2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 4日目

SSDT

 木曜日になりました。SSDTも4日目。日本では、確か3日以上のトライアル大会はなかったから、4日目のトライアル大会の経験をしたことがある人は、ごくわずかなはず。そりゃしんどい。しんどいけど、ライダース・ハイっていうのか、この頃になると、一番しんどい時期は過ぎちゃっているという人が多いです。今日が終われば、あと2日走れば、ゴールです。


 もっとも、ライダース・ハイを楽しめる人は、体が元気な人に限られます。一晩寝かせておけば回復するくらいのケガだったらともかく、ちょっと重症のダメージをくらってしまうと、走れば走るほど傷はえぐられていきます。まず、無事に走り続けること。SSDTでは、これがなによりのテーマになるはずです。
 本日のトップ賞は、きのう思い出しておいてよかった、サム・コナー。ドギー・ランプキンとともに、オールクリーン達成です。本領発揮してきました。このふたり、ともにオールクリーンで、トータルの減点も32点と33点で1点差。順位は12位と13位(コナーが12位)。
 ランプキンはこれで3日連続でオールクリーンで、がんがん追い上げ中。現在、トップと24点差。残り2日で24点差を縮めるのはとてもとてもむずかしいけど、なんだか可能性も出てきたような、王者の復活ぶりです。
 ランプキンに追い上げられている仔ライオンはというと、アレックス・ウイグがこの日2点でトータル9点。前の日までトップだったマイケル・ブラウンは、この日5点を取ってトータル10点、3位に後退しました。
 オールクリーンはコナーとランプキンの二人だけだけど、1点は4人いました。そのうちのひとり、ベン・ヘミングウェイがトータル9点で、ウイグと同点の2位に進出。ジェイムス・ダビルも1点でトータル13点。上位陣の争いは、熾烈です。
 カベスタニーは、なぜか31あったこの日の最終セクションで5点になって、減点を増やしちまいました。トータル20点。新人賞クラスではぶっちぎりのトップだけど、さて、初めてのSSDTはどんな結果に落ち着くでありましょうか。
 この日7点でカベスタニーと同点、トータル24点で8位はジェイムス・ランプキン。9位ロス・ダンビー、10位サム・ハスラムとちょっと前にジュニアクラスで活躍したイギリス勢が続いて、11位にユースクラスチャンピオン、ジョナサン・リチャードソンと続きます。12位がコナー、13位がドギーとライダーの横顔もさまざま。このバリエーションがSSDTの楽しいところでもあります。
 さて、今日はリザルトの最後尾のほうも見てみましょう。順位のついてる一番最後は246位、2199点となってます。ただしこの人は、すでに完走条件から外れていて、賞典外で走らせてもらっているという状況です。リザルトの最後のほうには、こういうライダーがずらりと並んでます。
 失格になっていないライダーで最後尾は誰かと思えば、おっと、ジャック・チャロナーが239位。3日目までを19点で走っていたチャロナーだけど、この日は18個のエスケープ(申告5点ではなく、セクションに立ち寄らず)がありました。SSDTは、エスケープは1セクション50点。敵前逃亡は、SSDTでは代償が大きいのです。
 ちなみに世界選手権ではセクション立ち寄らずは20点減点。日本では10点だけど、この減点は、世界のルールから外れた、敵前逃亡者に甘いルールなんです、実は。その世界ルールより、さらに厳しいのがSSDT。トップが10点とかいってるのに、50点減点もらったら、それだけで勝負は絶望的ですね。
 チャロナーはなにがあったかわかんないけど、この日だけで904点減点。SSDTではセクションひとつの見落としは50点減点で競技続行可能だけど、セクションがいくつか集まっているヒル(丘。もてぎの世界選手権流にいうと、ゾーンという感覚)を丸ごと見落としたりすると失格になるという規則がある。チャロナーも、競技を続行するのは厳しいかもしれない。
 こういうトラブルではなく、地道に最下位街道を驀進しているのは、237位のセーラ選手。この日171点減点で、トータル613点。タイムオーバーが47点。タイムオーバーは1時間までOKなので、失格までの残り時間13分というところでした。
 女子部門は、エマ・ブリストに異変あり。ベッキー・クックの倍も減点しちゃって、ベッキーに15点差の2位に脱落しました。トップのベッキーはこの日26点で合計170点。総合では88位につけてます。すごい。エマはこの日52点でトータル185点、104位につけてます。これも、すごい。
 女性陣は6人ともまだ健在。今日は誰もタイムオーバーなく帰還しました。みんな、たくましんです。

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る