2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ連勝、藤波復活の兆し

2018年7月15日、黒山健一がEクラスに出場した世界選手権第5戦フランス大会。会場はフランス・アルプスと呼ばれる山の中、標高が2000m近い山の中だった。

モーターなら標高が高くて気圧が低かろうが影響はないが、空気を燃料の一部にしているクラシックな(笑)ガソリンエンジンバイクでは、この標高はパワーダウンを伴い、苦しい戦いを強いられることになる。

18フランスのボウ(予選)

今回の開催は、TRGP、TR2、TRGPW、TR2W、そしてTREの5クラス。日本GPと並ぶ開催クラスの多さになった。日本GPでは125が組まれていたが、その代わりにTREが組まれているわけだ。

標高の高いむずかしい戦いだったが、戦況はいつもと変わらないものになった。トニー・ボウはやっぱり強く、日本GPでの足踏みはなんだったのか、世界選手権100勝の記録を打ち立て、今回はさらにその記録を更新することになった。予選もトップだし、まったく非の打ちどころがない。

1ラップ目こそ、13点と16点、2位のジェロニ・ファハルドが3点差に迫ってきていたが、2ラップ目はただ一人一桁台で回ってきてしまった。ボウの22点に対してファハルド29点。点差こそ7点差だが、その勝ちっぷりには安定感が戻ってきている。

ボウも好調だが、ファハルドも好調をキープしている。ボウを追いつめるパフォーマンスはみごと。この調子でチャンピオンシップもと期待したいところだが、ボウが安定して勝利し続けているので、ランキングポイントはじりじりと離されていっている。

2018フランスのファハルド

このファハルドから10点差、ちょっと点差は離されたが、3位にはハイメ・ブストが入った。ファハルドとブスト、今年、ガスガスの二人は好調だ。今回は、1ラップ目も2ラップ目も3位。ランキングも3位だ。ただ打倒トニー・ボウの最右翼の存在として、2017年がランキング3位だったのだから、今年はさらに上位を目指さないとかっこがつかない。ラガもカベスタニーも失速気味だから、この期に一気にボウを追いつめたいところだが、今年はファハルドに勢いを阻まれている。いっしょにガスガス復帰をした若き後輩にあっさり先を越されるでは立場がないとばかりに、今シーズンのファハルドは調子がいい。序盤はあわやランキングトップをボウから奪ってしまうかの勢いだったから、その調子よさもほんものだ。

しかし今回のハイライトは、日本人びいきを脇へ置いておいても藤波貴久の復調ではないだろうか。日本で9位、アンドラで12位となったあとのポルトガルで8位。こうなると、8位がベターといいたくなるような戦況だが、もちろん藤波はそんなところで納得するライダーではない。肩の故障もまだ完治はしていない。昨シーズンから悩んでいたマシンの方向性は、いったいは結論が出て乗り込みに励んだものの、どこに原因があるのか、マシンとの一体感を失ってしまい、成功しても失敗しても納得ができない戦いが続いていた。

2018フランスの藤波

藤波は、これまで標高の高いGPで好結果を残すことが少ない。アンドラの12位は不運もあったが、アンドラが高地の大会であることも不振の一因だった。今回も高地の大会だ。しかし藤波のスコアは悪くない。

納得のいかない採点があったりということはあった。それでも藤波の1ラップ目の順位は3位だった。ボウ13点、ファハルド16点、藤波25点。ブストが26点、ラガが27点と藤波に僅差で迫っていたが、これまでの戦い方とはまったくちがった。ライバルとの戦い以前に、しっかりとマシンがコントロールできている。その結果がクリーンだったり、あるいは5点だったりはして、順位の変動はあるものの、それがトライアルの戦いというものだ。これまでの何戦かは、セクションとの戦い以前のところに問題をかかえてしまっていたようだ。

結果的に、藤波はブストとラガに表彰台を奪われ、5位に落ちて試合を終えた。表彰台争いをしていたのだから、この結果は残念だったが、表彰台争いに復帰ができたことが、今回の藤波のなによりの収穫だった。点数的には3位のブストに11点差だから、最後は引き離されてしまったことになる。そのあたりの問題を解決できれば、表彰台争いから再び表彰台にのることも充分に考えられる。

2018フランスの3人今シーズンは、ちょっと影が薄いアダム・ラガ(右)とアルベルト・カベスタニー(中)。左はイギリスの若手ジャック・プライス。まだ成長中。

今シーズンのタイトル争い、トップ争いはまず3人。ボウとファハルドとブストは、まず安定してトップをキープしている。4位以下は混戦だが、これは、ラガも藤波同様に今シーズンは調子を落としていて、たびたび表彰台をはずしてしまっているからだ。されど、今シーズン好調のファハルドとブストがボウにタイトル争いを挑むには、ボウの勝利をもう少し阻んでいかなければいけない。新しい流れを感じさせながらも、ボウの強さはまだまだ健在というトライアルGPだ。

2018フランスのボウ

●予選1回目

18R5QUAL1s

●予選2回目

18R5QUAL2s

●TRGP

2018フランスGP表彰式

18R5STGP

●TRGPW

2018フランスGPW表彰式

18R5STGPW

●TRE

2018フランス電動表彰式

18R5STE

●TR2

2018フランスT2表彰式

18R5ST2

●TR2W

2018フランスT2W表彰式

18R5ST2W

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る