2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催される。FIMサイトでは、オランダGPに出場するライダーのリストが発表された。

2019電動クラスに初チャレンジするカベスタニー

今年の参加ライダーは6人。昨年よりちょっと減ったが、今年は大物が並んだ。単純な評価はしにくいが、3年目にして、メーカーや町工場のテストや趣味の延長から、本格的な世界選手権大会に進化してきている感じがする。

今回の6名の内訳は、ガスガス3台、ヤマハ、EM、メカテクノが1台ずつとなっている。

昨年のチャンピオン、ロリス・グビアン(フランス・ガスガス)とランキング2位の黒山健一(日本・ヤマハ)は今年も参加する。クリストフ・ブルオンや成田匠の名前がないのはちょっとさびしいが、今年はなんと、今シーズントライアルGPから引退したばかりのアルベルト・カベスタニーが、ガスガスTXEに乗って参戦することが発表になった。

2017年トライアルEチャンピオンのマルク・コロメ(スペイン・ガスガス)は1996年(トライアルGP)世界チャンピオン。健一は1997、1998年の(トライアルGP)ランキング3位。2018年にチャンピオンになったグビアンは2008年のジュニア(トライアル2)チャンピオンにして2017年トライアルGPランキング20位。今のところ、トライアルEのトップを争うのは、かつて世界のトップを走ったトップ・ベテラン勢という図式ができあがりつつある。コロメもグビアンも黒山も、いずれもそれにはずれていない。

しかしカベスタニーは、そんな中でも一枚上手だ。引退したといえ、2018年のGPランキングは5位。藤波貴久よりも上位につけている。これまでの実績だけを比べれば、ぶっちぎりに格上のライダー、ということになる。

しかし、技術の優劣がそのまま結果につながるかというと、走破行かないのがトライアル競技だ。レギュレーションによれば、トライアルEのセクションはトライアル125と同様となっている。125のセクションは、もてぎの例で見ると女子GPよりはちょっと難度が高いが、トライアル2よりはやさしく設定されていた。どんぶりでたとえてしまうと、IAクラス中ほどから、IASの簡単目のセクション(だいぶどんぶりだが)ではないかと思われる。とすると、グビアン、カベスタニー、黒山の3人は、オールクリーンが大きな目標となるはずで、セクション難度への挑戦よりも、クリーンしなければいけないと言うプレッシャーとの戦いが大きくなることも想像される。

エントリーリストをみると、さらにもうひとり、イタリアのジャンルカ・トルノールなるライダーも参加の予定となっている。トルノールもガスガスに乗る。すでにガスガスは市販されているから、メーカーのファクトリーチーム以外でも、プライベートライダーとしてこれに参加することは可能だ(トルノールがプライベートなのかどうかは未確認です。すいません)。

トルノールは、2011年にトライアル2(ジュニアクラス)で日本GPで優勝したこともある。2016年にトライアルGPでランキング21位となって以来世界トライアルとはごぶさた。正直なところ、トルノールは技術的にはグビアンや黒山とは勝負にならないが、セクションがやさしくなれば、彼にもチャンスは回ってくるのではないかという想像もできる。つまり、どんな結果になるのかは、昨年同様、今年もまたさっぱりわからないのである。

初の電動マシンとなったEM(エレクトリック・モーション、フランス)は電気的に動力をカットする装置はついていたが、機械的に動力をつないだり切ったりしてパワーをためる装置としてのクラッチを装備したのはガスガスが初めてだった。ガスガスは通常のエンジンのクランクから先はそのまま使う、みたいな考え方で電動バイクを構成している。なのでトランスミッションもそのまま装備している。

ヤマハのTY-Eはクラッチのみを装備している。モーターはフレキシビリティが高いので、ギヤを変えなくても電気的なコントロールをおこなえば、広いレンジで対応が可能という事情もあるのだろうが、電動トライアルに求められる仕様も、まだまだ固まっていない。

その将来性を占うにも、オランダGP、ベルギーGPの2連戦は注目ということになる。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る