2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ、100勝の新記録達成

6月24日ポルトガルGP。トライアルGPの記録がひとつ塗り変わった。トニー・ボウが世界選手権100勝を達成。トニー・ボウが、最多勝利を持つ男になった。

アンドラに続いて2連勝。今回のボウは、アンドラでの辛勝に対して、ダブルスコアでの勝利を果たした。セクションは高さのある設定で難度が高かったが、ボウは1ラップ目にたったの1点で回ってきて、その実力差を明らかにしている。

100勝目。これまで最多勝利を誇っていたのは99勝のドギー・ランプキン。しかしランプキンは、2006年のフランスGPでの勝利を最後に、ついに100勝には及ばなかった。

18R4ポルトガルのボウ

ボウは2006年スペインGP、ベータでの初勝利以来、足かけ13年間を費やして100勝をマークした。ちなみにランプキンは1994年イギリスGPでの初勝利から2006年まで、やはり13年間を要して99勝を得た。どちらも母国GPで初勝利を得ているのはおもしろい。ランプキンは259試合に出場、ボウの100勝はちょうど200試合目。ボウの勝率は50%! ちなみにランプキンは38%(ランプキンについては引退記事を書いてました。こちら->https://www.shizenyama.com/trialnews/world/456

ちなみにトライアルGPの勝率をざっと調べると、2位はランプキンではなくジョルディ・タレスの39%、ランプキンはタレスに次ぐ勝率で、エディ・ルジャーン27%、アダム・ラガ18%、藤波10%などとなっている。

18R4ポルトガル、ボウ100勝

今回は、予選トップもボウ。ブストが素晴らしい走りで好タイムをマークしていたところ、最後の最後にトライしたボウが、ブストの神業を越える走りを披露して予選トップをもぎ取った。

2位はブスト。そして3位には藤波が入った。藤波の予選3位はこれが初めて。リスクを抑えて足をつかないように走った結果、今回はミスをするライダーが多く、この結果が得られたというが、決勝に期待ができる予選結果だった。

18R4ポルトガルの藤波

ところが決勝の藤波は、まだ本調子にはほど遠い。ボウが1点で回ってきた1ラップ目、藤波の減点は40点にもなった。この時点の順位は11位だ。とはいえ、1ラップ目はラガも39点。この日のラガは好調とはいえなかったが、最後には5位まで浮上しているから、藤波も2ラップ目にもう少し挽回するチャンスはあったのだが、8位まで浮上したところで試合終了となった。藤波自身の調子が上がらないというところもあるが、ライバルの層が厚くなっていることもあり、それはラガの成績がいまひとつなところも同様かと思われる。

18R4ポルトガルのファハルド

今回の2位はジェロニ・ファハルド。一時はボウにランキングで2点差まで迫ったファハルドだが、この2戦のボウの2連勝で、ポイント差は10点まで広がった。それでも、今シーズンは2位から始まって9年ぶりの勝利、そして3位、2位。5戦中4戦で表彰台に上がる好調ぶりを示している。現実問題として、ボウとタイトル争いをするのはちょっとむずかしそうだが、ファハルドがブストとランキング2位争いをしていくのは、どうやらまちがいないようだ。

18R4ポルトガルのブスト

日本GPでファハルドと同点となり、ボウに2点差のランキング2位となったブストだが、4位、3位となってやはりボウにはタイトル争いで逃げられそうな気配だ。それでもランキング2位のファハルドとは4点差。ランキング5位のラガには早くも11点差をつけている。ブストは2017年にランキング3位を獲得しているから、このままでは現状維持。伸び盛りの若手としては、ランキング2位を目指したいところだ。

今回はボウが9点、ファハルド21点、ブスト31点と、1位から3位まではほぼ10点ずつの差で並んだ。4位のアルベルト・カベスタニーが39点で、ここまではなんとか接戦だが、5位のラガは62点と、4位と5位の間には大差が生まれている。

18R4ポルトガル表彰式

18-R4-TGP-2

18R4ポルトガルT2表彰式

18-R4-T2

18R4ポルトガル125表彰式

18-R4-T125
18-R4-Q1
18-R4-Q2

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る