2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. 2017お勉強会
  10. イベント(大会)
  11. イベント(その他)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. リザルト四国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. リザルト中部
  20. リザルト東北
  21. リザルト関東
  22. MFJトライアル
  23. KLX230skidplate
  24. リザルト関東
  25. リザルト九州
  26. リザルト中国
  27. 2019.11.21

    地球温暖化?
  28. リザルト関東
  29. MFJトライアル
  30. イベント(その他)
  31. リザルト九州
  32. リザルト中国
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. MFJトライアル
  40. リザルト近畿
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. イベント(大会)
  44. 2019.10.13

    台風一過
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト関東
  49. イベント(大会)
  50. イベント(その他)
  51. MFJトライアル
  52. 2017TDN
  53. トライアル・デ・ナシオン
  54. リザルト関東
  55. リザルト東北
  56. リザルト中国
  57. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生スコルパ

2010Scorpa

 イタリアの伝統的で著名なモーターショー、ミラノショーに、再建なったスコルパマシンが登場した。
 ご覧の通り、2ストロークのスコルパは、従来のSY250Rとほとんど同じフォルムを持っている。しかしよく見るとそのちがい(進化?)は明らか。エンジンがシェルコ2ストロークのものになっている。
 しかしこの写真の隠れたトピックは、その後方に鎮座している4ストロークマシンだ。こちらはヤマハ125ではないか!
Photo:Alifredi Pupi (Thanks!)


 しかしなんという変わり身の早さだろう。ついこの前、倒産が伝えられ、ついこの前シェルコによる救済(買収?)が伝えられたというのに、もう新しいパッケージのニューマシンが世に出ている。
 量産体制ができているかどうかはさておいてのショーモデルだから、小回りの利くヨーロッパメーカーにとってはお手の物なのかもしれないが、それにしても素早い。

2010ScorpaSR280R

 ヤマハ製TY250Zエンジンを積んだSY250Rは、SR280Rと称されて再登場した。ヤマハのエンジンを下ろしてシェルコエンジンを積んだというかっこうだが、事実としてはヤマハがTYZのエンジンの生産を完全にやめてしまって、供給ができなくなっていたから、必然の結果のエンジン変更でもある(スコルパがそのまま存続していたら、2ストロークのスコルパはどうなっていたか興味あるところ)。
 スコルパの操縦性とシェルコの操縦性は、どちらもトライアルマシンの中にあっても独特なもので(といっても、どちらも一級の操縦性をもつという点では変わらない)どちらにもファンはいたから、同じエンジンで二つのフレームというのは、それなりに意義があることだ。このスタイリッシュなタンクのフォルムが存続されるということだけでも、なんだかうれしい。
 エンジンが変わったことで、リヤショックの位置は変更を受けているという。詳細は不明。
 このマシンの後ろ側に位置しているのは、ロングライドバージョンだ。スコルパはシートと大容量タンクのロングライドをラインナップした唯一のメーカーだったが、このコンセプトは新生スコルパもそのまま受け継ぐことになるようだ。
 さて、イタリアからの一報によると、4ストロークのいくつかはヤマハ製エンジンを搭載とあった。いくつかというのがよくわからないが、従来はTY-S125F、SY125F、SY200F、SY250F、そしてロングライドバージョンがあった。そのうちのどれが継続して生産されるのかは、現時点ではいまだ明らかではない。ただし、写真の3台目のスコルパは、TY-S125Fのエンジンを搭載し(排気量は不明)、シートは装備していない。このマシンが展示されるということは、日本で売れ線(そしてバックオーダーがたっぷりある)TY-S125Fが、再び生産ラインに乗って、日本にやって来るという希望が現実のものになる可能性は大だ。こちらも、詳細はいまだ不明です。
 青からオレンジにイメージチェンジのスコルパの今後にご注目あれ。
 

関連記事

4月の全日本開幕戦は中止

全日本選手権第1戦近畿大会は4月12日に開催が予定されていたが、中止となった。 (さらに…)…

YAMAHA セロー250/トリッカー 520チェーンサイズコンバートシリーズ

ぱわあくらふとより、YAMAHA セロー250/トリッカー 520チェーンサイズコンバートシリーズが発売されました。ノーマル480サイズのチ…

HONDA TLR用ワイドステップにピンタイプ登場!

アベ精工より、HONDA TLR200/TL125用ピンタイプのワイドステップが発売されました。 (さらに…)…

5/5高田島庭先コンペティション

5月5日(火曜日・こどもの日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

YAMAHA セロー・トリッカー用アンダーガード&チェーンテンショナー

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用、最強アンダーガードとチェーンテンショナーキットが発売されました。トライアルマシン…

イベント(大会)

3.29ど・ビギナートライアル第1戦と2020年開催予定

こんにちは!栃木の山内です。 今年も昨年度同様 年4回開催予定です。 皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに&hellip…

イベント(大会)

3/15あしたかTT開催

第4回 あしたかツインショック トライアル大会のお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

5/17はちトラミーティング

10年目を迎えた「はちトラミーティング」、2020年の日程が決まりましたので、お知らせいたします。 (さらに…)…

TOM’Sエアフィルタークリーナー

京都のトライアルショップTOM'Sより、オリジナルのエアフィルタークリーナーが発売されました。 (さらに…)…

ハードエンデューロ用!HONDA CRF125F用スキッドプレート

「ぱわあくらふと」より、HONDA CRF125F用のRikizoh スキッドプレート TUFFが発売されました。ハードエンデューロ用の頑丈…

ページ上部へ戻る