2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. リザルト関東
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. リザルト中国
  13. リザルト中部
  14. 自然山通信2019年3月号
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(その他)
  21. イベント(その他)
  22. イベント(大会)
  23. 2016高田島ツートラ
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(その他)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト近畿
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ホンダのレース体制発表に見る2019年のトライアル

1月11日、ホンダが2019年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を発表した。トライアルも、もちろんホンダのレース活動の重要な一部門、活動計画には、2チーム3名のライダーが含まれている。

2019ホンダレース活動発表東京オートサロン2019にて、2019ホンダレース活動の発表会

ホンダがモータースポーツの世界制覇を目指してマン島TTレース参戦を開始したのは1959年だった。それから数えて、今年は60年目となる。2輪はモトGPをはじめ、ロード、モトクロス、トライアル、4輪もF1からツーリングカー、そして若手育成プログラムまで、ホンダのモータースポーツ計画は幅広い。

この中で、トライアルについては基本的には昨年同様、レプソル・ホンダ・チームからトニー・ボウと藤波貴久の二人が世界選手権を戦い、小川友幸が全日本選手権を戦う旨が発表されている。

参戦計画をよく見ると、レプソルチームの二人については2018年と変わりないが(残念ながら、藤波のゼッケンの数字がひとつ大きくなっている。しかし、将来的な日常生活にも支障をきたすやもしれない負傷を負いながら得た成果は、称賛に値もする)、小川友幸については、チーム名がこれまでとは異なっている。

これまで小川のチームは、HRCクラブMITANIだった。HRCクラブは、全国のHRCショップによるサポートチームで、ホンダに乗るライダーはHRCクラブで始まるチームに所属している者が多い。これが、今年は「チーム・ミタニ・ホンダ」となった。ライダーとしての小川の契約はHRCテストライダーで、そのマシンは市販車(ワークスマシンではない扱い)となっている。しかしその実、6連覇した全日本選手権では、2013年の序盤の2戦をのぞいて小川がファクトリーマシンに乗っているのは周知のこと。6連覇の偉業も含めて、小川のこれまでの実績、貢献度などが、大いに認められているのはまちがいない。

活動計画発表の中で、全日本選手権では2017年以来の全日本三大タイトル制覇への意欲が語られている。小川の7連覇への期待も、高まっている。

2019レプソルチーム参戦計画こちら、2018年11月、ミラノショーでのレプソル・ホンダ・チームの発表会にて

ホンダレーシングの2019年活動計画

【トライアル】
FIMトライアル世界選手権(TrialGP)
チーム名 マシン No ライダー 年齢 出身地 2018年戦績
Repsol Honda Team
(レプソル・ホンダ・チーム)
COTA 4RT
1 Toni Bou
(トニー・ボウ)
32 スペイン TrialGP
チャンピオン
6 藤波 貴久
(フジナミ・タカヒサ)
38 日本 TrialGP
6位
MFJ全日本トライアル選手権(JTR)
チーム名 マシン No ライダー 年齢 出身地 2018年戦績
TEAM MITANI Honda
(チーム・ミタニ・ホンダ)
RTL300R 1 小川 友幸
(オガワ・トモユキ)
42 三重県 IAS
チャンピオン
★印はワークスチーム、ワークスマシン、HRC契約ライダー
※印はHRCの契約テストライダー

関連記事

2019アウトドア世界選手権開幕前夜
トニー・ボウ・インタビュー

今週末、いよいよ2019年世界選手権がスタートする。会場はイタリア。この2年、最終戦として組まれていた会場が、今年は開幕戦となっている。 …

2回目のCity Trial、野崎史高が勝利

街中でトライアルを楽しんでもらう。こんなコンセプトで去年初開催されたCity Trial Japanが、今年も開催、大盛況となった。 …

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。 (さらに&…

2019第2戦初開催の九州宮崎は
黒山健一が大逆転勝利

最後の最後、小川友幸が足を出した瞬間に、九州大会の熱い勝負は決着した。黒山健一が、2018年開幕戦以来、1年2ヶ月ぶりに勝利。開幕戦勝利の野…

イベント(大会)

8/4奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2019年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせです。 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。初心者…

2017お勉強会

6/15川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019全日本ランキング(〜第2戦九州まで)

2019年国際A級スーパー・ポイントランキング【独自集計】 順位 No. Rider R1 R2 R3 …

2019全日本選手権第2戦九州大会リザルト

2019年5月12日 宮崎県えびの市矢岳高原トライアルコース 天候:晴れ 観客数:1,400人 10セクションx2ラップ(IAS…

自然山通信5月号電子版

令和となって第1号の自然山通信ですが、元号とはあんまり関係なく、のんびり5月になってできあがりました。 5月号は全日本選手権開幕戦レポ…

自然山通信5月号発売!

令和の第一号「自然山通信5月号」はGWが終わると同時に出荷を終えました。全日本選手権開幕戦レポート、X-TRIALデ・ナシオン、大好評ほろ酔…

ページ上部へ戻る