2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生スコルパ

2010Scorpa

 イタリアの伝統的で著名なモーターショー、ミラノショーに、再建なったスコルパマシンが登場した。
 ご覧の通り、2ストロークのスコルパは、従来のSY250Rとほとんど同じフォルムを持っている。しかしよく見るとそのちがい(進化?)は明らか。エンジンがシェルコ2ストロークのものになっている。
 しかしこの写真の隠れたトピックは、その後方に鎮座している4ストロークマシンだ。こちらはヤマハ125ではないか!
Photo:Alifredi Pupi (Thanks!)


 しかしなんという変わり身の早さだろう。ついこの前、倒産が伝えられ、ついこの前シェルコによる救済(買収?)が伝えられたというのに、もう新しいパッケージのニューマシンが世に出ている。
 量産体制ができているかどうかはさておいてのショーモデルだから、小回りの利くヨーロッパメーカーにとってはお手の物なのかもしれないが、それにしても素早い。

2010ScorpaSR280R

 ヤマハ製TY250Zエンジンを積んだSY250Rは、SR280Rと称されて再登場した。ヤマハのエンジンを下ろしてシェルコエンジンを積んだというかっこうだが、事実としてはヤマハがTYZのエンジンの生産を完全にやめてしまって、供給ができなくなっていたから、必然の結果のエンジン変更でもある(スコルパがそのまま存続していたら、2ストロークのスコルパはどうなっていたか興味あるところ)。
 スコルパの操縦性とシェルコの操縦性は、どちらもトライアルマシンの中にあっても独特なもので(といっても、どちらも一級の操縦性をもつという点では変わらない)どちらにもファンはいたから、同じエンジンで二つのフレームというのは、それなりに意義があることだ。このスタイリッシュなタンクのフォルムが存続されるということだけでも、なんだかうれしい。
 エンジンが変わったことで、リヤショックの位置は変更を受けているという。詳細は不明。
 このマシンの後ろ側に位置しているのは、ロングライドバージョンだ。スコルパはシートと大容量タンクのロングライドをラインナップした唯一のメーカーだったが、このコンセプトは新生スコルパもそのまま受け継ぐことになるようだ。
 さて、イタリアからの一報によると、4ストロークのいくつかはヤマハ製エンジンを搭載とあった。いくつかというのがよくわからないが、従来はTY-S125F、SY125F、SY200F、SY250F、そしてロングライドバージョンがあった。そのうちのどれが継続して生産されるのかは、現時点ではいまだ明らかではない。ただし、写真の3台目のスコルパは、TY-S125Fのエンジンを搭載し(排気量は不明)、シートは装備していない。このマシンが展示されるということは、日本で売れ線(そしてバックオーダーがたっぷりある)TY-S125Fが、再び生産ラインに乗って、日本にやって来るという希望が現実のものになる可能性は大だ。こちらも、詳細はいまだ不明です。
 青からオレンジにイメージチェンジのスコルパの今後にご注目あれ。
 

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る