2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

2018スペインGPでのボウまもなく、日本GP開催の日がやって来る。
21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記録を作るかもしれない。

その大記録とは、トニー・ボウの世界選手権100勝マークだ。2018年開幕戦でボウは勝利、この時点で、ボウの勝ち星は98勝となった。次なる戦いは日本の2試合。もしもボウが日本GPの土曜日・日曜日をパーフェクト勝利すれば、日曜日はトニー・ボウ100勝の記念日となる。

これまでの勝ち星ランキングのトップはドギー・ランプキンで99勝。ボウは残り1勝でランプキンと並び、もう1勝でランプキンを抜いて勝ち星ランキングのトップに躍り出ることになる。

勝ち星の多少は、絶好調の時代のシーズンに世界選手権が何戦開催されていたかという背景もあるので、必ずしも勝ち星の多い少ないがライダーの王者ぶりを決める唯一の材料とはならないが、この二人が90勝オーバーで、3位がジョルディ・タレスの61勝ということを見ても、90勝オーバーの二人の圧倒ぶりがわかる。

とはいえ、日本の2日間をパーフェクト勝利するのは、さしものボウといえども簡単ではない。過去の事例を見ると、ボウが日本GPをパーフェクト勝利したのは5回。チャンピオンになった2007年以降で数えると、パーフェクト勝利率は5割を切っている(勝率そのものは7割近い)。去年はパーフェクトだが2016年は1勝、2015年はパーフェクトで2014年は0勝と、なかなか波がある。2014年は負傷が勝利を阻んだという背景もあるが、今もボウのフィジカル面は完璧とは言いがたい。さて、どんな戦いになるだろうか。

一番気をもんでいるのは、もてぎの表彰式でセレモニーを用意するお役目の方々だろうが、その心労は、最後の最後まで持ち越されそうな勢いだ。

なおちなみに、藤波貴久の勝利数は33勝だが、生涯獲得ポイントを集計すると、藤波は4363ポイントで歴代トップになる。2位はドギー・ランプキンで3944ポイント、3位はアダム・ラガで3812ポイント、ボウはアルベルト・カベスタニーの3214ポイントに続く3130ポイントで5位となっている。

※ボウの日本GPの勝ち星は、2017・2勝、2016・1勝、2015・2勝、2014・0勝、2013・1勝、2012・2勝、2011・1勝、2010・1勝、2009・2勝、2008・2勝、2007・1勝、2006・1勝、2005・0勝。2005年・0勝、2004年・0勝。2006年まではベータでの記録。 

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る