2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(その他)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(その他)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. イベント(スクール)
  10. MFJトライアル
  11. MFJ
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中国
  15. イベント告知
  16. 2017お勉強会
  17. イベント(大会)
  18. リザルト関東
  19. リザルト中国
  20. リザルト関東
  21. リザルト関東
  22. リザルト中国
  23. リザルト関東
  24. リザルト関東
  25. リザルト沖縄
  26. リザルト九州
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

レプソルHondaチーム、2021年開幕に向けて

6月11日〜13日、いよいよ2021年世界選手権がスタートする。

レプソルHondaチームからは、開幕戦に向けて、こんな決意表明が出されている。

レプソルHondaチーム

レプソルHondaチームのライダーは、これまでと変わらず、トニー・ボウと藤波貴久の二人。若い成長株のガブリエル・マルセリが加入するのではとか、マルセリが入って藤波はマネージメント役に退くのではないかとか、いろいろうわさはあったのだが、すべてうわさだったようだ。藤波のゼッケンは、25年ぶりの7番となっている。

イタリアGPは、土曜日と日曜日の2日間制。2020年は前大会が2日間制だったが、今シーズンは2日間制だったりワンデイだったりいろいろになる。ヨーロッパのパンデミック対策は収束に向かっている(ことになっている)ので、今シーズンは今発表されているスケジュールでそのまま進むことになるのではないか。

2021年型モンテッサCOTA

チームの未知数要素としては、トニー・ボウが負傷・手術からの回復期間にあるということだ。回復は順調で、ボウが持てるパフォーマンスを発揮するのになんらの問題もないと思われるが、いつもとちがう点であるのは確かだ。ボウがマシンに乗ってのトレーニングを再開したのは、つい数日前ということだ。その感触は上々で、ボウはイタリアGPに向けて成功の感触をつかんでいる。ボウは過去のイタリアGPで14回の勝利を得ていて、直近12大会で連勝している。

藤波貴久は、26シーズン目の世界選手権となる。2020年は短期決戦のスケジュールにうまくコンディションを調整しきれず、ランキングを落としてしまった藤波だが、今シーズンは再び表彰台争いをし、表彰台を取り戻すことに専念する。藤波貴久のこれまでのイタリアGPでの戦績として、5回の勝利と22回の表彰台が記録されている。

2021年が2020年と異なるのは、12セクション2ラップの試合形式となったこと。昨年は10セクション3ラップだった。大会規則上、12セクション2ラップはミニマムの開催形式となるが、セクション数とラップ数によって、ライダーの得手不得手が出るのかどうかも、大会を見守るカギの一つだ。

1ラップ目の持ち時間は2時間半、1ラップ目と2ラップ目のインターバルは15分間で、2ラップ目の持ち時間は1時間45分、試合の持ち時間は合計4時間30分となる。土曜日のスタートは午前10時(もちろん現地時間)、日曜日は午前9時となっていて、これも今までとはちょっとちがう。日本で結果を待つ身とすれば、日曜日はあまり夜更かしをしないですみそうだ。

2021年TrialGP世界選手権

日付 大会 会場
6月12-13日 トライアルGP イタリア トルメッゾ(Tolmezzo)
7月4日 トライアルGPフランス シャレード(Charade)
8月21-22日 トライアルGPアンドラ セントジュリア(St.Julia)
8月29日 トライアルGPフランス カオール(Cahors)
9月11-12日 トライアルGPスペイン バイヨーナ(Baiona)
10月10-11日 トライアルGPイギリス トング(Tong)

トニー・ボウ

トニー・ボウ「開幕戦に向けては、未知数部分が多々ありますが、とにかく回復に努め、骨をしっかりくっつけることを目指して確認してきました。手術から1ヶ月という期間は、安心とは言いがたいですが、目標は明確です。できるだけ多くのポイントを獲得すること。1ヶ月間、トレーニングには大幅な制限がありましたから、むずかしい戦いになるとは思います。ただ、こういった状況は初めてではないので、とにかくよい感覚を活かして、選手権の戦いに集中できるようにしていきます」

藤波貴久

藤波貴久「25周年からもう1年、アウトドアの世界選手権の現場に戻ることができて、とてもうれしいです。この26年間、一つのチームと活動をしてきました。チームとのコンビネーションはばっちりで、強い自信を持っています。このシーズンオフは、マシンのテスト、改善など、多くの仕事をこなしてきました。ライディングの感覚は上々です。41歳となった今、自分がどこまでできるのか、その未知の領域が楽しみです。フィジカルも、ライディング技術も、とにかく準備万端です」

関連記事

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

自然山通信2021年9月号電子版

自然山通信9月号、電子版が準備完了です。 (さらに…)…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦(10/10マカベ)は中止

10月10日開催予定で準備中だったメッツカップ第2戦(茨城県真壁トライアルランドでの開催予定)は開催を中止します。 (さらに&hel…

自然山通信9月号発売!

自然山通信9月号発売中!我らがフジガスとヨヒトが参戦する世界選手権第3戦アンドラ大会レポートと、元ロードレース全日本チャンピオンの水谷勝さん…

イベント(その他)

11/7中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。まだ終息しないコロナ禍対策をしながらの開催となります。食事とライデイング…

ページ上部へ戻る