2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツ、トライアルGPにカムバック

13回の世界チャンピオン、ライア・サンツが、トライアルの世界に帰ってくることを発表した。

2021ライア・サンツ(記念写真)

2020年にガスガスと契約、ダカールラリーなどに参戦していたライア・サンツが、トライアルでもガスガスで参戦する。トライアルへの復帰は、2020年から予定されていたことだというが、2020年のライアはライム病に罹患し、ダカールラリーへの参戦もあやぶまれる状況だったから、トライアルへの復帰計画は先延ばしになってしまった。2021年の今年、満を持して復活、ということになる。

ライアは世界選手権女子クラスが誕生した2000年から、7年連続でタイトルホルダーとなった。そして2008年から、再び6連覇。あわせて13回の世界タイトルを持っている。世界タイトルの数比べでは、トニー・ボウに次ぐ2番目の勝利記録を持っている(第3位がランプキンで12回)。

2000年から2003年までのライアはベータのライダーだった。2004年、藤波貴久が世界チャンピオンとなるシーズンに、藤波、ドギー・ランプキン、マルク・フレイシャとともにレプソル・モンテッサ入り。2011年までの8年間に、ライアとボウ、そして藤波の3人で、あわせて18の世界タイトルを獲得した。

レプソルチームでの最後の年、ライアはダカールラリーに初挑戦、39位で完走して、女子部門で優勝をした。そして2012年、ラリーでの活動をより積極的に行うためにマシンをガスガスにスイッチ、以後、ダカールライダーとして名声を高めていくことになる。

2021ライア・サンツ(ダカールにて)

ライアはその後も、2012、2013と女子トライアルGPに参戦、スケジュールの都合で全戦に参加できないこともあったが、無事にタイトルを獲得して、13回の世界タイトルホルダーとなった。しかしラリーとトライアルの二足のわらじはライアとて厳しいものがあり、ラリーに専念するという決断の元、2013年以降はトライアルの現場からは離れていた。

今回のトライアルへの復帰は、2020年にライアがGASGASと契約したときからのお約束だったが、不意の病によって1年延期となっていたものだ。2021年は8年ぶりにライアが世界選手権を走るシーズンとなる。マシンはGASGAS TXT 300GP、女子クラスの開幕は、6月11日からのイタリアGPとなる。

ライアはトライアルが好きで、ずっとトライアルに戻ってきたいと思っていた、8年間のブランクは小さくないし、今は復帰に向けて、日々トレーニングに励んでいるとのコメントを出している。ライアのトレーニング風景はインスタグラム(instagram.com/laiasanz_85)でもチェックできるので、その走りっぷりでこれから始まる選手権の行方をなんとなく占うことはできる。ブランクは大きいのではないかという人もいれば、やっぱりライアの方が器が大きいという人もいて、結局のところ、勝負はあけて見なければわからない、ということになりそうだ。ライア自身の予測も、そんなところ感じのようだ。

2021ライア・サンツ(ライディング)

チーム監督のアルベルト・カベスタニーは、実はベータ時代にライアとチームメイトだったこともある。カベスタニーも、復帰は必ずしても簡単ではないが、ライアはきっとチャンピオンになるだろうとコメントしている。

ライアがトライアルの舞台からいなくなったあと、エマ・ブリストがタイトルを獲得し続けて、2020年で7連覇を達成した。連覇記録ではライアの記録とタイとなる。2021年は、連覇記録の更新はなるか、それはどちらが達成するのか、という点でも注目される。

なおライアは、GASGASのブランドアンバサダーへも任命されていて、今後はラリーとトライアルのみならず、さまざまな現場にGASGASブランドとともに登場するかもしれない。

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る