2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選手権の変更予定が発表された。

ラウンド 国・地方 都市・会場 クラス・備考
GP GPW T2 W2 125 E
9
4

6
世界1 フランス Isola2000
11

13
世界2 スペイン Pobladura de las Regueras
18

20
世界3 アンドラ Sant Julià
27 全日本1 関東 栃木県 ツインリンクもてぎ
10
9

11
世界4 イタリア Tolmezzo
11 全日本2 中部 愛知県 キョウセイドライバーランド
25 全日本3 東北 宮城県 スポーツランドSUGO
11月 8 全日本4 近畿 和歌山県 湯浅トライアルランド
(無観客にて)

世界選手権4大会、全日本選手権4戦が、2ヶ月の間で開催されるという短期決戦の過密スケジュールになった。

概要として特徴的なのは、ここ数年、ヨーロッパでの世界選手権の趨勢となっていた1日制が、今回の特例スケジュールでは、すべて2日間制となっている。世界選手権は、毎年10戦内外を確保するのが通例だが(過去には20戦ほどやったこともある)、今年はなんとか8戦を確保して、例年との著しい大会数の減少を避けたという印象だ。

トライアルGP(GP)とトライアル2(T2)、トライアル125(125)の3クラスは4大会8戦のすべてで開催される。ウイメンズGP(GPW)、ウイメンズ2(W2)は最終戦イタリア以外の3大会6戦で、電動のトライアルEは開幕のフランスで開催され、さらに最終戦イタリアに組み込まれている。なおイタリアは、開催について確認中ということだ。

2019年のベルギーにて

世界選手権はトライアル・デ・ナシオン(TDN)でシーズンを終えるのが通例だが、今年のTDNはすでに中止が決まっているから、最終戦イタリアが文字通り最終戦となる。当初TDNは9月13日の開催予定だったから、このシーズンは1ヶ月の延長ということになる。

TDNが中止になり、全日本選手権の方は世界選手権との日程のバッティングを考える必要がなくなった。当初は日本GPも延期ということになっていて、これとの日程調整も必要だったのだが、おそらくこの関係から10月4日開催予定だった全日本もてぎは、本来なら日本GPを開催するはずだったのではないかと思われる9月27日に移動になった。10月4日だと、中部大会が1週間後に控えていて、かなりのタイトスケジュールとなるところだった。
 近々のMFJからのお知らせ(Twitterなどで発表されている)では、中部大会は開催・日程検討中となっていたが、これは予定通り10月11日で開催が決定したようだ。中部大会、東北大会は、当初(COVID-19騒動以前に発表された)スケジュールと変わりない。

MFJの競技規則書には、全日本が何戦開催されるべきであるかの条文はないので、仮に1戦や2戦になってしまってもランキングは決定することになるのだと思うのだが、MFJは先に、全日本選手権は3戦でランキングを決定するとの文書を発信していた。3戦開催されなければ全日本選手権として成立しない、というより、どうしても3戦は確保しようという覚悟の現れだったのではないかと推察される。

2019年灰塚の野崎史高

現状、東京都などではまた感染者が増加しているし、これから先、このまま予定通り各大会が開催される100%の補償はない。最後まで各方面との調整作業がおこなわれていた近畿大会では、無観客にて大会を行う旨の発表がされている。11月まではまだ時間があるから、事態が好転していつもの年通りに最終戦のランキング争いをファンの皆さんと見守りたい思いはもちろんあるが、感染状況の行方次第では、無観客でも開催できればラッキーということになるかもしれない。

世界的にも、国と国との移動についてはようやく緩和の方向に動き始めたところで、本当に世界中の参加者を集めての世界選手権が開催できる背景が整うのかは微妙なところだが、ぜひ、この予定が現実のものとして2020年シーズンが始まってくれますように。

ともあれ、まだ7月になったばかり。世界選手権も全日本選手権も、開幕まではあと2ヶ月ある。この間、COVID-19感染症が世界中から消え去ってくれるよう、お祈りするとともに、自分たちのできることをこつこつとやっていけたらと思う。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理された方は以下の通り…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る