2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、2010開幕勝利

2010in1_bou

 2010年、最初の世界選手権は、イギリスのシェフィールドで開催のインドア大会だった。
 この大会、今までとはまったくちがった新しいレギュレーションで開催されたが、インドアの申し子トニー・ボウは今年も圧倒的なライディングセンスを発揮して、2位以下をよせつけずに圧勝した。
 2位は、今年からマシンを2ストロークにスイッチしたシェルコのアルベルト・カベスタニー。3位はイギリスのジェイムス・ダビル(ガスガス)が、先輩ドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)やアダム・ラガ(スペイン・ガスガス)を下して3位表彰台を得た。
 藤波貴久は最初のクォリファイで勝ち進めずに7位となっている。


 新しいレギュレーションは、こんな感じだ。
 最初に行われるのは5セクションでのクォリファイ、QX1と8人のライダーがそれぞれ対で勝敗を決するダブルレーンのTX1。
 次に3つのセクションとダブルレーンによるTX2。
 最後に4セクションによるTX3がおこなわれ,これとTX2のポイントで勝負が決せられるということになっている。
 同点の場合は、それぞれダブルレーンでタイブレークがおこなわれたりセクションでの走破タイムで順位を決めたりというその他のルールもあるが、クォリファイを含めて3ブロックの戦いをすべて勝ち残っていかなければ勝利はないというシステムとなっている。
 今回、QX1でベストパフォーマンスを示したのはボウ。オールクリーンで減点ゼロ。これに続いたのがジェロニ・ファハルド(スペイン・ベータ)の減点2,藤波貴久(日本・モンテッサ)の減点3。この3人は、クォリファイでのトップ3となり、このQX1でアレックス・ウイグ(イギリス・ベータ)とロリス・グビアン(フランス・ガスガス)のふたりが敗退を決めた。
QX1

1 Toni Bou SPA Montesa-HRC 0
2 Jeroni Fajardo SPA Beta 2
3 Takahisa Fujinami JPN Montesa-HRC 3
4 Adam Raga SPA Gas Gas 6
5 Dougie Lampkin GBR Beta 6
6 James Dabill GBR Gas Gas 9
7 Albert Cabestany SPA Sherco 13
8 Michael Brown GBR Sherco 17
Non-Qualifiers
9 Alexz Wigg GBR Beta 19
10 Loris Gubian FRA Gas Gas 25

 しかしクォリファイはあくまでクォリファイ。続くTX1からが世界選手権本番のスタートだ。
 TX1は8人のライダーによる1対1のダブルレーン。ここで勝利した4人はTX2に進出する。敗退した4人は敗者復活セクションにトライして、2名はTX2に進出、2名は敗退する。今回はマイケル・ブラウン(イギリス・シェルコ)と、なんと藤波が敗退する2名となった。ボウはダブルレーンでドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)に負けているが、敗者復活で勝ち上がって駒を進めている。
 TX2では勝ち残った6人のライダーが3つのセクションにトライする。そしてベストスコアを出した4人のライダーが最後のTX3に進出する。TX2で敗退したのはファハルドとランプキンのベータ・コンビだった。
 TX3、最後の勝負はボウとカベスタニー、ダビルとラガの4人で競われた。順当にいけばインドアチャンピオンの軽傾斜の3人が勝ち残るところだが、今回は地元イギリスの声援もあってか、ダビルが大健闘。ラガを下して表彰台を獲得した。

1 Bou 5 TX3
2 Cabestany 11 TX3
3 Dabill 15 TX3
4 Raga 15 TX3
5 Fajardo 0 TX2
6 Lampkin 5 TX2
7 Fujinami 2 TX1
8 Brown 2 TX1

 藤波貴久は、好調だったクォリファイから一転して7位、その後は他のライダーが走っているのを見守るしかなかった今回からのルールに対して、不公平を感じるとコメントしている。
 ともあれ、2010年は開幕した。変化と波乱を含みながら、ボウの優位は揺るぎがないようだ。

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る