキング順からするとボウとハイメ・ブストの組み合わせとなってもよさそうだが、おそらくX-TDNのコンビを決める段階では、ブストが不調で、ジェラベルトのほうが成績がよかったということだろう。ボウはXトライアル最終戦を負傷の療養のために欠場しているが、ここに出場してきたということは、そちらのほうはもう万全ということだろうか。

フランスはブノア・ビンカスとアレックス・フェレールのコンビ。ビンカスが25歳以下枠だ。

イギリスはジェイムス・ダビルとジャック・プライス。ベテランのダビルと若手のプライスの組み合わせだ。

イタリアはマテオ・グラタローラと若手のルカ・ペトレーラ。そしてドイツがフランツ・カドレックとマックス・ファウデ。

5チーム10名の選手のうち、ドイツのファウデのみが、今シーズンのXトライアルに参戦していない。参戦経験があればいいというものではないが、エントリーの段階でハンディを負った国が生まれてしまうのが、X-TDNの宿命でもある。

試合のシステムはいつものXトライアルと同様の感じだが、セミファイナルが勝ち抜きではなく、スコアのいいもの順となっている。つまりクォリファイが2ラップ、ファイナルが2チームの一騎打ちで1ラップ、ということだ。

設営されている6セクションは、各チームの各ライダーが3セクションずつ走る。どのセクションをどっちのライダーが走るのかは、チームの作戦だ。

ラウンド1(1ラップ目)、ボウは第1、第4、第5を走って、第1で1点。フェレール、ダビルがクリーンしているから、ボウも木から落ちるということだろうか。対して第2、第3、第6を走ったジェラベルトはオールクリーンで、スペインのトータルは第1セクションでのボウの1点のみだった。

2018XTDNのボウ負傷は癒えたか、トニー・ボウ

ボウと同じセクションを走ってオールクリーンをしたのはダビルだった。相棒の若いプライスは第2セクションで5点となったものの、減点はそれのみでイギリスは5点。

しかしこのイギリスより、1点減点が少なかったのがフランスだった。ビンカスは2018年のXトライアルで躍進したひとりだから、このTDNはその仕上げ的意味合いを持つことになる。

オール5点だったのはドイツのファウデのみで、カドレックがクリーン1、イタリアもそれぞれのライダーがクリーンをひとつずつ稼ぎ、やややさしめのセクション設定の中、トップ3チームはそれなりの接戦となった。

2ラップ目、ラウンド2。難度が増して、ドイツはお気の毒に二人が二人ともオール5点になった。イタリアもペトレーラはオール5点。グラタローラが7点で3セクションのノルマを果たすとイギリスのプライスも7点。そしてその以降、ダビル、ジェラベルト、ボウと、3人が5点一つのみで3セクションを走りきっている。

2018XTDNのフェレールフランスの年長枠のフェレール

そんな中、フランス人が大活躍。フェレールはクリーンこそなかったが、2点一つと1点二つで4点とボウらを上回り、ビンカスは1点のみで3セクションを走りきった。この結果、ラウンド2では、スペインの10点に対してフランスは5点。ラウンド1とラウンド2を小計して、トップは9点のフランス、スペインが11点でこれに続くという予想外の展開となった。

そして、スペインとフランスの2ヶ国によるファイナル。これはさらに難度が上がった5セクションによって競われた。フランスは5セクションのうち4セクションで5点の21点、さすがにスペインの強さは群を抜いたが、それでもボウが1点と5点とクリーン。ジェラベルトが2セクションをクリーンして、ファイナルの減点は6点。

ラウンド1、ラウンド2、ファイナル、すべてのトータルでフランス30点に対してスペインは17点。予定通りというにはフランスのがんばりが光ったが、結果はやっぱりスペインの勝利、ということになった。スペインはこれでX-TDNでは12勝目を挙げたことになる。

2018XTDNのスペインチーム新しい顔ぶれのスペインチーム。もちろん勝利。

トニー・ボウ
「Xトライアルのシーズンを勝利で終えられてとても満足です。フランスとの戦いはむずかしかった。我々は2ラップ目にミスをしてしまったが、ファイナルでは相手にプレッシャーを与えるよい戦いができ、再びその差を広げることができた。ミケールはこれが最初の勝利。彼に祝福を贈りたい」

2018XTDNのジェラベルトスペインの若手のジェラベルト

ミケール・ジェラベルト
「このXトライアルシーズンは、私にとって成功でしたが、このTDNは最高の結果を得ることができました。子ども時代からあこがれの存在だったトニーと組むことかでき、勝利を勝ち取ることができました。今後、もっとレベルアップしていくよう、がんばります」

2018XTDNのビンカスフランス見当の立て役者、若いビンカス

ブノア・ビンカス
「ファイナルでは、2ラップ目より高レベルの走りはできませんでしたが、2位という結果には満足です。スペインチームにはやられました。ただ、アレックスと私はよい走りができました。決勝はとても厳しいものでしたが、トニーとミケールに祝福しなければいけません」

アレックス・フェレール
「ここニースでは、我々フランスチームに対する観客席の応援は、とても重要で心強いものでした。ラウンド2でスペインをリードできたのも、この応援のおかげだったと思います。しかしファイナルはむずかしくて、我々はスペインチームに追いつくことができませんでした」

ジェイムス・ダビル
「目標であった2位には届きませんでしたが、我々自身のライディングと、表彰台獲得は満足のいく結果だったと思います。2ラップ目のフランスのパフォーマンスは称賛したいと思います」

ジャック・プライス
「ジェイムスはとてもいい走りをしていました。2位をなりたいと思っていましたが、2位を争ってよい戦いができたと思います。Xトライアルのシーズンを表彰台で終えられたのは、私の大きな満足です」

2018XTDNのサイン会ニースのお客さんは(も)トライアルが大好き
2018X-TDN_Nice

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る