2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018EMと成田匠.fr

成田匠、EMプロトで世界選手権へ

2018年は、エレクトリックトライアルが本格的に始動する年になりそうだ。このたび、成田匠が2018年の世界選手権に参戦する発表があった。マシンは、成田がインポーターを務めるEM(エレクトリック・モーション)、そのプロトタイプマシンのe-Pureデビュー戦が、成田の世界選手権復帰戦ということになる。

2018EMの成田匠

EMは、電動のフルサイズ(大人用)トライアルバイクを初めて世に出したフランスのメーカー。社長のフィリップさんはTY-S125FやSY250Fを世に出した当時のスコルパの代表で、当時から意欲的な製品ラインナップは注目だった。

トライアルに電動バイクを使う流れは、EMがフランスの会社であることからもあって、フランス選手権に特別参加をし、そんな実績から、2017年にフランスGPで初めてのトライアルEクラスの開催が実現した。

世界選手権トライアルGPのエレクトリッククラスは、ご存知の通り、ガスガスに乗るマルク・コロメが勝って、初代チャンピオンということになっている。しかし2017年はたった1戦での勝負でもあり、2戦での戦いの結果タイトルが決まる2018年が、事実上の世界選手権トライアルEクラスの初年度になるという見方は多い。

コロメは、1996年の世界チャンピオン(最高峰、現在のトライアルGPクラスになる)。世界選手権に参戦を始めたのは、黒山健一が1995年、藤波が1996年だから、コロメは先輩格になるが、1990年に世界選手権参戦を始めた成田とは同世代を戦っていることになる(年齢的には、成田が3歳ほど年上になる)。

コロメは2018年の選手権には不参加を表明していて、代わってガスガスに乗るのは、2017年限りで世界選手権からの撤退を表明していたフランス人のロリス・グビアン(2008年ジュニアカップ=トライアル2チャンピオン)が予定されている。

トライアルEクラスはまだまだ各メーカーとも開発が続けられていて、これからどんどん高性能化していき、戦いも熾烈になることが考えられる。2年目の今年、エレクトリックトライアルの先駆者であるEMが用意するのは、新型のプロトマシンe-Pure。まだその姿は明らかになっていないが、現在世に出ているEMとはまったく別の新型で、独自開発の特殊クラッチを搭載する予定だという。

成田といっしょにEMのライダーとして世界選手権に挑戦するのは、フランス人のクリストフ・ブルオン。野崎史高の世界選手権挑戦時代にスコルパのライダーとしていっしょに戦っていた若手(もうベテランになっている)で、最近ではデモンストレーションの分野で精力的な活躍をしている。

ガスガスはエンジントライアルバイクのクランクケースを流用したような、トランスミッションとクラッチを装備し、先般発表になったヤマハのTY-Eはミッションは装備しないがクラッチを装備する。従来のEMは伸びのあるモーター特性を活かす形でクラッチは装備されていなかったが、今後はクラッチ装備がエレクトリックトライアルマシンの標準形となっていくのかもしれない。

7月15日フランス大会、7月22日ベルギー大会。エレクトリックトライアルは、2018年に熱い戦いを繰り広げる。

関連記事

原発事故の思い出[避難所]

震災の夜は、なにごともなくすぎた。余震は次から次へとあったけど、あんな揺れはもうなかった。いつもと同じくビールが飲めるくらいには日常のままだ…

TRRS用カーボンサイレンサーエンドキャップ

美しい仕上がり!TRRS用のカーボンサイレンサーエンド。TRRS全車にフィットします。 (さらに…)…

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

ページ上部へ戻る