2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

世界選手権開幕、藤波貴久が勝利!

世界選手権開幕戦はイタリア大会。1日目はトニー・ボウが辛くも勝利。そして2日目、藤波貴久が劇的な勝利。41歳にしての勝利もすごいが、なにより2ラップ目の神がかったライディングは見事だった。

2021WCTイタリアの二人勝利が決まった藤波貴久。破れても藤波が勝ってハッピーなトニー・ボウ

ボウは負傷手術からの病み上がり。トレーニングがまったくできていない状態で、絶好調とは言いがたい。藤波はシーズンオフにじっくりトレーニングを積んで、自信をもっての開幕戦となった。

1日目、ボウはラガの追撃から辛くも逃げ切り、1点差の開幕戦勝利。藤波は、ライディングは悪くなかったものの、それが減点に反映されず、さらに2ラップ目終盤にミスを続けて、5位から7位にポジションを落としてフィニッシュした。

2021WCTイタリアのボウ絶好調にはほど遠いボウだったが、それでも両日ともにいい走りを見せた。

そして2日目、日曜日。藤波には細かい減点があるものの、ライバルはそれぞれどこかで5点を喫して減点を増やしている。そんな中、ボウは第6で5点となった以外、クリーンを連発して、早くも勝利のペースをつかんだかに見えた。

しかし終盤、第11、第12、ふたつのセクションは鬼門だった。藤波も、この2セクションでこの日初めて5点となると、なんとボウもこの両セクションで5点。1ラップ目の減点は藤波が18点、ボウが15点。トップはジェロニ・ファハルドで13点だった。

第1から第10セクションまではクリーン狙い、第11と第12はとにかく最小減点で抜けること。2ラップ目の課題は定まった。しかしどこまでうまくいくものか。

ファハルドは、減点を連発し、5点もあって順位を落としていく。ボウは、1ラップ目同様、クリーンを連発するが、これも1ラップ目同様、第6で5点となった。藤波は第6を1点で抜け、それ以外はすべてクリーンしている。絶好調だ。

2021WCTイタリアの藤波1今回の藤波は神がかっていた。2ラップ目の減点4はこれ以上ないスコアだ。

そして勝負は最後の2セクションでの攻防となった。ここまで、藤波の減点は19点、ボウは20点。ファハルドとラガは28点なので、事実上優勝争いはは藤波とボウに絞られた。

1ラップ目は両方5点になっている藤波は、ここで渾身のトライ。第11を2点、第12を1点で抜ける。この日、この両セクションを続けて5点にならずに抜けてたのは、藤波が初めてだった。そして遅れてやってくるボウやその他ライバルの動向を待つ。

2021WCTイタリアの藤波2カラダのきれもいい。41歳フジガス、まだまだいける!

ファハルドは両セクションを5点。ラガは第11で5点。これで、藤波の2位以上が確定した。残るはボウのトライだ。

ボウは第11セクションで5点。この時点で、ボウのトライの1セクションを残して、藤波の勝利が確定した。ボウは最終セクションも5点で、藤波は8点リードで優勝。藤波の勝利は2016年フランス大会以来で、通算34勝目となった。41歳にしての世界選手権トライアル勝利者の誕生だ。

キレのいい、勝負どころに強い藤波貴久。これは世界チャンピオンをとった、あの頃の再現だと感じていたら、藤波本人も、26歳のときの、2004年のような感じだった、とコメントしていた。

しかし病み上がり、しかも日曜日の大会中に足を少々痛めたボウにとって、2位をキープしているのは上出来で、チームとしても藤波とボウのワンツーは望外の喜び。

藤波とボウ、そしてレプソルHondaチームにとっては最高の開幕戦となった。

2021WCTイタリアの二人表彰台1位と2位の表彰台。すばらしい開幕戦となった。

なお土曜日の朝のPCR検査で陽性反応が出たホルヘ・カサレスは2ラップ目以降の試合参加を断念。症状はないものと報告があるが、今後の状況が気になるところだ。

10TrialGP
2021R1_2_GP

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る