2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、特にイギリス人なら、これに出なければ男の子ではないし、女の子でもない。そんな避けて通れないビッグイベントが、SSDT(スコティッシュ6日間トライアル)だ。

SSDTのセクションは、世界選手権なんかと比べるとけっして厳しすぎるものではないけれど、自然の地形が舞台で、どこもかしこもつるつるに滑るから、世界のトップライダーといえど、一瞬たりとも気が抜けない。しかしそもそも世界選手権を走る人はおかしな人ばっかり。それ以外のふつうの人にとっては、1日30個のセクションに向かって突進し、次々に玉砕したりなんとか抜けたりしながら、マシンを壊さず、遅刻せず(死ぬほどの距離を走らされるにもかかわらず、タイムオーバーにはとてもとても厳しい)、余裕があれば減点を減らす、という戦いをしなければいけない。

SSDTのコース風景

これまで、一桁の順位を記録した日本人ライダーはいないし、出場経験のあるたいていの国際A級ライダーは30位くらいに入ることが多く、トライアルがちょっと上手という人は完走できるかどうかがぎりぎりという感じ。

そんな日本勢からすると、イギリスのSSDTスペシャリストたちのステディな走りは、ひたすらびっくり仰天するしかない。1日目、100kmを越える行程の中の30セクションを走って、なんとオールクリーンで帰ってきたライダーが6人もいた。ドギー・ランプキンは1点をついているから、その6人に続くポジションだ。オールクリーンの6人が、みんながみんなビッグネームかというと、確かにジェイムス・ダビルとかジャック・プライスとかのばりばりもいるのだが、スコットランドのトップライダーのギャリー・マクドナルドなんかはSSDT通の人しか名前を知らないんじゃないか。サム・コナー、サム・ハスラム、ジャック・シェパードなどという面々は、いろんな時代に世界選手権を走ったライダーだが、世界選手権からは身を引いても、みんなSSDTにはきっちり帰ってくる。

今年、ランプキン姓のライダーはドギーしかいない。ジョン(ドギーのいとこ、大きいほうのおじさんの息子)、ジェイムス(同じくいとこ、小さいほうのおじさんの息子)、ハリー(ドギーの弟)などがこぞって出ていたものだけど、みんな、自分ちの子どもが育ってくるまでの山ごもり期間みたいだ。それでも、ダンとベンのヘミングウェイ兄弟は元気に出場している。弟のベンは、オフィシャルとしてもてぎにも来ている。そして実は、ヘミングウェイ兄弟も、ランプキンの親戚。トライアル一家、みな兄弟みたいな感じ。

そうかと思えば、ナイジェル・バーケットといった、往年も往年、日本で言えばヤマハチームのオヤブン、木村治男さんとどっこいの大御所も元気に走っている。もうひとり、ジョン・シャートという名前もある。空冷時代のヤマハのサイレンサーがお宝で、日本でも重宝されたり、似たようなのを作る人がいたりしたもんだけど(加藤文博さんが作ったカトー・サイレンサーもそのひとつだけど、シャート・サイレンサーよりかっこよかった覚えがある)その後、ガスガスのインポーターをやって現在に至っている。シャートさんは1日目26位(減点7点!)という抜群の成績でひっくり返ったんだけど、実はこのジョン・シャートさんはサイレンサーを作ったジョン・シャートさんの息子さんだった。親子揃って名前が同じとはまぎらわしい。ガスガスUKは代が変わって、今は息子のジョン・シャートさんが仕切っているみたい。バーケットさんは本物の昔ながらの人で、減点26点78位。ふつうの感覚では、バーケットさんくらいのスコアでも驚きの好スコアとなる。みんな、化け物だ。

化け物といえば、今年は化け物に挑む美女たちが9人もいらした。イギリス人6人(この場合のイギリス人とは、UK、大英帝国の人でなくてイングランド人みたいだ。というのも、国籍にはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドもあるから。イギリスって国は存在しなくて正しくは……という話はSSDTとは直接関係なかったのでまたそのうち)アイルランド、アメリカ、スペインが一人ずつ。世界チャンピオンのエマ・ブリストは1日目減点、9点! こりゃすごい。順位は32位。世界ランキング2位のサンドラ・ゴメスは108位とちょっと出遅れ感はあるけど、それでも減点は35点。SSDTは地元勢(スコットランドだけじゃなくて、イギリス人全般という意味)の優位は圧倒的だからゴメスはがんばっている。

リザルトには、総合の他にレディース、スコットランド人、新人などのクラス分けがあって、さらに40歳以上というのもある。そしてこのオーバー40のトップはドギー・ランプキン、2位がベン・ヘミングウェイと、総合結果と大差ない結果になっているのは、どうも日本と同じような感じです。

そして2日目、ダビルは2日連続でオールクリーン、今度はドギーもオールクリーンで、さすがに2日続けて超好スコアをマークするライダーはそんなに多くなくて、トップはダビル、2位が1点のドギー・ランプキン、3位がこの日1点、トータル3点のジャック・シェパードとなっている。

そうそう。日本からは、大西弘晃さんただ一人が参加している。1日目は126点、268位。2日目は132点、262位。タイムオーバーなしで走っているところが、すごいです。

2018SSDT車両保管

※今年のSSDTスタート前の車両保管風景。普段ここは町の大きな公共駐車場だけど、トライアルウイークになると本国からやってくる各メーカーのトラックが並んで盛大なパドックとなる。写真はtrialsenral.comから。速報、たくさんのフォトギャラリー等こちらが詳しい。SSDT事務局サイトは、http://www.ssdt.org

 

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る