2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2021年1月号表紙
  2. MFJトライアル
  3. リザルト中国
  4. リザルト中国
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. リザルト関東
  8. リザルト関東
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. 2020.11.10

  13. MFJトライアル
  14. リザルト中国
  15. リザルト関東
  16. リザルト中国
  17. リザルト近畿
  18. リザルト中国
  19. リザルト東北
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. MFJトライアル
  23. リザルト関東
  24. 2017お勉強会
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. MFJトライアル
  28. リザルト九州
  29. リザルト九州
  30. イベント(その他)
  31. リザルト東北
  32. MFJトライアル
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. 2016高田島ツートラ
  40. イベント(大会)
  41. リザルト関東
  42. イベント(その他)
  43. リザルト中国
  44. リザルト中国
  45. リザルト中部
  46. リザルト沖縄
  47. リザルト中国
  48. リザルト中国
  49. リザルト中部
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2020年のSSDTいろいろ

2020年SSDT(スコティッシュ6日間トライアル)は、5月4日にスタートする。SSDT公式サイト(ssdt.org)からはいろんなニュースが流れてくるが、ちょっといくつか拾ってみます。

のどかなSSDTの風景は、長くSSDTを撮り続けているエリック・キッチンさん撮影。

撮影:エリック・キッチンさんのSSDT

■電動マシン、SSDTに現る

最新のニュースは、2020年SSDTに、電動マシンがエントリーしている、ということだ。マシンはEM(エレクトリック・モーション)、ライダーはマルク・コロメとマシュー・アルプ。アルプはイギリスのEMインポーターで、コロメはご存知、2度の世界チャンピオン。そのひとつめがモンテッサ1996年にCOTA315R(ホンダRTL250R)でのもの、もうひとつが2017年にガスガスTXT-Eでのもの。コロメはモンテッサのあと、ガスガス、スコルパ、オッサ、など、数々のニューマシン開発に携わってきたが、最近はEMと組んで開発の仕事をしている。トライアルEクラス、初の世界チャンピオン、コロメが、SSDTで再び歴史をつくろうとしている。

SSDTが、とりたてて電動クラスを設けるとか、山の中に電源を備えるとか、そういう動きはなさそうだが、これが新時代に向けての第一歩になるのかもしれない。

今も昔も、SSDTはマシンの信頼性を確認するのに絶好のフィールド。各メーカーの新型マシンも、みんなSSDTに出場してその信頼性を世の中に示している。EMも、SSDT参戦によってその信頼性を世に問おうとしている。

(2020年3月12日)

■コロナウイルスショック

日本中、というか、世界中どこへ行ってもコロナウイルスとどう戦うかでもちきりだけど、SSDTも同様だ。なんせSSDTには、世界中のライダーがやってくる。

そんな中、スコットランドのお達しで、感染危機の高い地域からの参加は認められない、みたいなことになっている。これによって、具体的にはイタリア人ライダーの参加が認められないということになったようだ。

イタリアと地続きの(ヨーロッパはどこも地続きだけど)スペインは大丈夫なのか気になるところだが、今のところ、今年のSSDTに出場できないのは、イタリアのみのようだ。

(2020年3月11日)

■JITSIEとSSDTのパートナーシップ

JITSIEとSSDTら、複数年のパートナーシップを結んだ。12回のSSDT勝者であるドギー・ランプキンはJITSIEのアンバサダーでもあり、そういう流れからも、JITSIEとSSDTのつながりは自然な感じだ。

このパートナーシップ契約で、SSDTの関連商品はJITSIEが独占的に行うことになるという。

(2020年2月28日)

SSDTとJITSIE

■2020年のスターゲストはバーニー・シュライバー

SSDTは、世界で最も厳しいトライアルといわれている。反面、基礎的トライアルテクニックがあれば(そしてももちろん優勝しようなどと思わなければ)、大ベテランになってからでも参加が可能なのもSSDTの一面だ。12勝をあげているドギー・ランプキンはまだ半分現役といっていいが、それ以外にも往年のチャンピオンがSSDTに出場してくる例は多くある。

2020年に登場する往年のチャンピオンは、バーニー・シュライバーだ。1979年FIMトライアル世界チャンピオン(当時のマシンはSWM)。20歳での史上最年少チャンピオンだった(ジョルディ・タレス、トニー・ボウも20歳でチャンピオンになったが、タッチの差でシュライバーの記録は破られていない)。ヤマハTY-Rに乗っている時に、全日本選手権に招待参加したこともある。フローティングピボットターンとバーニーホップは、シュライバーがオリジナルとされている。

シュライバーはアメリカ人(唯一のアメリカ人チャンピオン)だが、トライアルをやるために渡欧して、いまもフランスに住んで活動を続けている。

シュライバーはまた、1982年のSSDT勝利者でもある。SSDTでヨーロピアン以外のライダーが勝者となったのは、後にも先にもこのシュライバーだけだという。

SSDTは、そのシュライバーを2020年のGuest of Honorに任命した。シュライバーは再びスコットランドの地に立って、恒例のパレードを先導し、初日にライダーを送り出すことになっている。

写真は世界チャンピオン時代のバーニー・シュライバーが名物パイプラインを行くシーン。今は亡きイタリアのジュリオ・マウリさん撮影。

(2020年1月12日)

シュライバー、SSDTに帰る

なお、SSDTの今年のエントリーは、とっくのとうに締め切られている。例年、SSDTのエントリーは年末頃に締め切られるから、もし2021年SSDTに出場しようという人は、今から準備をしておくのが正しいと思われる。

関連記事

MFJトライアル

全日本開幕戦は、延期に

2021年全日本選手権シリーズ、その開幕戦は3月21日に、愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドでの開催予定だったが、延期が発表された。 …

リザルト中国

第271回ケニーズ杯

日程:2021年1月17日(日) 天候:晴れ風強し 場所:福山市・海の見える杏の里トライアル場 エコノミー 順位名前マシン減…

2021年1月号電子版もあけましてよろしく

自然山通信2021年1月号、ようやくご用意しました。 2021年も、お手持ちのパソコン、タブレット、スマホなどで閲覧できる(見えなかっ…

自然山通信2021年1月号表紙

自然山通信新年1月号発売中

またまた遅くなってしまいましたが自然山通信2021年1月号発売中!オールカラー50ページ・314円(税込)でお届けしています。 (さらに…

リザルト中国

第270回ケニーズ杯 新春お年玉トライアル

日程 2021年1月3日 場所 海の見える杏の里トライアル場天候 晴れ エコノミー 順位名前マシン減点クリーン 1位瀬来…

アベ精工より、セロー225/TTR125/XR100R用新製品発売

アベ精工より、セロー225用アクスル&ピボットシャフトと、TTR125用、XR100Rの強化アンダーガードが発売されました。 (さらに&…

第58回里山トライアル大会

●2020年9月20日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

2021年のわびさびトライアル

山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗主催のわびさびトライアル大会、2021年の日程が決定しました。 (さらに…)…

S3アイドル&エアースクリューSET

PWK28キャブレター専用。工具不要!指先でアイドリングやエアースクリュー調整・セッティングができる、スタイリッシュなアイドル&エアースクリ…

氏川政哉、ホンダに乗る

氏川政哉が、2021年はホンダに乗ることになった。チームは小川友幸の所属チームである、TEAM MITANI Hondaとなる。 (…

ページ上部へ戻る