2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。

2017年から始まったトライアルEクラスへの出場で、今年はこのフランス大会と翌週のベルギー大会、2戦の戦いでタイトルが決定される。2位はガスガスのロリス・グビアン、3位はEMのクリストフ・ブルオンで、どちらもフランス人。EMでは成田匠も出場したが、体調不良で予選のみを走ってリタイヤとなった。

2018フランスGPの黒山ヤマハスタッフがずらりとそろったフランスGP。久々に日本の人が多いヨーロッパラウンドになった。

同じ日には北海道で全日本選手権が開催されていて、もともとなら黒山はそちらに参戦してタイトル奪還をねらうはずだったのだが、ヤマハの電動トライアルバイクの活動が急速に発展、ファクトリーチームとして世界タイトルを狙いにいくことになって、全日本は欠場。黒山とヤマハファクトリーチームにとっても大きな決断だったが、電動トライアルバイクで世界タイトルをとりにいくという命題は、TYS250Fiで全日本タイトルをとる以上の重要度があったということだ。

2018フランスGPの黒山健一華麗なライディングはTY-Eでも遺憾なく発揮。黒山健一、次はいよいよチャンピオンへ。

ライバルはロリス・グビアン(ガスガス・ヤマハ)、クリストフ・ブルオン(EM・フランス)、成田匠(EM・日本)、バスティアン・ヒェィッテ(EM・フランス)あたりになると目されていた。グビアンは昨年までGPクラスを走っていたが引退を表明していた。ブルオンは野崎史高と同期でスコルパから世界戦に参戦していたが、その後デモンストレーターとして活躍していた。成田はご存知の通り、最近ではヤマハTY-Eのプロモーション映像のライダーも務めた。ヒェィッテはEMライダーの先駆者として、フランス選手権に参戦を続けていた。いわば、筋金入りの電動ライダーというわけだ。

世界選手権のTR-Eは昨年にも組まれていた。ただし昨年2017年はたった1戦のみでタイトルが決定。初代チャンピオンはガスガスのチーム監督たるマルク・コロメ(1996年モンテッサで世界チャンピオンとなっている)だった。

TR-Eは、レギュレーションで緑色のラインを走ると決められている。緑色はTR125のセクションでもある。いま、TRGPには5つのラインがある。トップクラスのTRGPは赤ゲートを通る。難易度的にその次となるのがTR2でゲートは青。緑はその次の難易度ととなるだろうか。現在のTRGPにはWomenGPの紫、WTR2の黄色があって、5つのラインが設定される。

黒山、グビアン、ブルオン、成田はブランクの多少はあれど、いずれもTRGPを走っていたライダーで、ライダーの格としては緑のラインは簡単すぎる。ゆえに彼らの戦いが極端な神経戦となるのは容易に想像ができた。

2018フランスGP予選の黒山予選で1位となった黒山健一とヤマハTY-E

最初の予選ではグビアンが速かった。やはり予選を走り慣れたライダーには一日の長があったということだろうか。グビアンのタイムは27秒16、対して黒山はわずかに遅れて27秒37だった。しかし予選本番の2回目、黒山が安全に走って28秒12をマークすると、グビアンが最速をマークすべく気合いを入れ、その結果が5点。予選2位はブルオンで29秒台、成田は4番手で39秒台。しかし成田は頚椎に支障がある状態でのGP参戦で、予選を走ったところで翌日の出走は断念していた。

2018フランスGPの成田匠予選での成田匠。日曜日に走る姿を見ることはできなかった。

そして本番。真っ先にスタートするグビアンに対して、最後にスタートする黒山。黒山にはグビアンの点数が把握できるが、グビアンは黒山に先行して走らなければいけない。予選で失敗すると、こんなハンディが生じる。

そしてなんと、グビアンが第1セクションで3点。超神経戦が予想されるだけに、出だしのこの3点は痛かった。逆に黒山にすればなんともラッキー。油断ができないのは当然だが、いきなり3点のマージンをもらって戦うことができる。

2018フランスGPのクリストフ・ブルオン
野崎のチームメイトだった頃とは一変してファンキーなクリストフ・ブルオンとEM

ブルオン以外のその他のライダーは、黒山のライバルというのにはちょっと格がちがう感じで、オールクリーンを続けるのは黒山とブルオンの二人だけ。ブルオンが第12セクションで5点を取ると、トップは黒山のオールクリーン、2位にグビアンの3点、3位がブルオンの5点という流れになった。1ラップ目は、結局この点数のまま終了。黒山にすれば、わずか3点、されど3点の点差を守れば優勝できる。対してグビアンとブルオンは、ベストを尽くすのは当然で、その上で黒山のミスを待たなければいけない苦しい戦況となった。

2ラップ目、第4でグビアンが1点。第7で黒山も1点をつくが、まだ3点リード。ここではブルオンが5点となり、ブルオンはほぼトップ争いから脱落とみていい感じになってきた。あとは黒山とグビアンの一騎打ち、そして1点、2点をめぐる戦いだ。

黒山はその後、第11セクションで1点を失う。グビアンは第4以降はオールクリーンを続けている。しかしそのまま黒山が減点2点を守ってゴール。グビアンはがまんのトライを続けたものの、最初の3点を取り戻せず、開幕戦は黒山の勝利、グビアンの2位で終了した。

2018フランスGP表彰式左は3位のクリストフ・ブルオン、真ん中はもちろん黒山健一、右は2位のロリス・グビアン

黒山は、TREクラスチャンピオンに向けて、まず1勝。次は1週間後のベルギー。フランス大会では女子クラスが組まれていたが、ベルギーは125が組まれている。つまりフランスでは緑ゲートはTRE専用ゲートだったのだが、次は125のことも考えなければいけないゲートということになる。もしかすると、今回よりさらに難易度が下がると、今回以上にオールクリーン必須の超神経戦になる可能性はある。

2018フランスGPのロリス・グビアンまだ世界チャンピオンの望みもある、ロリス・グビアンとガスガスTXE

もしベルギーでグビアンが勝利すると、直近大会で上位の選手がランキングで上位となるレギュレーションにのっとり、グビアンが世界チャンピオンとなる。ブルオンが勝利するとまた計算がややこしいが、この場合でも、黒山とグビアンは上位につけたほうがチャンピオンとなる。つまり事実上、勝負は次のベルギー大会にかかっているということになる。

いつもの全日本大会に増して、ヤマハの期待を一身に受けて、そのプレッシャーも最高潮。黒山健一の負けられない戦いのスタートのカウントダウンは始まっている。

18R5STE

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る