2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ブストが突然ヴェルティゴへ

ハイメ・ブストがヴェルティゴに移籍した。2015年にトライアルGPにデビューして今年は5年目。愛車はこれが3つ目となる。

ブストとヴェルティゴの契約締結は、5月21日にヴェルティゴより発表された。アウトドア世界選手権開幕のわずか5日前だ。昨年日本GPで初優勝を果たしたブスト、ヴェルティゴのナンバーワンライダーとして、大きな飛躍が期待される。

ブストの世界でビューは2014年。ジュニアクラス(今のT2クラス)にデビューしたかと思うと、いきなりタイトルを獲得した(日本でもパーフェクト勝利した)。この時のマシンはベータだった。

2015年、ブストのトライアルGPデビューは衝撃的。いきなり、レプソル・ホンダ・チームの一員として加わった。レプソル・ホンダ・チームがトライアルGPに3人のライダーを走らせるのは2007年以来(ゼッケン順に、藤波貴久/ドギー・ランプキン/トニー・ボウ)で、ブストに対する前のめりの姿勢が注目だった。

ヴェルティゴのテクニカルアドバイザー、ドギー・ランプキンと。モンテッサ4ストローク経験者の二人

開幕戦ではいきなり6位に入賞。その才能があらためて注目を集めることになった。ブストのモンテッサ入りは、トニー・ボウの熱心な奨めによるものだったということで、ブストのライディングセンスは、ボウのお墨付きということだ。

しかし初年度は、開幕戦で6位になったのと同じランキング6位。最上位は4位で、表彰台獲得もならなかった。ずば抜けた潜在能力は認められながらも、残る成績的にはもう一歩期待にそぐえない。

2年目の2016年、やっぱり表彰台の獲得ならずのランキング6位。3年目の2017年、日本GPを両日ともに6位と平凡な成績で終えた後のアンドラ大会、いきなり2位に入賞して、初表彰台獲得。その年、ブストはランキング3位を獲得して、いよいよ打倒ボウに標的を定めた。

しかしてその翌年2018年(まだ去年のことだが)、突然ガスガスへ移籍。打倒ボウの目標達成のために、同じチームにいては闘争心がにぶるとの判断もあったかもしれないが、ガスガスの提示額がモンテッサのそれを上回った、という話もある。名門モンテッサとしては、世界チャンピオンをふたりかかえている。ランキングはブストより下位になったとはいえ、藤波はやはりチームのキーマンでもあり、ブストの待遇がことさら優遇されなかった事情も理解できる。

しかしこの時、ガスガスにはもうひとり、ジェロニ・ファハルドも移ってきていた。もともとファハルドはガスガスで世界選手権転戦を始めたライダー。先輩としては申し分ないが、ランキング3位とランキング4位のチームメイトであり、ライバルとしてもまた熾烈だった。

ブストの才能は一気に開花したかに思えた。Xトライアルで初勝利。アウトドアが開幕し、ファハルドが日本GPで自身2勝目を挙げると、その翌日にブストが初勝利。これでいよいよ世界チャンピオンへの条件が整ってきた。

ところが2018年のブストのその後は少しずつ勢いを失い、最終的にファハルドに先行され、調子を崩していたアダム・ラガにも逆転を許してランキング4位。ランキングを一つ落としてしまった。

明けて今シーズン。ブストはXトライアルで2回表彰台に上がるも、ランキングは4位。最終戦ではクォリファイ敗退で最下位と屈辱的な結末を迎えてしまった。それから1ヶ月が経たずして、ヴェルティゴへの電撃移籍が発表されたのだった。

コンベンショナルな2ストロークエンジンのベータ、フューエルインジェクション4ストロークのモンテッサ、そしてダイヤフラムクラッチを装備するガスガス。ブストが操ってきたマシンは、それぞれ特徴を持っている。しかしマシンが変わっても、若いブストがライディングに悩んだという兆候は微塵も感じられない。今度は2ストロークのフューエルインジェクションマシンだが、若き才能の前にはそれも大きな障害とはならないにちがいない。

ヴェルティゴは、ブストの獲得で厚いライダー層を確保した。GPクラスにブストとホルヘ・カサレス、女子GPにベルタ・アベラン、T2にロレンツォ・ガンドーラ、パウ・マルチネス。それぞれのライダーが、それぞれのクラスでトップを狙える実力を持つ。

ヴェルティゴのオーナーのジャネーさんと。ジャネーさんもSSDTを走るトライアル愛好家

乗り換えて(移籍発表があってから)1週間弱での開幕戦。さて、どんな結果を見ることになるだろうか。新人類ブストから、目が離せない。

●ヴェルティゴからのニュースリリース

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る