2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

武田呼人、世界選手権に参戦決定

スペインにトライアル留学中の武田呼人が、ヴェルティゴから世界選手権に全戦参加することが発表になった。

2021上を見る呼人

武田は2020年シーズン、国際A級スーパーに昇格と同時に渡欧、ヴェルティゴで働きながら、ライダーとしてのテクニックに磨きをかける一方、ヨーロッパでの足場を築き上げることに腐心してきた。

ほんとうなら、ヨーロッパと日本を往復しながら、日本のIAS残留資格(全日本選手権でポイントを獲得すること)も得る予定だったのだが、世界的コロナ禍で一度国を動いたら元に戻れるかどうかが不透明ということで、全日本選手権には出場できず、一度もIASクラスを走ることなく、獲得ポイントなしで無情にも国際A級に退いている。

当初渡欧した際のビザは1年間で失効するため(コロナ禍で渡欧が遅れたため、ビザの有効期間を日本にいる間に使ってしまうことになったのは痛かった)、ビザの延長を試みるも、その手続きは簡単ではなく、一度日本に帰る必要が出て、ビザをとるために帰国したものの、万が一の感染を心配してちょうど開催されていた九州大会にも顔を出さず、再びヨーロッパへと旅立っていった。

2021呼人の練習(草原)

ヴェルティゴで働き始めた頃から、世界選手権への参戦は話には登っていたが、呼人本人の2年目からのビザが本当に発給されるのか、というところもはっきりしておらず、発表はなかなかされないでいたものと思われる。

実績のない呼人にはトップカテゴリーのGPクラスには参加ができない。呼人が参加できるカテゴリーは、トライアル2、125(年齢的に、ぎりぎり参加できる)、トライアルE(ヴェルティゴには、マシンが存在しないような来もするが)の3つということになる。どれに出たいかといわれれば、呼人本人はT2が希望だったが、会社側の思惑もあって、こちらも参加表明が遅くなった理由の一つとなっていた。

今週末のイタリアGPには、武田呼人はトライアル2クラスで出場する。ゼッケン270番。TRIALGPのWEBサイトにあるプレエントリーリストにはまだ呼人の名前はのっていないが、プライベートで参加するのではなく、ヴェルティゴからのオフィシャル参加というかたちをとるので、ここまでくればなんの問題もないと思われる。渡欧、ビザ、異国での生活、会社やチーム、そしてお世話になっているハイメ・ブストそのコンビネーションと、初ヨーロッパの呼人には全力挑戦ばかりの日々だった。

2021呼人とマインダーと

呼人のマインダーには、これまでブストのセカンドマインダーを務めていたジェラルド・カラスコさんがやってくれることになったという。素晴らしい環境での参戦スタートとなるが、ヴェルティゴ側がそれだけの環境を用意してくれるのは、それだけ呼人を認めてくれている、ということだろう。

しかし本番はこれからだ。単身でトライアル修業にでかけて世界選手権参戦の機を得るというやりかたは、1970年代の服部聖輝以来になろうかと思われる。新時代のホープ、ヨヒト、がんばれ!

2021開幕前の武田呼人

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る