2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018EMと成田匠.fr

成田匠、EMプロトで世界選手権へ

2018年は、エレクトリックトライアルが本格的に始動する年になりそうだ。このたび、成田匠が2018年の世界選手権に参戦する発表があった。マシンは、成田がインポーターを務めるEM(エレクトリック・モーション)、そのプロトタイプマシンのe-Pureデビュー戦が、成田の世界選手権復帰戦ということになる。

2018EMの成田匠

EMは、電動のフルサイズ(大人用)トライアルバイクを初めて世に出したフランスのメーカー。社長のフィリップさんはTY-S125FやSY250Fを世に出した当時のスコルパの代表で、当時から意欲的な製品ラインナップは注目だった。

トライアルに電動バイクを使う流れは、EMがフランスの会社であることからもあって、フランス選手権に特別参加をし、そんな実績から、2017年にフランスGPで初めてのトライアルEクラスの開催が実現した。

世界選手権トライアルGPのエレクトリッククラスは、ご存知の通り、ガスガスに乗るマルク・コロメが勝って、初代チャンピオンということになっている。しかし2017年はたった1戦での勝負でもあり、2戦での戦いの結果タイトルが決まる2018年が、事実上の世界選手権トライアルEクラスの初年度になるという見方は多い。

コロメは、1996年の世界チャンピオン(最高峰、現在のトライアルGPクラスになる)。世界選手権に参戦を始めたのは、黒山健一が1995年、藤波が1996年だから、コロメは先輩格になるが、1990年に世界選手権参戦を始めた成田とは同世代を戦っていることになる(年齢的には、成田が3歳ほど年上になる)。

コロメは2018年の選手権には不参加を表明していて、代わってガスガスに乗るのは、2017年限りで世界選手権からの撤退を表明していたフランス人のロリス・グビアン(2008年ジュニアカップ=トライアル2チャンピオン)が予定されている。

トライアルEクラスはまだまだ各メーカーとも開発が続けられていて、これからどんどん高性能化していき、戦いも熾烈になることが考えられる。2年目の今年、エレクトリックトライアルの先駆者であるEMが用意するのは、新型のプロトマシンe-Pure。まだその姿は明らかになっていないが、現在世に出ているEMとはまったく別の新型で、独自開発の特殊クラッチを搭載する予定だという。

成田といっしょにEMのライダーとして世界選手権に挑戦するのは、フランス人のクリストフ・ブルオン。野崎史高の世界選手権挑戦時代にスコルパのライダーとしていっしょに戦っていた若手(もうベテランになっている)で、最近ではデモンストレーションの分野で精力的な活躍をしている。

ガスガスはエンジントライアルバイクのクランクケースを流用したような、トランスミッションとクラッチを装備し、先般発表になったヤマハのTY-Eはミッションは装備しないがクラッチを装備する。従来のEMは伸びのあるモーター特性を活かす形でクラッチは装備されていなかったが、今後はクラッチ装備がエレクトリックトライアルマシンの標準形となっていくのかもしれない。

7月15日フランス大会、7月22日ベルギー大会。エレクトリックトライアルは、2018年に熱い戦いを繰り広げる。

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る