2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

初開催ビルバオでボウ勝利。ランキングトップに

Xトライアル、2019年第3戦は、北スペインのビルバオで2月16日に開催された。ここまで2戦を終えて、ランキング1位と2位、3位と4位が同点となっていて、ランキング争いを追う興味も大きい。そしてXトライアル初開催となるビルバオで、初めての勝利を誰がもぎ取っていくかという興味も、また大きかった。

19X第3戦ビルバオのハガ初出場、ノルウェーのソンドレ・ハガ

今回のワイルドカードは、なかばレギュラーメンバー化しているジェロニ・ファハルドを筆頭に、今シーズン2度目の出場となるルカ・ペトレーラ(イタリア・ベータ)、初登場のガブリエル・マルセリ(スペイン・モンテッサ)とソンドレ・ハガ(ノルウェー・TRRS)だ。ファハルドはハイメ・ブストとランキング3位争いを展開中なので、主催者推薦枠で出場が続いている。とはいえ、出走順などはレギュラーメンバーが優先だから、ランキング3位とはいっても、ファハルドのスタート順はブノア・ビンカスやミケル・ジェラベルトより早く、3人のワイルドカードライダーの次となっている。

19X第3戦ビルバオのペトレーラ2回目の出場となるイタリア人、ルカ・ペトレーラ

今回のラウンド1(いわゆる予選)はいくぶんやさしめとなっていたようで、5セクションを走ってオール5点は一人もいなかった。それでも初登場のハガは5点が4つ、ペトレーラは5点が3つ。スペイン人のマルセリは5点を二つにおさえたが、ラウンド2に進出するライダーはみな5点一つだけ。きっちり3人がいなくなって、舞台はラウンド2に進む。

19X第3戦ビルバオのマルセリ二人目のモンテッサライダーはガブリエル・マルセリとなった

最下位となったハガが、唯一走破できたのは第1セクションだった。このセクションは、ハガ以外の多くのライダーがクリーン。ハガは1点だったが、ここで1点を失ったのが、なんとトニー・ボウ。ボウは減点3。ラウンド1はラガの2点がベストスコアとなった。

19X第3戦ビルバオのファハルドジェロニ・ファハルドは、なんと6位に終わってしまった。

ラウンド2は、ラウンド1の2位、3位、6位がヒート1で先に走る。ラウンド1の1位、4位、5位がヒート2として後から走る。ここで勝てば2位以上が自動的に決まり、2位になれば3位か4位となる。

19X第3戦ビルバオのジェラベルトいつもとカラーリングが異なるシェルコのミケル・ジェラベルト

ヒート1はボウがダントツ、2位ブスト、3位ジェラベルトと無難な感じで順位が決まった。そのあとを走ったヒート2では、ラガがボウと同点で勝利。そしてラガに2点差で2位を得たのはビンカスだった。ブストとランキング3位をあらそうファハルドは、ビンカスより10点も多い失点をして6位が決定した。ちょっと痛い。

ファイナルは、まず3位決定戦から。ビンカスとブストの争いは、ブストが勝って当然と思いきや、ビンカスの方がラウンド2でのスコアがいいので、後攻となった。この有利もあって、なんと勝利したのはビンカス。それもダブルスコアの圧勝だ。ビンカスはフランスの成長株だが、特にインドアでの好調は昨年来目立っている。

19X第3戦ビルバオのビンカス3位表彰台獲得。大金星のブノア・ビンカス

そして最後の優勝決定戦。第1セクションはふたりとも1点。第2はラガが5点、ボウがクリーン。第3は両者クリーンで、第4はラガが3点、ボウが1点。ここまで、ラガが9点、ボウが2点。戦況はボウのワンサイドゲームかと思えたが、第5でラガが5点。ボウがクリーンしたので、これで7点と9点。ボウのリードは2点に縮まって、最終第6セクションで勝負が決まることになった。ボウ3点、ラガクリーンなら、ラガの逆転勝利となる。最後の最後まで勝負の行方が見えないビルバオ大会となったが、最終セクションは両者ともにクリーン。これでボウの勝利が決まった。

19X第3戦ビルバオのラガ今回は2位。しかし今年のラガは調子を戻している。

ランキングテーブルは、ボウが5点差でトップに返り咲き、ランキング3位は、こちらもブストが5点リードでファハルドを少し突き放した。ファハルドはランキング4位を守ったが、ビンカスに1点差迄迫られている。

19X第3戦ビルバオのブスト表彰台には上がれず。しかしランキング3位争いはリードしたハイメ・ブスト
19X第3戦ビルバオのボウぎりぎりの勝利でランキングトップを奪取したトニー・ボウ
1902Bilbao

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る