2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. MFJトライアル
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(スクール)
  6. リザルト中国
  7. イベント告知
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト中国
  12. リザルト関東
  13. リザルト関東
  14. リザルト中国
  15. リザルト関東
  16. リザルト関東
  17. リザルト沖縄
  18. リザルト九州
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJ
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. MFJトライアル
  30. リザルト九州
  31. リザルト中国
  32. 自然山通信2021年1月号表紙
  33. リザルト中国
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. リザルト関東
  37. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

世界選手権開幕、藤波貴久が勝利!

世界選手権開幕戦はイタリア大会。1日目はトニー・ボウが辛くも勝利。そして2日目、藤波貴久が劇的な勝利。41歳にしての勝利もすごいが、なにより2ラップ目の神がかったライディングは見事だった。

2021WCTイタリアの二人勝利が決まった藤波貴久。破れても藤波が勝ってハッピーなトニー・ボウ

ボウは負傷手術からの病み上がり。トレーニングがまったくできていない状態で、絶好調とは言いがたい。藤波はシーズンオフにじっくりトレーニングを積んで、自信をもっての開幕戦となった。

1日目、ボウはラガの追撃から辛くも逃げ切り、1点差の開幕戦勝利。藤波は、ライディングは悪くなかったものの、それが減点に反映されず、さらに2ラップ目終盤にミスを続けて、5位から7位にポジションを落としてフィニッシュした。

2021WCTイタリアのボウ絶好調にはほど遠いボウだったが、それでも両日ともにいい走りを見せた。

そして2日目、日曜日。藤波には細かい減点があるものの、ライバルはそれぞれどこかで5点を喫して減点を増やしている。そんな中、ボウは第6で5点となった以外、クリーンを連発して、早くも勝利のペースをつかんだかに見えた。

しかし終盤、第11、第12、ふたつのセクションは鬼門だった。藤波も、この2セクションでこの日初めて5点となると、なんとボウもこの両セクションで5点。1ラップ目の減点は藤波が18点、ボウが15点。トップはジェロニ・ファハルドで13点だった。

第1から第10セクションまではクリーン狙い、第11と第12はとにかく最小減点で抜けること。2ラップ目の課題は定まった。しかしどこまでうまくいくものか。

ファハルドは、減点を連発し、5点もあって順位を落としていく。ボウは、1ラップ目同様、クリーンを連発するが、これも1ラップ目同様、第6で5点となった。藤波は第6を1点で抜け、それ以外はすべてクリーンしている。絶好調だ。

2021WCTイタリアの藤波1今回の藤波は神がかっていた。2ラップ目の減点4はこれ以上ないスコアだ。

そして勝負は最後の2セクションでの攻防となった。ここまで、藤波の減点は19点、ボウは20点。ファハルドとラガは28点なので、事実上優勝争いはは藤波とボウに絞られた。

1ラップ目は両方5点になっている藤波は、ここで渾身のトライ。第11を2点、第12を1点で抜ける。この日、この両セクションを続けて5点にならずに抜けてたのは、藤波が初めてだった。そして遅れてやってくるボウやその他ライバルの動向を待つ。

2021WCTイタリアの藤波2カラダのきれもいい。41歳フジガス、まだまだいける!

ファハルドは両セクションを5点。ラガは第11で5点。これで、藤波の2位以上が確定した。残るはボウのトライだ。

ボウは第11セクションで5点。この時点で、ボウのトライの1セクションを残して、藤波の勝利が確定した。ボウは最終セクションも5点で、藤波は8点リードで優勝。藤波の勝利は2016年フランス大会以来で、通算34勝目となった。41歳にしての世界選手権トライアル勝利者の誕生だ。

キレのいい、勝負どころに強い藤波貴久。これは世界チャンピオンをとった、あの頃の再現だと感じていたら、藤波本人も、26歳のときの、2004年のような感じだった、とコメントしていた。

しかし病み上がり、しかも日曜日の大会中に足を少々痛めたボウにとって、2位をキープしているのは上出来で、チームとしても藤波とボウのワンツーは望外の喜び。

藤波とボウ、そしてレプソルHondaチームにとっては最高の開幕戦となった。

2021WCTイタリアの二人表彰台1位と2位の表彰台。すばらしい開幕戦となった。

なお土曜日の朝のPCR検査で陽性反応が出たホルヘ・カサレスは2ラップ目以降の試合参加を断念。症状はないものと報告があるが、今後の状況が気になるところだ。

10TrialGP
2021R1_2_GP

関連記事

8/1トライアルマシン合同試乗会、第三弾! 関西編

2021年8月1日、兵庫県加古川市加古川トライアルパークにて、トライアルマシン合同試乗会をやります。トライアルマシンを体験し、いろんなトライ…

MFJトライアル

2021年も日本はTDN不参加に

2021トライアル・デ・ナシオン(TDN)は、2021年9月19日にポルトガルで開催されることになっているが、MFJがこの大会への日本代表チ…

MFJ

12/12トライアルGC大会(延期開催)

2021年11月14日(日)に開催予定だった2021第33回MFJトライアルグランドチャンピオン大会が延期となった。延期日程は2021年12…

ソニーα7Cを試用中

ソニーαシリーズを使って、もう7年になるんだった(そんなに長いこと使ってるなんて、日記を調べてみるまで忘れてた)。ポンコツで人には勧められな…

電子版2021年7月号お届けします

藤波貴久が5年ぶりの勝利して大騒ぎになった日本の6月。自然山通信でお振り返りください。スマホ(画面が小さいから若者向き)、タブレット(おおむ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売!世界選手権開幕2日目で優勝した藤波貴久。TRIAL2にフル参戦する武田呼人。ワールド詳細レポート掲載。【特別企画】…

イベント(大会)

9/26メイクカップ

2021年のメイクカップ日程が決まりました。 10月3日に予定しておりましたメイクカップは全日本近畿及び東北選手権最終戦日程変更により…

ライア・サンツの復活戦は新旧チャンピオン、引き分け

藤波貴久が5年ぶりの勝利を得て、日本中が上を下への大騒ぎをしている中、こちらは8年ぶりの快挙を達成していた。ライア・サンツがトライアル世界選…

イベント(大会)

7/25・8/29里山トライアル

第68・69回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(スクール)

8/7 GATTIスクールin鷲ヶ岳

2021 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 ~鷲ヶ岳スキー場での高原トライアルを楽しもう~ 郡上TRIALクラブの皆様のご協力…

ページ上部へ戻る