2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ウイグ勝利のSSDT

SSDT

 SSDTが終わりました。5月8日、SSDTの6日目が終わったと同時に、勝利の女神はアレックス・ウイグに微笑みました。ウイグは最終日をオールクリーンで締めくくって、ライバルを突き放した。優勝争いのライバル、マイケル・ブラウンとベン・ヘミングウェイは、最終日にともに2点減点。5日目は三者は同点だったから、最終日の減点をもって、今年のSSDTは決着を見たのだった。


 ウイグの堂々たる初優勝。1日目6点でスタートしたから、結果表の上では、マイケル・ブラウンが常に上位につけていたが、最後の最後にオールクリーンをたたき出して試合をひっくり返した。
 ウイグは、これでユースクラスとジュニアクラスに続いて、自信3つ目の大きな勲章を得たことになる。残る目標は世界のトップクラスのタイトルだけになった。
 ウイグとブラウンは、これまでにも何度か直接対決の歴史がある。2007年のジュニアクラスでのことで、このときはブラウンがウイグを振り切ってチャンピオンとなっている。ウイグはまだ20歳だから、ブラウンのほうがいくらか先輩になるけど、SSDTについてはウイグが先に勝利を収めた。
 この日、ウイグとともにオールクリーンを達成したのはドギー・ランプキン。さすが。でもランプキンは、結果8位にとどまった。というか、初日65位なんだから、よくここまで追い上げた。6日間のうち、4日間でオールクリーンを達成しています。
 5日目までで同点トップだったもう一人、ベン・ヘミングウェイは、最終日はやはりブラウンと同点の2点。総合結果もブラウンと同点で3位になった。勝ち損ねたというより、ヘミングウェイにとってはSSDTの3位はやはり大金星みたいで、喜びのコメントが流れていた。
 初日にトップだったアルベルト・カベスタニーは9位。そう、ドギー・ランプキンに負けちゃった。初出場初優勝なんて、そんな甘いもんじゃないですね。というか、初出場9位は、これはなかなかの記録ではないでしょうか。アダム・ラガはまだ小僧の頃にSSDTに出ているから、藤波とかトニー・ボウとか、まだSSDTに出ていない強豪たちにとっては、カベスタニーの9位が大きな目標になりそうです。
 2勝目を狙ったジェイムス・ダビルは総合で6位。サム・コナーはカベスタニーの次、10位で6日間を走り終えました。
 女子の熾烈な争いは、ベッキー・クックがエマ・ブリストに打ち勝った。
 それと、今レポートを読んでて気がついたんだけど、36位に入っているハロルド・クロフォードってのは、ウイグのマインダーだそうで、彼は40歳以上のトップだった。ドギーのマインダーのジェイムス・ランプキンは13位だった。マインダークラス(そんなものはない)では、ベン・ヘミングウェイの3位がぶっちぎりでした。
 ところでSSDTの表彰は、1位誰それ、2位誰それという無機質なものではなくて、優勝はノース・ブリティッシュ・ラバー・カンパニー・トロフィー。これは大会スポンサーですかね。2位はジミー・ハチソン・メモリアル・トロフィー。3位がヘンダーソン・トロフィーとなっている。
 以下、ニューカマー(新人賞)はイアンパロック・メモリアル・トロフィー、さらにニューカマー2位、スコットランド人賞、イギリス人賞、軍人賞、40歳以上の賞、女性部門賞、200cc以下、250cc以下、250cc以上の各クラスなど、賞典はいろいろあるのでした。
 ちなみにちなみに、200cc以下クラス優勝はジョアンヌ・コルスで、女の子です。初出場。そして総合でも95位。すごい。彼女、最終日は女子トップのベッキー・クックより11点も少ない減点で回ってきてしまったのでした。ベッキー261点、エマ269点、ジョアンヌ274点。ものすごい熾烈な戦いでした。ベッキーは男に混ざると95位。天晴れ。
 これで2010年SSDTもおしまいです。そういえば、SSDTは2001年に牛の口蹄疫の影響で中止になっている。このときにはイギリス国内ではトライアル禁止ということになって、ドギーは本格的にスペインに引っ越してきたのだった。
 おりしも我が宮崎県では口蹄疫が深刻みたいだけど、イギリスのトライアル、そしてSSDTは、イギリス社会と手をつないで、これまでの100年をすごしていたんだなぁと思います。そしてこれからも、ときどきはこういう社会情勢などを許容しながら、歴史を刻んでいくのでありましょう。2010年は、そうしてウイグの名前が、勝者のひとりとして刻まれたのでした。

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る