2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2019年のシェフィールドインドア

1月6日、2019年最初の国際大会が開催された。イギリス、シェフィールドでの伝統のインドアトライアル。世界選手権ではないが、2019年の幕開けだ。

シェフィールドは、イギリスのヨークシャーの大都市。毎年、1月のお正月(向こうにはお正月という概念はないが)のこの時期にインドア大会を開催している。

シェフィールドから真西に50kmほどいくと、ビートルズの故郷であるリバプールに着くが、西ではなく北に同じくらいいくと、シルスデンという小さな町がある。ここが、ドギー・ランプキンをはじめとする、イギリスのトライアルライダーの多くにとって、聖地ともいえるところだ。

ドギーはアウトドアで7回、インドアで5回、合わせて12回の世界チャンピオンだが、父親のマーチン(故人)も世界チャンピオン。SSDTに関してはドギーが12回、マーチンが3回、マーチンの兄弟のアランとアーサーが1回ずつ、ランプキン家で17回のSSDT制覇記録がある。日本とちがって、イギリス人にとってのトライアルは相撲やゴルフみたいなもんだから、ランプキン一家を生んだシルスデンは聖地扱いにもなり、その近隣の大都市シルスデンのインドアトライアルもまた、イギリスの一大イベントとして続けられている。その名も、ザ・マーチン・ランプキン・トライアルと銘打たれている。2016年に亡くなったマーチンは世界チャンピオンであるばかりでなく、ドギーの育ての親として、またシェフィールド大会のセクションコーディネーターとして、イギリストライアルの発見に大きな痕跡を残している。

ごめんなさい。ランプキン家については本題ではありませんでした。そういうわけで、シルスデンのインドアトライアル。

以前は世界選手権に1戦に組み込まれていたけれど、世界選手権となると権利関係やらも働くし、世界選手権のしくみに合わせなければいけない、などなどで、世界選手権とはのれんをわけてシェフィールド独自の運営が続けられている。たとえばXトライアルではアンダーガードの接地は厳格に減点(1点)となるが、シェフィールドでは昔ながらにフリーとなっている。

Screenshot of www.trialworld.es

出場したのは8名。トニー・ボウ、ハイメ・ブスト、アダム・ラガ、ジェイムス・ダビル、ホルヘ・カサレス、ジャック・プライス、トビィ・マーチン、ジャック・ピース(2018年アウトドアのランキング順)。ボウ=モンテッサ、ブスト=ガスガス、ラガ=TRRS、ダビル=ベータ、カサレス=ヴェルティゴ、プライス=ベータの6名のマシンは昨年同様だが、TR2出身のふたり、マーチンはベータ、ピースはシェルコに乗り換えている。

紹介した二つのWEBサイトは、イギリスのトライアルマガジンの写真ギャラリーはイギリス人が中心だし、スペインのトライアルワールドが紹介している動画はボウとラガの一騎打ちばかりで、2位となったブストのものがないけれど、シェフィールドの雰囲気を見ることはできる。

12月初めにツインリンクもてぎで肋骨を追ったトニー・ボウも、ここでは実力発揮で走っているように見える。まだ痛みとかはあるにしても、負傷後1ヶ月弱を経過して、勝負に勝利するについては問題がなさそうだ。

世界選手権のXトライアル開幕戦は1月20日、ハンガリーの首都ブタペストで開催される。Xトライアルの出場者は9名。

ノミネートライダーは5名で、トニー・ボウ、アダム・ラガ、ハイメ・ブスト、ブノア・ビンカス(2019年からベータに乗り換えている)、ミケル・ジェラベルト(シェルコ)。

ブタペスト大会のワイルドカードはジェロニ・ファハルド(ガスガス)、ジェイムス・ダビル(ベータ)、藤波貴久(モンテッサ)、ホルヘ・カサレス(ヴェルティゴ)の4名となっている。

Screenshot of www.trialmaguk.com

ちなみに今回の結果は、以下の通りだった。

トニー・ボウ モンテッサ 8
ハイメ・ブスト ガスガス 14
アダム・ラガ TRRS 16
ジェイムス・ダビル ベータ 17
ホルヘ・カサレス ヴェルティゴ 20
トビィ・マーチン ベータ 21
ジャック・ピース シェルコ 23
ジャック・プライス ガスガス 24

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る