2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

2018スペインGPでのボウまもなく、日本GP開催の日がやって来る。
21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記録を作るかもしれない。

その大記録とは、トニー・ボウの世界選手権100勝マークだ。2018年開幕戦でボウは勝利、この時点で、ボウの勝ち星は98勝となった。次なる戦いは日本の2試合。もしもボウが日本GPの土曜日・日曜日をパーフェクト勝利すれば、日曜日はトニー・ボウ100勝の記念日となる。

これまでの勝ち星ランキングのトップはドギー・ランプキンで99勝。ボウは残り1勝でランプキンと並び、もう1勝でランプキンを抜いて勝ち星ランキングのトップに躍り出ることになる。

勝ち星の多少は、絶好調の時代のシーズンに世界選手権が何戦開催されていたかという背景もあるので、必ずしも勝ち星の多い少ないがライダーの王者ぶりを決める唯一の材料とはならないが、この二人が90勝オーバーで、3位がジョルディ・タレスの61勝ということを見ても、90勝オーバーの二人の圧倒ぶりがわかる。

とはいえ、日本の2日間をパーフェクト勝利するのは、さしものボウといえども簡単ではない。過去の事例を見ると、ボウが日本GPをパーフェクト勝利したのは5回。チャンピオンになった2007年以降で数えると、パーフェクト勝利率は5割を切っている(勝率そのものは7割近い)。去年はパーフェクトだが2016年は1勝、2015年はパーフェクトで2014年は0勝と、なかなか波がある。2014年は負傷が勝利を阻んだという背景もあるが、今もボウのフィジカル面は完璧とは言いがたい。さて、どんな戦いになるだろうか。

一番気をもんでいるのは、もてぎの表彰式でセレモニーを用意するお役目の方々だろうが、その心労は、最後の最後まで持ち越されそうな勢いだ。

なおちなみに、藤波貴久の勝利数は33勝だが、生涯獲得ポイントを集計すると、藤波は4363ポイントで歴代トップになる。2位はドギー・ランプキンで3944ポイント、3位はアダム・ラガで3812ポイント、ボウはアルベルト・カベスタニーの3214ポイントに続く3130ポイントで5位となっている。

※ボウの日本GPの勝ち星は、2017・2勝、2016・1勝、2015・2勝、2014・0勝、2013・1勝、2012・2勝、2011・1勝、2010・1勝、2009・2勝、2008・2勝、2007・1勝、2006・1勝、2005・0勝。2005年・0勝、2004年・0勝。2006年まではベータでの記録。 

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る