2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ジェロニ・ファハルドがドーピングで順位剥奪に

9月21日、2019年世界選手権最終戦がまさに開催されようとしているこのとき、FIMが衝撃的な発表を行った。ジェロニ・ファハルドがドーピングで陽性となっていて、この1年の成績が剥奪されるということだ。

2019年、失意のファハルド?

ファハルドは2018年9月16日のイタリアGP(最終戦)のあとのドーピングテストで、禁止薬物(刺激薬)であるヘプタミノールの陽性反応が出ていた。

FIMは、ライダーの説明や証拠から、この分析結果が栄養補助食品「Nox Pump」によるものだとし、ライダーにはドーピングの意図がなかったことも確認したという。その結果、今回、FIMとファハルドとの和解契約がなされたという。

この決定により、ファハルドは2018年9月16日から不適格期間の終わり(不適格期間は12か月間)まで、ファハルドの結果(メダルや賞品を含む)は失格となる。

2019年のファハルド

ファハルドは2018年ランキング2位となっているが、最終戦の結果を失うことになると、手もとで計算して見たところ(あくまで自然山通信計算)2018年ランキングは次の通りとなる。

Pos. Rider Point
1 Toni Bou 170
2 Adam Raga 129
3 Jaime Busto 126
4 Jeroni Fajardo 117

2019年については、最終戦のみが有効となるので、ファハルドの現在の獲得ポイントはゼロとなり、ランキング4位の藤波貴久はランキング3位に、以下ひとつずつ順位が繰り上がる。

なおこの和解契約について、ファハルドは21日以内にスポーツ仲裁裁判所に控訴することができるとなっている他、ランキング計算についてはすべて自然山通信か勝手に計算したもので、正式結果ではないことについて、念押しさせていただきます。

[以下追記]trialgp.comのランキングでは、2019年はすでにファハルドの成績が排除されているから、2018年のイタリアGPの成績も排除されるべきものと思われる。

なお、ファハルド本人はインスタグラムでこんなコメントを発表した。

En definitiva, el heptaminol que había sido encontrado en mi muestra de orina fue el resultado de un proceso de metabolización de otra sustancia denominada octodrina, la cual también fue encontrada en la muestra en una menor proporción.
De acuerdo con las circunstancias anteriores, las alegaciones formuladas, y las pruebas presentadas por mi parte, la FIM ha reconocido expresamente que el resultado analítico adverso fue causado por el uso del suplemento nutricional Nox Pump. Como admite la propia FIM en su comunicado, en ningún momento he tenido intención de engañar o de mejorar mi rendimiento deportivo al utilizar dicho producto.
A pesar de todo ello, y en aplicación del principio de responsabilidad cuasi objetiva que opera en la normativa antidopaje, la FIM ha decidido imponerme un periodo de suspensión de 12 meses, a contar desde el 16 de septiembre de 2018. En virtud de lo anterior, la única consecuencia de la sanción impuesta es la anulación de los resultados obtenidos desde el 16 de septiembre de 2018 hasta el 16 de septiembre de 2019.
No quisiera finalizar este comunicado sin agradecer a todas aquellas personas que me han apoyado durante estos difíciles meses que me ha tocado vivir. En especial a mi familia y a los profesionales que me han asesorado y que han permitido que hoy pueda tomar parte en la última prueba del Campeonato del Mundo de Trial.
Jeroni Fajardo.

意訳すると、FIMとは悪意の意思のない「Nox Pump」の飲用によるドーピング陽性であるとの合意をしたが、しかし1年間の成績剥奪は課せられた。今回の結末を報告するにあたって、苦しい時期に自分をサポートしてくれたチームや家族その他の関係者に、深い感謝を申し上げる、のような感じ。ファハルドは、おそらく自分の不運を嘆きながら、この決定を受け入れているようだ。

One-year_suspension_imposed_on_Trial_Rider_Jeroni_Fajardo

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る