2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TRライダー、大活躍

インドアエンデューロ表彰式

 10月30日、インドアトライアルでおなじみのイギリスはシェフィールドで、インドア・エンデューロ・ワールドカップが開催された。
 優勝は、KTMに乗るタデウス・ブラズシアク。誰あろう、かつてトライアル世界選手権で、唯一のポーランド人ライダーとして活躍していた若手ライダーである。
 2位にはアメリカのマイク・ブラウン(KTM)、3位にこれまたおなじみのグラハム・ジャービス(Sherco)が入った。
 リザルトには、ほかにもトライアルライダーの名前が目白押しで、8位にはシェフィールドといえばこの人、ドギー・ランプキンの名前もある。
 写真は総合表彰式で、中央がブラズシアク、右がジャービス。
○写真:Pep Segales(SoloMotoOffroad),FIM

 ブラズシアクは、ポーランドのナンバーワントライアルライダーとして世界選手権に登場した。スポンサーはお父さんで、ポーランドのナンバーツーライダーだというお兄さんがマインダーを務めていた。初めて日本大会に来たときには、その存在を知る日本人は一人もおらず、ブラズシアクという名前の読み方もさっぱり。しかしそれ以上にさっぱりだったのは彼らで、彼らはツインリンクもてぎがどこにあるのかをまったく知らないままに日本にやってきた。まず彼らは、成田で「ミトミト」と連呼し(成田からはそうやってこいと、トライアル関係の誰かに教えてもらったらしい)水戸行きのバスに乗ることに成功。水戸へついたら、今度は「モテギモテギ」と連呼して、茂木町のバス停までやってきた。まぁそこまで来れば、ツインリンクのパドックは目と鼻の先だった。
 そんなブラズシアクにとって、険しい世界選手権のセクションもなんということはないし(もちろん落っこちて5点になるのだが)パドックでただひとりのポーランド人ライダーというのも、なにも問題にはならなかった。
 2003年にはジュニアクラスを走る決断をしチャンピオンを目指したが、シャウン・モリスに敗れてランキング2位。翌年には、ヨーロッパ選手権で見事タイトルを獲得した。
 世界選手権では10位以内にコンスタントに入るような実力を身につけたものの、2007年に第1戦だけ走って、以後トライアルからは離れた生活を送っている。

インドアエンデューロのジャービス

グラハム・ジャービス

 インドアエンデューロは、3回のレースのトータルポイントで勝利を争う。設定されたコースは、見る限りはスーパークロスとトライアルの中間的存在で、もちろん世界選手権トライアルほどハードなものではない。
 ブラズシアクは3回のレースをすべて勝利して、文句なしの勝利を飾った。ジャービスはファイナル2(2回目のレース)で2位となったが、1回目と3回目で6位と4位になって2位を逃している。
 ジャービスは、今回のレースについては終了したばかりのスコットトライアルがよいトレーニングになったというコメントをしている。

インドアエンデューロのランプキン

ドギー・ランプキン

 ドギー・ランプキンは、1回目を10位、2回目を6位、3回目を9位となって、総合8位となった。ランプキンはベータの4ストロークの400ccに乗ったが、大柄のランプキンだが、エンデューロマシンに乗ると、まだまだマシンが大きく見える。ランプキンもブラズシアクもジャービスもどちらかというと大柄のライダーだが、インドア・エンデューロに体格は有利不利はあるだろうか?
 シェフィールドは、ランプキンの地元中の地元(藤波が名古屋を走るようなものか)。ギャラリーにもランプキンを知る者が多く、これまでシェフィールドのインドア・トライアルでは、圧倒的スタートして君臨してきた。事実上インドアのトップライダーの座から退いた昨今でも、シェフィールドでだけは突然活躍をしたりして、地元での強さをアピールしていたものだった。今度はインドア・エンデューロでその雄姿を示すことになるのかもしれない。

 ブラズシアク、ジャービス、ランプキンのほか、ダニエル・ジベールの名前もある。ジベールは2004年ユースチャンピオン、2006年ジュニアチャンピオン。2007年を最後に世界選手権トライアルから撤退しているが、エンデューロに活路を見いだしたか。今回の結果は9位、8位、8位。ランプキンよりいいポジションでゴールしているレースもある。トライアルでは絶対にあり得ないこういうポジション交代劇が、エンデューロでは起こりうる点、多くのライダーにチャンスがあるカテゴリーといえそうだ。
 インドア・エンデューロ・ワールドカップの次のラウンドは、12月5日のイタリア・ジェノバ大会となる。

Pos. Rider Nat. Machine Team
1 Tadeusz BLAZUSIAK POL KTM 250 2T KTM FACTORY ENDURO TEAM
2 Mike BROWN USA KTM 250 4T
3 Graham JARVIS GBR Sherco 250 4T SHERCO
4 Ivan CERVANTES ESP KTM 250 2T KTM FACTORY ENDURO TEAM
5 Antoine MEO FRA HUSQVARNA 250 4T CH RACING
6 Joakim LJUNGGREN SWE HUSABERG 390 4T HUSABERG FACTORY TEAM
7 David KNIGHT GBR KAWASAKI 250 4T KAWASAKI
8 Dougie LAMPKIN GBR BETA 400 4T BETA MOTOR
9 Daniel GIBERT SPA KTM 300 2T
10 Christophe NAMBOTIN FRA GAS GAS 300 2T GAS GAS ENDURO RACING TEAM
11 Gordon CROCKARD IRL KTM 300 2T PAR HOMES
12 Thomas SAGAR GBR SUZUKI 250 4T FAST EDDY RACING

関連記事

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

ページ上部へ戻る