2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト東北
  19. リザルト関東
  20. リザルト関東
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. TRJ / MFJ
  24. TRJ / MFJ
  25. TRJ / MFJ
  26. MFJトライアル
  27. リザルト関東
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. 2017TDN
  33. リザルト関東
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト関東
  40. TRJ / MFJ
  41. TRJ / MFJ
  42. TRJ / MFJ
  43. リザルト中部
  44. リザルト中国
  45. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2020年のSSDTいろいろ

2020年SSDT(スコティッシュ6日間トライアル)は、5月4日にスタートする。SSDT公式サイト(ssdt.org)からはいろんなニュースが流れてくるが、ちょっといくつか拾ってみます。

のどかなSSDTの風景は、長くSSDTを撮り続けているエリック・キッチンさん撮影。

撮影:エリック・キッチンさんのSSDT

■電動マシン、SSDTに現る

最新のニュースは、2020年SSDTに、電動マシンがエントリーしている、ということだ。マシンはEM(エレクトリック・モーション)、ライダーはマルク・コロメとマシュー・アルプ。アルプはイギリスのEMインポーターで、コロメはご存知、2度の世界チャンピオン。そのひとつめがモンテッサ1996年にCOTA315R(ホンダRTL250R)でのもの、もうひとつが2017年にガスガスTXT-Eでのもの。コロメはモンテッサのあと、ガスガス、スコルパ、オッサ、など、数々のニューマシン開発に携わってきたが、最近はEMと組んで開発の仕事をしている。トライアルEクラス、初の世界チャンピオン、コロメが、SSDTで再び歴史をつくろうとしている。

SSDTが、とりたてて電動クラスを設けるとか、山の中に電源を備えるとか、そういう動きはなさそうだが、これが新時代に向けての第一歩になるのかもしれない。

今も昔も、SSDTはマシンの信頼性を確認するのに絶好のフィールド。各メーカーの新型マシンも、みんなSSDTに出場してその信頼性を世の中に示している。EMも、SSDT参戦によってその信頼性を世に問おうとしている。

(2020年3月12日)

■コロナウイルスショック

日本中、というか、世界中どこへ行ってもコロナウイルスとどう戦うかでもちきりだけど、SSDTも同様だ。なんせSSDTには、世界中のライダーがやってくる。

そんな中、スコットランドのお達しで、感染危機の高い地域からの参加は認められない、みたいなことになっている。これによって、具体的にはイタリア人ライダーの参加が認められないということになったようだ。

イタリアと地続きの(ヨーロッパはどこも地続きだけど)スペインは大丈夫なのか気になるところだが、今のところ、今年のSSDTに出場できないのは、イタリアのみのようだ。

(2020年3月11日)

■JITSIEとSSDTのパートナーシップ

JITSIEとSSDTら、複数年のパートナーシップを結んだ。12回のSSDT勝者であるドギー・ランプキンはJITSIEのアンバサダーでもあり、そういう流れからも、JITSIEとSSDTのつながりは自然な感じだ。

このパートナーシップ契約で、SSDTの関連商品はJITSIEが独占的に行うことになるという。

(2020年2月28日)

SSDTとJITSIE

■2020年のスターゲストはバーニー・シュライバー

SSDTは、世界で最も厳しいトライアルといわれている。反面、基礎的トライアルテクニックがあれば(そしてももちろん優勝しようなどと思わなければ)、大ベテランになってからでも参加が可能なのもSSDTの一面だ。12勝をあげているドギー・ランプキンはまだ半分現役といっていいが、それ以外にも往年のチャンピオンがSSDTに出場してくる例は多くある。

2020年に登場する往年のチャンピオンは、バーニー・シュライバーだ。1979年FIMトライアル世界チャンピオン(当時のマシンはSWM)。20歳での史上最年少チャンピオンだった(ジョルディ・タレス、トニー・ボウも20歳でチャンピオンになったが、タッチの差でシュライバーの記録は破られていない)。ヤマハTY-Rに乗っている時に、全日本選手権に招待参加したこともある。フローティングピボットターンとバーニーホップは、シュライバーがオリジナルとされている。

シュライバーはアメリカ人(唯一のアメリカ人チャンピオン)だが、トライアルをやるために渡欧して、いまもフランスに住んで活動を続けている。

シュライバーはまた、1982年のSSDT勝利者でもある。SSDTでヨーロピアン以外のライダーが勝者となったのは、後にも先にもこのシュライバーだけだという。

SSDTは、そのシュライバーを2020年のGuest of Honorに任命した。シュライバーは再びスコットランドの地に立って、恒例のパレードを先導し、初日にライダーを送り出すことになっている。

写真は世界チャンピオン時代のバーニー・シュライバーが名物パイプラインを行くシーン。今は亡きイタリアのジュリオ・マウリさん撮影。

(2020年1月12日)

シュライバー、SSDTに帰る

なお、SSDTの今年のエントリーは、とっくのとうに締め切られている。例年、SSDTのエントリーは年末頃に締め切られるから、もし2021年SSDTに出場しようという人は、今から準備をしておくのが正しいと思われる。

関連記事

2017お勉強会

5/28高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

セロー・トリッカー用7075マウントボルトフルセット

アベ精工より、セロー250・トリッカー用の高強度7075アルミ材のマウントボルトフルセットが発売されました。 (さらに…)…

MOTSニューモデル「STEP 6」発売

スペイン製トライアルウエアメーカー「MOTS」から、NEW MODEL 『STEP 6』の国内販売が始まりました。 (さらに&helli…

イベント(大会)

8/7奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2022年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 (…

初夏の風とともに自然山通信2022年5月号電子版をどうぞ

自然山通信5月号PDF版をお届けします。ご購入、ダウンロードして、お手元の電子機器(パソコン、タブレット、スマホ、あるいはテレビなど)でお楽…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売中!全日本トライアル第2戦九州大会レポートを掲載。東京モーターサイクルショーのトライアル体験ブースをお手伝いした自然山通…

イベント(大会)

9/25 2022年メイクカップ

2022年のメイクカップ日程が決まりましたので宜しくお願い致します。 2022メイクカップ 9月25日(日)立石トライアルパーク …

イベント(スクール)

7/18ガッチスクールin北海道(と前夜祭)

2022 GATTI SCHOOL IN 北海道 毎年、全日本トライアル北海道大会翌日の恒例行事。 今回のGATTI SCHOOL …

イベント(スクール)

6/11-12ガッチスクールin松山

2022ガッチスクールIN松山トライアルファーム 日時:6月11日(土)・12日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

2022遊ingトライアル

2022遊ingトライアル&スクールの日程が決まりましたのでお知らせします。 コロナ禍による2年続けての全戦中止でした。 今年は開催した…

ページ上部へ戻る