2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(その他)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(その他)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. イベント(スクール)
  10. MFJトライアル
  11. MFJ
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. イベント告知
  16. 2017お勉強会
  17. イベント(大会)
  18. リザルト関東
  19. リザルト中国
  20. リザルト関東
  21. リザルト関東
  22. リザルト中国
  23. リザルト関東
  24. リザルト関東
  25. リザルト沖縄
  26. リザルト九州
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロのニュースなのだが、これまでKTMの看板ライダーだったタデウス・ブラズシアクがガスガスに乗るというのは、トライアル的にもちょっと気にしておきたいニュースだ。

タデウス(最近はもっぱらタディと呼ばれている。もちろん昔からタディと呼ぶ人はいたけれど)について、レッドブルなどのサイトを見ると「紹介の必要はない」と書かれている。すっかり有名人の実力者だ。ただし自然山通信的には、タデウスについてしばらくニュースをお届けしていないから、ここで全部おさらいしておこう(最近のタデウスについてはあんまり詳しくないので、その点はごめんなさい)。

タデウスの出身はポーランド(1983年4月26日生まれ)。最初のレースキャリアはトライアルだった。1999年〜2003年、2005年〜2007年、8回のポーランドチャンピオンとなっている。2003年ごろ、ポーランド選手権の話をタデウスに聞いたら、チャンピオンはタデウスで、ライバルはいなくて、いつも2位になるのはタデウスの兄貴ということだった。その兄は、世界選手権ではタデウスのマインダーだった。ポーランドで連続チャンピオンとなる一方、タデウスは2003年と2004年にドイツチャンピオンにもなっている。

しかしタデウスの最も大きなトライアルキャリアは、2004年のヨーロッパ選手権チャンピオン獲得だった。2000年から世界選手権(トライアルGP)に参戦していたタデウスは、2003年はタイトルを狙ってジュニア(現在のトライアル2)への参戦に活動を絞ったのだが、イギリスのシャウン・モリスに破れてランキング2位となった。この頃、タデウスの愛車はもっぱらガスガスだった。

2020ガスガスのタディ

以降、トライアル世界選手権(トライアルGP)への参戦を続けたタデウスだが、ランキングは2006年の8位が最高位だった。トライアルキャリアの最後、タデウスはベータやスコルパにも乗った。日本専用マシンのように思われているTYS250Fツインカムも走らせていた。

タデウスの変換期は2007年だった。トライアルライダーとしてシーズンインしたものの、友人と話をしているうち、エルツベルグ・ロデオなるエンデューロレースに出てみることにした。マシンも借り物で戦闘力など望むべくもなかったが(その時のマシンは2年落ちのガスガスだったらしい)、なんとかプロクラスを走ろうともがいていた。そんなとき、KTM契約のライダーが負傷して、そのマシンがタデウスの元に回ってきた。翌日には、エルツベルグで突然勝利をおさめた無名ライダーとして、タデウスの名はタディとしてエンデューロ界で知れ渡っていた。

2020ガスガスとタディ

タディの快挙のあと、エンデューロに進出するトライアルライダーが目立ち始めた。ドギー・ランプキンやグラハム・ジャービス、トライアル2チャンピオンのアルフレッド・ゴメス、ジョニー・ウォーカーもトライアル出身だ。田中太一も、エルツベルグは走っている。ジャービスはエルツベルグで勝利したが、ランプキンは未勝、トライアルの成績=エンデューロの成果ではないようだ。

以後のタデウス=タディの活躍はエンデューロ界の人たちはよくご存知だ。エルツベルグの連続制覇にはじまり、スーパーエンデューロ、エンデュクロスなど、エクストリーム系エンデューロで数々の勝利を得て、この世界の絶対的王者となった。一時引退を表明していたようだが、2019年もKTMでの参加を続けていた。

一方ライア・サンツ(1985年12月12日バルセロナ生まれ)は、2000年から2013年までに13回のウイメンズ世界チャンピオンになっている(途中1回、イリス・クラマーにタイトルを奪われている)。2001年〜2003年がベータ、2004年〜2012年がモンテッサ。2013年はプライベートでモンテッサに乗ったが、2012年の1シーズンだけ、ガスガスに乗った。この2012年が、ラリースト、エンデューロライダーとしてのライアのスタートだった。

2013年にモンテッサに乗ったのは、この年HRCライダーとしてダカールラリーに出場したという背景もあったが、以降はKTMのライダーとしてダカールラリーに参加していた。

2020ガスガスのライア走り

そしてまず2020年1月のダカールラリーに、ライア・サンツがダカールラリーに出場し、そして今回、ガスガスのタディ誕生が発表された。契約自体はKTMがガスガスをコントロールすることになった頃に交わされていたが、今回マシンとともにその姿が発表された。

KTM傘下となったガスガスは、ブランド名はガスガスだが、エンデューロマシンの中身はKTMそのままとされている(セッティングなど、方向性についてはそれぞれの味付けをしてくるはずだ。このあたりは同じような境遇のハスクバーナと同様といえる)。KTM契約の二人がガスガスに乗るのも、契約主は同じくKTMということになるのだろう。

2020ガスガスのライア・サンツ

KTM傘下となるまでのガスガスのエンデューロ部門は、実はKTMには引き継がれておらず、RIEJU(リエフ)が買い取ったとのニュースがあった。つまりガスガスをトライアルとエンデューロとに二分して、ガスガスという名前(ブランド)とトライアル部門をKTM(の親会社)が引き継ぎ、エンデューロ部門をリエフが引き継いだということのようだ。KTMの業績は2輪低迷のこの時代にあって好調という。KTMは、まずは新生ガスガスのブランドをしっかり告知させていく作戦で回していくことにしたようだ。

タディ・ブラズシアクは、赤いガスガスエンデューロマシンとともに、トライアルマシンのガスガスにも楽しく乗っているという。ライア・サンツは、過去にトライアルとエンデューロ・ラリー活動の両立はむずかしいと表明しているが、どこかでまた、トライアルライディングをする彼女の姿を見てみたいものだ。まずは、お帰りなさい、ガスガスに、というところだ。

(すべての写真は gasgas.com )

関連記事

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

自然山通信2021年9月号電子版

自然山通信9月号、電子版が準備完了です。 (さらに…)…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦(10/10マカベ)は中止

10月10日開催予定で準備中だったメッツカップ第2戦(茨城県真壁トライアルランドでの開催予定)は開催を中止します。 (さらに&hel…

自然山通信9月号発売!

自然山通信9月号発売中!我らがフジガスとヨヒトが参戦する世界選手権第3戦アンドラ大会レポートと、元ロードレース全日本チャンピオンの水谷勝さん…

イベント(その他)

11/7中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。まだ終息しないコロナ禍対策をしながらの開催となります。食事とライデイング…

ページ上部へ戻る