2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、アンドラで99勝目

毎年恒例のアンドラ大会。ピレネー山脈山中の小さな国アンドラは、いまやトニー・ボウが住む国でもある。その第二のホームGPともいえるアンドラ大会で、ボウが勝利。わずか2点差の勝利だったが、これでドギー・ランプキンの記録に並ぶ、世界選手権99勝目をマークした。

2018アンドラ表彰式

ほんとなら(というか関係者を始め、多くの日本人の皆さんが期待していたのは)、日本GPでパーフェクト勝利を果たして、日本GPの2日目にトニー・ボウ100勝新記録達成のお祝いがあったはずなのだが、なぜか日本GPのボウは不調。両日ともに勝利を逃し、勝利記録は98勝のまま、アンドラの自宅に戻ることになった。

2018アンドラのボウ

そして日本GPから2週間のアンドラGP。ここは標高が1600メートル以上と高く空気が薄い。燃料の大半を空気に頼っているガソリンエンジンには苦手なパターンで、特にぎりぎりまで性能を煮詰めているホンダのファクトリーエンジンには厳しいシチュエーションなのだが、そこはトニー・ボウ。アルベルト・カベスタニーに追いつめられて、ぎりぎりの勝利ではあったが、きっちり勝利を得た。

2018アンドラのカベスタニー

アンドラでボウを追いつめたのは、今シーズンからベータのライダーとなったカベスタニー。ベータにはジェイムス・ダビルもいて、カベスタニーは2017年ランキング的にダビルに次ぐポジションでもあるが、まだまだ上位に入る破壊力はカベスタニーに分があるようだ。

2018アンドラのファハルド

3位にジェロニ・ファハルド。ファハルドの初優勝もアンドラだったから、ここは得意な会場なのかもしれないが、今年のファハルドは今までとはちょっとちがう感じがする。破天荒な後輩、ハイメ・ブストとのチームで、先輩にしてランキングはブストに準じるという微妙なポジションだが、これがいい結果につながっているのだろうか。

2018アンドラの藤波

さて、今回なんとも衝撃の順位となってしまったのが藤波貴久だった。藤波は日本GPの日曜日からマシンと自分との一体感のなさに悩んでいる。それが関係も解決に至らず。去年までなら、いくら不調でも6位あたりまで落ちるのがせいぜいだったが、今年は中堅ライバルの成長が著しく、ちょっと調子を崩すとここまで落ちてしまうというのが今のトライアルGPだ。

しかも藤波は、申告5点の方法が規則通りでないということで、ペナルティまでもらっている。今年はパンチカードを持たず、すべてタブレット端末への入力が結果を集計する。申告5点の際にはライダーがここに持っているIDカードを端末にかざして個人情報を明示する必要があるのだが、藤波はIDカードをマシンを持たずに下見がてら出口のオブザーバーのところまでいって、申告5点を決め、カードを提示せずに申告5点をお願いしたという。オブザーバーの了解は得ていたというが、規則違反は規則違反ということになった。不運ともいえるが、順位を争っていたフランツ・カドレック、アレックス・フェレールも同じように申告5点をして同じようにペナルティをとっているから、その点ではハンディにはならなかったことになる。

2018アンドラ

18-R3-TGP

2018アンドラT2表彰式

トライアル2では、やはりマテオ・グラタローラがアタマひとつリードしている。グラタローラはスポンサーとチームの意向でこのクラスに出場しているというが、GPクラスでは6位に入れば大金星というレベルのライダーだったのだが、そのグラタローラもT2を走ると勝って当然のライダーとなるわけだ。

なおこの大会、女子クラスチャンピオンのエマ・ブリストが参戦、最下位ではなく善戦したが、やはりT2クラスのレベルは高かった。過去、イリス・クラマーが125ccにゲスト参戦したこともあったが、やはりスコア的には参加するのに意義があるというレベルだった。男子に混ざって戦えていたライア・サンツは、やはり別格だったのだと、あらためて思う。

18-R3-T2

2018アンドラ125表彰式

125はビリー・グリーンが勝利。ランキング2位に15点差と、タイトル争いも一歩リードしている。

18-R3-T125

2018アンドラ予選

アンドラの予選はこんなところでおこなわれた。ほぼ例年、アンドラのパドックはこのエリアにあるが、ホテルやレストラン、スーパーなどのすぐ隣の駐車場スペースが舞台。世界選手権は、こんなふうに町の真ん中で開催することが多いのだ。

18-R3-QUAL1
18-R3-QUAL2

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る