2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2022 Xトライアルまもなく開幕

2022年Xトライアルが、3月11日金曜日、フランスのニースで開幕する。

2022Xトライアル開催

ニースの会場はThe Palais Nikaïa(パレニカイア)。ショーの始まりは、金曜夜の20時30分だ。この会場でのXトライアルは5回目となるとのことだ。

Xトライアルは、何回か試合形式を変えて開催されている。ドギー・ランプキン時代には2台が横並びで競争するダブルレーン(スピードレーン)が組まれているのがふつうだったし、ハイジャンプが定例セクションとなっていたこともあった。

1対1の勝ち抜き戦が採用された時には、組み合わせの妙によって最終結果にも影響が出る場合があって、博打のようだと評されたこともあった(評したのは自然山通信のようなトライアルジャーナリズムだったかもしれないけど)。

そしてここ数年は、8名が参加、用意された予選セクションを一気に走って成績を決め、上位6人がセミファイナルに進出、セミファイナルでは3人ずつが一人ずつセクションを走ってそれぞれの組の1位、2位、3位を決め、1位同士が決勝に、2位同士が3位決定戦に進み、それぞれ決着をつけるという形式になっていた。

今年、どうやらXトライアルはまた新たな試合形式を採用するとのことだが、去年までとおんなじようにも思えるので、確実なところは3月11日のお楽しみということになる。最初は8人が2グループに分かれて5つのセクションを走り、そのトップ6が2ラップ目(セミファイナルということだと思われる)に進出するが、その際にオープニングラップの減点数はクリアされずにそのまま引き継がれるという(この点は今までと異なっている)。ただし決勝ラップでは点数はクリアされて始まることになっている。

出場ライダーはXトライアルの上位3名と、フランス、イタリア、ノルウェー、イギリスから各1名、そして主催者推薦のワイルドカードライダーが1名となっている。これまではなんだかんだとスペイン勢がXトライアルの多くを占めていたが、今年のノミネートライダーはこのキマリどうりに選ばれていて、ミケル・ジェラベルト、ガブリエル・マルセリ、ジェロニ・ファハルドなどはスタートメンバーからは外れている。

ということで今年のメンバーは、トニー・ボウ(レプソルHondaチーム・16回目のXトライアルタイトルを目指す)、アダム・ラガ(TRRS)、ハイメ・ブスト(ヴェルティゴ)の3人のスペイン勢に、イタリアのマテオ・グラタローラ(ベータ)、ノルウェーのソンドレ・ハガ、そしてフランスのブノア・ビンカス(ガスガス)。ワイルドカードライダーにはフランスのテオ・コライロが選ばれている。コライロは2度目のワイルドカード出場になる。

2022年シーズンは6戦が組まれていて、開幕戦のニースの後は3月25日にフランスのシャロンシュルソーヌ 、2月2日がスペインのマドリード、10日にバルセロナ(スペイン)、それからどーんと飛んで10月8日がアンドラ、最終戦は10月21日にフランスのどこかで(会場未定)ということになっている。

2022Xトライアル開催スケジュール

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る