2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TDN日本チーム、予選1位も決勝は4位

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は、9月23日、東ヨーロッパのチェコ共和国で開催された。

日本はこの2年と同じく、藤波貴久、小川友幸、黒山健一の日本ベストメンバーを代表選手としてチェコでの大会に臨んだ。

予選は藤波がタイムを出して1位、決勝は悪天候に苦しみ、しかも1ラップ目後半、時間がなくなって大量のタイムオーバーも献上、フランスに次いで4位、表彰台を逃す結果になった。

負傷、マシントラブルなど、アクシデント、ハプニング続き。そんな中、日本の誇る大ベテランはよく戦った。

2018TDNの日本チーム

予選は、今年から3名中2名が走り、よいほうのタイムをとることになった。日本は藤波と黒山が走る。藤波が出したベストタイムはまずまずで、悪くないスタートポジションが得られるのではないかと期待されたが、その後に走ったライバルチームが遅かったり失敗したり、スペインチームのエース、トニー・ボウも足をついて後退し、日本が予選トップを勝ち取った。これで決勝は最後の最後にスタートして、ライバルチームの動向をうかがいながらトライができるという特権を得た。

2018TDNの予選

決勝、天候は予報通りに雨。もともとセクションが厳しかったのに加え、雨とあってますます厳しいことになっている。日本は、なんと第1セクションから全員5点。TDNでは各セクション、上位2名の減点をチーム減点として記録する。誰かが失点しても、他の二人がクリーンなら、チームとしてはクリーンとなる。3人とも1点なら、チーム減点は2点。3人とも5点なら、チーム減点は10点になってしまう。いきなり大きなハンディを背負った日本だった。

2018TDNの黒山健一

その後はチーム減点のクリーンこそ少なかったが、なんとか点数をまとめて戦ったのだが、1ラップ目後半、今度は時間がなくなってきた。TDNでは、ライダーそれぞれにタイムコントロールがされ、タイムオーバー減点はそのすべてをトータルする。最後の最後にトライして、もともと時間が押しぎみだった日本は、なんと20分ものタイムオーバーを喫してしまった。二人が7分、ひとりが6分のタイムオーバー、という計算だ。イタリアは23分、スペインも19分のタイムオーバーを喫したのだが、日本の表彰台争いのライバルであるイギリスは9分、フランスは5分にとどめている。この場合は、スタート順が早い方が有利に働いたのかもしれない。

2018TDNの藤波貴久

減点だけなら、1ラップ目の日本は、スペインの20点、フランスの51点に続く53点。イギリスの56点に勝っていた。しかしこの僅差で、ライバルチームより10点も多いタイムオーバーは痛かった。

2ラップ目、第1は4点で押さえたが、第2で5点、さらに第4で10点、第8で10点と、フルペナルティもちらほら出てきて、苦しい戦いとなっていく。第4はイギリス、フランスもフルペナルティだが、藤波がヒザを切る負傷を負い、黒山もマシンに不調が出て、全員本調子とは言いがたい。しかし試合は進んでいく。スペインも、第13セクションでフルペナルティを叩くなど、どのチームも苦しんでいる。

そしてゴール。日本の減点は127点で、フランスの128点より好スコアだった。しかしタイムオーバーが15点よけいについているから、すべての減点をトータルすると14点差で4位に甘んじることになった。

2018TDNのトニー・ボウ

アダム・ラガさえチーム代表からはずれる世代交代の嵐の中、大ベテラン3人が代表選手として活躍し続ける日本、今回のチェコでの戦いは、不運やアクシデントの影響があったとはいえ、若手の成長をただ待っているだけでは、日本の将来に期待するのはむずかしいと痛感した2018年のTDNだった。

女子クラスはイギリスが勝利して昨年の雪辱を晴らした。2位スペイン、3位ドイツ。インターナショナルクラスは地元チェコが勝利、アメリカが2位、3位はオーストリアだった。

18-TDN-GP
18-TDN-W
18-TDN-IN
18-TDN_Q

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る