2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト中国
  19. 2020.04.05

    福島市へ行く
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト四国
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. 2020XTDN延期
  32. イベント(大会)
  33. SSDT中止
  34. イベント(大会)
  35. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018EMと成田匠.fr

成田匠、EMプロトで世界選手権へ

2018年は、エレクトリックトライアルが本格的に始動する年になりそうだ。このたび、成田匠が2018年の世界選手権に参戦する発表があった。マシンは、成田がインポーターを務めるEM(エレクトリック・モーション)、そのプロトタイプマシンのe-Pureデビュー戦が、成田の世界選手権復帰戦ということになる。

2018EMの成田匠

EMは、電動のフルサイズ(大人用)トライアルバイクを初めて世に出したフランスのメーカー。社長のフィリップさんはTY-S125FやSY250Fを世に出した当時のスコルパの代表で、当時から意欲的な製品ラインナップは注目だった。

トライアルに電動バイクを使う流れは、EMがフランスの会社であることからもあって、フランス選手権に特別参加をし、そんな実績から、2017年にフランスGPで初めてのトライアルEクラスの開催が実現した。

世界選手権トライアルGPのエレクトリッククラスは、ご存知の通り、ガスガスに乗るマルク・コロメが勝って、初代チャンピオンということになっている。しかし2017年はたった1戦での勝負でもあり、2戦での戦いの結果タイトルが決まる2018年が、事実上の世界選手権トライアルEクラスの初年度になるという見方は多い。

コロメは、1996年の世界チャンピオン(最高峰、現在のトライアルGPクラスになる)。世界選手権に参戦を始めたのは、黒山健一が1995年、藤波が1996年だから、コロメは先輩格になるが、1990年に世界選手権参戦を始めた成田とは同世代を戦っていることになる(年齢的には、成田が3歳ほど年上になる)。

コロメは2018年の選手権には不参加を表明していて、代わってガスガスに乗るのは、2017年限りで世界選手権からの撤退を表明していたフランス人のロリス・グビアン(2008年ジュニアカップ=トライアル2チャンピオン)が予定されている。

トライアルEクラスはまだまだ各メーカーとも開発が続けられていて、これからどんどん高性能化していき、戦いも熾烈になることが考えられる。2年目の今年、エレクトリックトライアルの先駆者であるEMが用意するのは、新型のプロトマシンe-Pure。まだその姿は明らかになっていないが、現在世に出ているEMとはまったく別の新型で、独自開発の特殊クラッチを搭載する予定だという。

成田といっしょにEMのライダーとして世界選手権に挑戦するのは、フランス人のクリストフ・ブルオン。野崎史高の世界選手権挑戦時代にスコルパのライダーとしていっしょに戦っていた若手(もうベテランになっている)で、最近ではデモンストレーションの分野で精力的な活躍をしている。

ガスガスはエンジントライアルバイクのクランクケースを流用したような、トランスミッションとクラッチを装備し、先般発表になったヤマハのTY-Eはミッションは装備しないがクラッチを装備する。従来のEMは伸びのあるモーター特性を活かす形でクラッチは装備されていなかったが、今後はクラッチ装備がエレクトリックトライアルマシンの標準形となっていくのかもしれない。

7月15日フランス大会、7月22日ベルギー大会。エレクトリックトライアルは、2018年に熱い戦いを繰り広げる。

関連記事

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

【新作DVD発売】精度アップ!4ヶ月からのトライアル

新作トライアルDVD「小川毅士・精度アップ!4ヶ月からのトライアル」を7月27日より発売開始! (さらに…)…

TOM’Sリンクガード・TY125Classic用

京都のトライアルショップ「トムス」より、TY125Classic用のリンクガードが発売されました。 (さらに…)…

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

ページ上部へ戻る