2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、100勝の新記録達成

6月24日ポルトガルGP。トライアルGPの記録がひとつ塗り変わった。トニー・ボウが世界選手権100勝を達成。トニー・ボウが、最多勝利を持つ男になった。

アンドラに続いて2連勝。今回のボウは、アンドラでの辛勝に対して、ダブルスコアでの勝利を果たした。セクションは高さのある設定で難度が高かったが、ボウは1ラップ目にたったの1点で回ってきて、その実力差を明らかにしている。

100勝目。これまで最多勝利を誇っていたのは99勝のドギー・ランプキン。しかしランプキンは、2006年のフランスGPでの勝利を最後に、ついに100勝には及ばなかった。

18R4ポルトガルのボウ

ボウは2006年スペインGP、ベータでの初勝利以来、足かけ13年間を費やして100勝をマークした。ちなみにランプキンは1994年イギリスGPでの初勝利から2006年まで、やはり13年間を要して99勝を得た。どちらも母国GPで初勝利を得ているのはおもしろい。ランプキンは259試合に出場、ボウの100勝はちょうど200試合目。ボウの勝率は50%! ちなみにランプキンは38%(ランプキンについては引退記事を書いてました。こちら->https://www.shizenyama.com/trialnews/world/456

ちなみにトライアルGPの勝率をざっと調べると、2位はランプキンではなくジョルディ・タレスの39%、ランプキンはタレスに次ぐ勝率で、エディ・ルジャーン27%、アダム・ラガ18%、藤波10%などとなっている。

18R4ポルトガル、ボウ100勝

今回は、予選トップもボウ。ブストが素晴らしい走りで好タイムをマークしていたところ、最後の最後にトライしたボウが、ブストの神業を越える走りを披露して予選トップをもぎ取った。

2位はブスト。そして3位には藤波が入った。藤波の予選3位はこれが初めて。リスクを抑えて足をつかないように走った結果、今回はミスをするライダーが多く、この結果が得られたというが、決勝に期待ができる予選結果だった。

18R4ポルトガルの藤波

ところが決勝の藤波は、まだ本調子にはほど遠い。ボウが1点で回ってきた1ラップ目、藤波の減点は40点にもなった。この時点の順位は11位だ。とはいえ、1ラップ目はラガも39点。この日のラガは好調とはいえなかったが、最後には5位まで浮上しているから、藤波も2ラップ目にもう少し挽回するチャンスはあったのだが、8位まで浮上したところで試合終了となった。藤波自身の調子が上がらないというところもあるが、ライバルの層が厚くなっていることもあり、それはラガの成績がいまひとつなところも同様かと思われる。

18R4ポルトガルのファハルド

今回の2位はジェロニ・ファハルド。一時はボウにランキングで2点差まで迫ったファハルドだが、この2戦のボウの2連勝で、ポイント差は10点まで広がった。それでも、今シーズンは2位から始まって9年ぶりの勝利、そして3位、2位。5戦中4戦で表彰台に上がる好調ぶりを示している。現実問題として、ボウとタイトル争いをするのはちょっとむずかしそうだが、ファハルドがブストとランキング2位争いをしていくのは、どうやらまちがいないようだ。

18R4ポルトガルのブスト

日本GPでファハルドと同点となり、ボウに2点差のランキング2位となったブストだが、4位、3位となってやはりボウにはタイトル争いで逃げられそうな気配だ。それでもランキング2位のファハルドとは4点差。ランキング5位のラガには早くも11点差をつけている。ブストは2017年にランキング3位を獲得しているから、このままでは現状維持。伸び盛りの若手としては、ランキング2位を目指したいところだ。

今回はボウが9点、ファハルド21点、ブスト31点と、1位から3位まではほぼ10点ずつの差で並んだ。4位のアルベルト・カベスタニーが39点で、ここまではなんとか接戦だが、5位のラガは62点と、4位と5位の間には大差が生まれている。

18R4ポルトガル表彰式

18-R4-TGP-2

18R4ポルトガルT2表彰式

18-R4-T2

18R4ポルトガル125表彰式

18-R4-T125
18-R4-Q1
18-R4-Q2

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る