2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. 2020.04.05

    福島市へ行く
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント告知
  22. 2020XTDN延期
  23. イベント(大会)
  24. SSDT中止
  25. イベント(大会)
  26. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. リザルト近畿
  39. リザルト沖縄
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(その他)
  49. リザルト関東
  50. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本GP金曜日(予選日)

2018年FIM世界選手権日本GP。決勝は土曜日・日曜日だが、いまや日本大会は金曜日からメインイベント顔負けの予選ショーが開催されている。

金曜日練習の藤波

昨年からトライアルGPと銘打たれて開催されている世界選手権。決勝が土曜日・日曜日の2日間開催される日本大会は、木曜日に選手受付・車検、金曜日に予選が開催されるという日程。去年の予選はプラクティスが1回、本番の予選が1回だったが、今年からは練習走行1回、クォリファイ1(Q1)、そしてクォリファイ2(Q2)と行われている。

練習走行はタイム計測なし、1回ずつのプラクティス。クォリファイは減点の少ない者、同減点ならタイムがよい順というように順位がつけられる。Q1はくじ引きによるスタート順でトライし、その順位でQ2のスタート順が決められる。決勝のスタートは、土曜日・日曜日ともにQ2の結果順となる(結果のよい者が遅いスタートとなる)。

Q1の結果はそれだけではなく、万が一天候急変などでQ2のコンディションが途中で変わったして公平度が損なわれたりした場合は、Q1の結果でスタート順が決まる。またQ2トライ中に5点となった場合はタイム計測ができないので、5点となった者の順番はQ1の結果順となる。Q2で5点が複数出た場合は、Q1の結果が順位に反映される。

去年は雨模様でコンディションが悪く、足をつきながらのトライが多かったが、今回はドライコンディション。1年間予選システムを走ってきた海外ライダーは、予選の走り方をしっかり習得してきていて、日本人ライダーとはまた差を見せつけられる結果となった。

速く走ろうと思うと、足を出すリスクも高くなる。あるいは、失敗して5点となってしまう危険もある。いくら速くても5点となってしまえば最下位着に順位は落ちるし、速い1点は遅いクリーンより順位が悪い。減点は最小限にとどめつつ、タイムを出さなければいけない。これはなかなかむずかしい。予選経験のほとんどない日本人にはむずかしい試練だ。

セクション難度そのものは、簡単ではないにしろ、きちんと走ればクリーンが可能。きちんとクリーンしながら、どこまでタイムを削れるか、作戦と対応力が問われるのが、この予選システムだ。

今回は、日本初登場の女子クラスが組まれている。走行ラインは去年までの3色(トライアルGP=赤、トライアル2=青、トライアル125=緑)に加え、女子トライアルGPの紫と、セクション内を自由に走れる女子トライアル2を加えて5つとなった。オブザーバーの採点もライダーごとにちがう視点で行なう必要があったり、なによりセクション作りは昨年までの比ではないほどにたいへんになっている。

女子トライアル2は、見ていてもほのぼのするセクション設定だが、それでも難所のポイントはきちんと用意されている。なにより参戦しているまだ成長過程の女子たちの勝負に対する執念は、さすがに狩猟民族と思わせる(今回は、狩猟民族のほかは、中国から一人、台湾から一人、そして日本勢が参戦している)。日本勢は、小玉絵里加が1点、寺田智恵子が3点で12位と14位。寺田がこのセクションを3回とも3点で抜けたのはそれなりにすごかった。

そして女子トライアル2のほか、すべてのクラスのライダーが、スピードを競う予選ライディングが抜群にうまくなっている。ていねいにラインを選びながらマシンを運び、両輪を細かく振ってラインを修正するような、トライアル的な走りとは一変、一発でラインを決めて一気に障害を越える、越えながらフローティングターンを決めて次のポイントに向かうなど、スピーディなライディングが次々に披露される。予選システムになれていない日本勢がおいそれとマスターできるものでもなく、多くの日本勢は今まで通りのトライアル的ライディングでクリーンを狙う作戦をとった者が多かった。

125のトップはスペインのパブロ・スアレス、日本の磯谷郁は13位、宮澤陽斗は素晴らしい走りを見せたが、残り30cmのところで転倒、最下位の18位となった。

125クラス、パブロ・スアレス125ヨセントップノパブロ・スアレス

トライアル2、一発を狙ってクラッシュに終わった斎藤晶夫には、自分のトライを終えて見物に回っていた外国勢のライダー・マインダーからも拍手が上がっていたが、きっちり結果を出したのは吉良祐哉だった。吉良はトライアル2の7番手のタイムをたたき出して、日本勢のトップとなった。

トライアル2の吉良祐哉トライアル2、日本勢トップの吉良祐哉

柴田暁、藤原慎也もスピードに乗った走りを見せていたが、それでも外国勢には太刀打ちできず、明日のスタートは日本勢がそろって早めのスタートを切ることになった。

予選1位のサンドラ・ゴメス女子トライアルGPトップのサンドラ・ゴメス

125、女子トライアルGPでは、スペインのサンドラ・ゴメスがトップタイムをマーク、チャンピオン、エマ・ブリストが2位となった。昨年最終戦で3位となり、今年からモンテッサに乗るテレッサ・バウムは1点をついて予選7位。

予選のエマ・ブリストチャンピオン、エマ・ブリストは予選2位となった

練習やQ1では本来の走りができずに苦しんでいた西村亜弥が、Q2ではしっかりクリーンをして6位になった。

GPクラスを走る西村亜弥西村亜弥は予選6番手を得た。

そしてトライアルGP、開幕戦スペインGP予選でもトップだったハイメ・ブストがここでも素晴らしい走りでぶっちぎり。2位に3秒近い差をつけてのトップタイムだった。

予選のハイメ・ブストぶっちぎりで速かったのはハイメ・ブスト

トニー・ボウは丸太をクィックにターンする際にミスをして、減点1。トライアルGPでは減点をしたライダーが少なく、停止をとられたジェロニ・ファハルドが5点で最下位、一番スタートとなった。小川友幸が1点で2番手、ボウが3番手、4番手に野崎史高、5番手黒山健一、そして足はつかなかったが丸太越えの手前で失速した藤波貴久が6番手スタート(予選10位)。お客さんにとっては、予選システムの妙のおかげで、決勝はスタート順をよく研究して追いかけないといけなくなった。

予選のトニー・ボウボウは予選失敗、2番手スタートとなってしまった

決勝のスタートは、予選結果の逆順に、一番スタート(寺田智恵子)が9時スタートとなる。

予選の藤波貴久藤波はクリーン勢の最下位、6番手スタートとなる
18-R2-QUAL1
18-R2-QUAL2

関連記事

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

2017お勉強会

6/13高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

JITSIEボディープロテクター

トライアルライディング中のアクシデントから体を守る。JITSIEが開発するトライアル専用ボディープロテクター、三谷モータースポーツより発…

ページ上部へ戻る