2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

2018スペインGPでのボウまもなく、日本GP開催の日がやって来る。
21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記録を作るかもしれない。

その大記録とは、トニー・ボウの世界選手権100勝マークだ。2018年開幕戦でボウは勝利、この時点で、ボウの勝ち星は98勝となった。次なる戦いは日本の2試合。もしもボウが日本GPの土曜日・日曜日をパーフェクト勝利すれば、日曜日はトニー・ボウ100勝の記念日となる。

これまでの勝ち星ランキングのトップはドギー・ランプキンで99勝。ボウは残り1勝でランプキンと並び、もう1勝でランプキンを抜いて勝ち星ランキングのトップに躍り出ることになる。

勝ち星の多少は、絶好調の時代のシーズンに世界選手権が何戦開催されていたかという背景もあるので、必ずしも勝ち星の多い少ないがライダーの王者ぶりを決める唯一の材料とはならないが、この二人が90勝オーバーで、3位がジョルディ・タレスの61勝ということを見ても、90勝オーバーの二人の圧倒ぶりがわかる。

とはいえ、日本の2日間をパーフェクト勝利するのは、さしものボウといえども簡単ではない。過去の事例を見ると、ボウが日本GPをパーフェクト勝利したのは5回。チャンピオンになった2007年以降で数えると、パーフェクト勝利率は5割を切っている(勝率そのものは7割近い)。去年はパーフェクトだが2016年は1勝、2015年はパーフェクトで2014年は0勝と、なかなか波がある。2014年は負傷が勝利を阻んだという背景もあるが、今もボウのフィジカル面は完璧とは言いがたい。さて、どんな戦いになるだろうか。

一番気をもんでいるのは、もてぎの表彰式でセレモニーを用意するお役目の方々だろうが、その心労は、最後の最後まで持ち越されそうな勢いだ。

なおちなみに、藤波貴久の勝利数は33勝だが、生涯獲得ポイントを集計すると、藤波は4363ポイントで歴代トップになる。2位はドギー・ランプキンで3944ポイント、3位はアダム・ラガで3812ポイント、ボウはアルベルト・カベスタニーの3214ポイントに続く3130ポイントで5位となっている。

※ボウの日本GPの勝ち星は、2017・2勝、2016・1勝、2015・2勝、2014・0勝、2013・1勝、2012・2勝、2011・1勝、2010・1勝、2009・2勝、2008・2勝、2007・1勝、2006・1勝、2005・0勝。2005年・0勝、2004年・0勝。2006年まではベータでの記録。 

関連記事

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用トライアルフェンダー発売

セローとトリッカーをトライル仕様に! 三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー用トライアルフロントフェンダーKIT、トリッカー用カーボン…

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本中部大会全結果

全日本選手権第6戦中部大会 2018年9月6・7日 愛知県岡崎市キョウセイドライバーランド 観客数:2,600人 各クラス、トラ…

ページ上部へ戻る