2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキング2位を獲得している。

2018年世界選手権に電動 TY-Eで出走した黒山健一

黒山の世界選手権挑戦は、もてぎでの世界選手権レースウィークの最中に発表された。2019年の電動クラスのスケジュールは、6月23日のオランダ大会と6月30日のベルギー大会。開幕戦と最終戦の2戦のみの選手権という点は、2018年と変更がないが、開幕戦が初めての会場のオランダ大会となっている。

電動バイク世界選手権(Trial-E)は、2017年に初開催。初年度は1戦だけで、1996年世界チャンピオンのマルク・コロメがガスガスTXEでタイトルを獲得している。このときは、正直コロメ以外はアマチュアライダーとブランクの長いオールドライダーで、コロメのタイトル獲得は必然の結果と思えた(それでもコロメは第1セクションで5点となって危ないスタートだった)。

昨2018年は、3月のモーターサイクルショーでヤマハTYEがベールを脱ぎ、黒山健一がフランスGP、ベルギーGPに出場するとの発表があった。フランスGPの当日は、全日本選手権の北海道大会の当日であり、フランスGPに出場するということは、全日本には一戦休場することになる。全日本選手権的にはちょっとした波紋を生じたものだったが、世界タイトルへの挑戦は全日本のそれより大きいというメーカーやチームの判断があったものと思われる。

開幕戦フランスGPは黒山が勝利。ライバルたるガスガスのロリス・グビアンが2位となった。グビアンは2017年までトライアルGPを走っていたフランス人ライダーだが、2017年限りでGP参戦を引退していた。しかしそのテクニックは一線級。2008年にはジュニアクラス(現在のトライアル2)で世界チャンピオンとなっている。

2018にチャンピオンになったグビアン
2018にチャンピオンになったグビアン

最終戦となった第2戦ベルギー大会では、黒山とグビアンの一進一退の攻防が続いたが、結果、僅差でグビアンが勝利。黒山が2位となった。2戦戦って、一勝一敗のイーブンの結果だ。しかし世界選手権のレギュレーションで、同ポイントだった場合は、1.最高位順位の高いほう(両者1位)>2.以下、次なる順位の高いほう(両方2位)>3.直近の大会でより上位を獲得したほう、ということになっていて、これでグビアンの世界チャンピオンが決定した。これが2戦でなく3点も組まれていれば、ポイント数だけで決着がついたかもしれないが、これも規則だ。黒山健一は、2018年トライアルE世界ランキング2位、ということになった。ちなみに、黒山健一は1997年、1998年にGPクラス世界ランキング3位を獲得しているが、ランキング2位は初めての獲得となる。

そしてほぼ1年がたち、2019年の電動世界選手権のシーズンとなった。昨年の発表は3月、今年は6月になってから。昨年の大会が7月で今年は6月ということを考えると、その発表は慌ただしい。FIMとの最終的な調整があったということだが、ともあれ、これで黒山健一が再び世界チャンピオンに向けて挑む舞台が整った。

ベルギー大会の最終セクションを終えた黒山健一
2018の黒山健一、ベルギー大会の走り

全日本選手権第2戦九州大会のあと、黒山が参戦するのは世界選手権日本大会。こちらは電動ではなくエンジンマシンだったが、ルールはノーストップ。きたる電動クラス参戦の訓練を兼ねてと考えると、日本GPは黒山にとって有意義なものになったにちがいない。

もてぎでのトークショーでは、リベンジとして2年目の朝鮮を紹介されることが多かった黒山の世界選手権挑戦だが、黒山自身は、目の前の存在する目標に向かってつき進むだけと抱負を語っている。

未来に向けて、黒山の挑戦が始まっている。さて、2年目の結果は、どうなるか。

YAMAHA TY-E

2019060701_FIM_Trial-E_Kuroyama_01

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る