2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2019年のFIMスケジュール(改訂版)

2019年の世界選手権スケジュールがあらためて発表になっている。通常、前年のうちに発表になっているものだが、今年は政治的な事情があって、最終決定が遅れていたものだ。

昨年末に発表になっていたのは自然山WEBでも紹介している。

その後、2年間、世界選手権のプロモーターを担当したスポーツ7がこの任を退き、プロモーションは元通りFIMが直々にやることになった関係で、カレンダー調整はいったん白紙に戻っていた。ただし大会運営も含め、大幅な変化はないだろうというアナウンスもあったので、スケジュール調整も小規模になると思われていた。

ラウンド 開催国 開催クラス
GP GPW TR2 TR2W 125 E
1 5 25-26 イタリア
2 6 7-9※ 日本
3 22-23 オランダ
4 29-30 ベルギー
5 7 13-14 ポルトガル
6 20-21 フランス
7 8-9 31-1 イギリス
7 9 21-22 スペイン
TDN 28-29 スペイン World Women Inter
※日本のみ、土曜日・日曜日の2日間での開催
変更は赤字、中止は横消線

大きな変化は、イギリス大会がなくなったこと。スポーツ7はイギリスの会社だから、今回スポーツ7がFIMのプロモーションからはずれたことと影響があるんじゃないか、なんて勘ぐりもあるが、もともとイギリス大会は開催場所などが未定となっていたから、その調整がつかなかったのかもしれない。

イギリス大会はエレクトリッククラス以外の5クラスの開催となっていた。全戦で開催となっているGPとT2はともかく、他のクラスはイギリス大会がなくなると開催数が少なくなりすぎるので、これを他の大会に振り分ける調整が行われたと思われる。

日本は、昨年同様に5クラスの開催を要望していたのだが、FIM側が4クラスを提案。女子T2は今年は開催されないことになった。女子T2は他のクラスに比べてプロフェショナルドが薄いから、遠い日本への遠征を負担とするエントラント(ライダーは日本に来たがっているという話もある)が多いのが理由となったらしい。日本の女子にちょうどいいレベルのT2が開催されないのはちょっと残念だが、日本側も女子T2の扱いは冷たかったという反省も必要かもしれない。

開催クラスが最も多いのはフランスで5クラス、開幕戦のイタリアが3クラスで、その他の日本、オランダ、ベルギー、ポルトガル、スペインは4クラス開催となる。ヨーロッパ大陸を離れるのは、日本大会だけとなった。

その他、最初にスケジュールが発表になったときには見落としていたけど、トライアル・デ・ナシオンの開催日が変更になった。当初は土曜日の開催になっていたけど、これがまちがいなのか、宗教とか観光産業からの要望でそうなっていたのかはわからないが、これがふつうに日曜日開催となった。

正式発表はないが、大会前日に予選があって、予選順によって決勝のスタート順が決まること、採点入力をタブレットで行うことなどは、今年もこのまま継続されるということで、システムのメンテナンスなどがどうなるかは不明なれど、リアルタイム速報などもそのまま継続されるものと思われる。

全日本選手権関東大会と世界選手権オランダ大会がバッティングしているのは同じ。イギリス大会がなくなったので、中国大会とのバッティングはなくなっている。

2019FIM

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る