2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、2010開幕勝利

2010in1_bou

 2010年、最初の世界選手権は、イギリスのシェフィールドで開催のインドア大会だった。
 この大会、今までとはまったくちがった新しいレギュレーションで開催されたが、インドアの申し子トニー・ボウは今年も圧倒的なライディングセンスを発揮して、2位以下をよせつけずに圧勝した。
 2位は、今年からマシンを2ストロークにスイッチしたシェルコのアルベルト・カベスタニー。3位はイギリスのジェイムス・ダビル(ガスガス)が、先輩ドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)やアダム・ラガ(スペイン・ガスガス)を下して3位表彰台を得た。
 藤波貴久は最初のクォリファイで勝ち進めずに7位となっている。


 新しいレギュレーションは、こんな感じだ。
 最初に行われるのは5セクションでのクォリファイ、QX1と8人のライダーがそれぞれ対で勝敗を決するダブルレーンのTX1。
 次に3つのセクションとダブルレーンによるTX2。
 最後に4セクションによるTX3がおこなわれ,これとTX2のポイントで勝負が決せられるということになっている。
 同点の場合は、それぞれダブルレーンでタイブレークがおこなわれたりセクションでの走破タイムで順位を決めたりというその他のルールもあるが、クォリファイを含めて3ブロックの戦いをすべて勝ち残っていかなければ勝利はないというシステムとなっている。
 今回、QX1でベストパフォーマンスを示したのはボウ。オールクリーンで減点ゼロ。これに続いたのがジェロニ・ファハルド(スペイン・ベータ)の減点2,藤波貴久(日本・モンテッサ)の減点3。この3人は、クォリファイでのトップ3となり、このQX1でアレックス・ウイグ(イギリス・ベータ)とロリス・グビアン(フランス・ガスガス)のふたりが敗退を決めた。
QX1

1 Toni Bou SPA Montesa-HRC 0
2 Jeroni Fajardo SPA Beta 2
3 Takahisa Fujinami JPN Montesa-HRC 3
4 Adam Raga SPA Gas Gas 6
5 Dougie Lampkin GBR Beta 6
6 James Dabill GBR Gas Gas 9
7 Albert Cabestany SPA Sherco 13
8 Michael Brown GBR Sherco 17
Non-Qualifiers
9 Alexz Wigg GBR Beta 19
10 Loris Gubian FRA Gas Gas 25

 しかしクォリファイはあくまでクォリファイ。続くTX1からが世界選手権本番のスタートだ。
 TX1は8人のライダーによる1対1のダブルレーン。ここで勝利した4人はTX2に進出する。敗退した4人は敗者復活セクションにトライして、2名はTX2に進出、2名は敗退する。今回はマイケル・ブラウン(イギリス・シェルコ)と、なんと藤波が敗退する2名となった。ボウはダブルレーンでドギー・ランプキン(イギリス・ベータ)に負けているが、敗者復活で勝ち上がって駒を進めている。
 TX2では勝ち残った6人のライダーが3つのセクションにトライする。そしてベストスコアを出した4人のライダーが最後のTX3に進出する。TX2で敗退したのはファハルドとランプキンのベータ・コンビだった。
 TX3、最後の勝負はボウとカベスタニー、ダビルとラガの4人で競われた。順当にいけばインドアチャンピオンの軽傾斜の3人が勝ち残るところだが、今回は地元イギリスの声援もあってか、ダビルが大健闘。ラガを下して表彰台を獲得した。

1 Bou 5 TX3
2 Cabestany 11 TX3
3 Dabill 15 TX3
4 Raga 15 TX3
5 Fajardo 0 TX2
6 Lampkin 5 TX2
7 Fujinami 2 TX1
8 Brown 2 TX1

 藤波貴久は、好調だったクォリファイから一転して7位、その後は他のライダーが走っているのを見守るしかなかった今回からのルールに対して、不公平を感じるとコメントしている。
 ともあれ、2010年は開幕した。変化と波乱を含みながら、ボウの優位は揺るぎがないようだ。

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る