2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

レプソルHondaチーム、2022年に向けて

30回の世界チャンピオンのトニー・ボウと、日本人としては初めてチーム監督に就任した藤波貴久の所属するレプソルHondaチームが、Xトライアルシーズンインを前に決意表明をしている。

2022レプソルHonda藤波とライダー

Xトライアルは3月11日、ニースで開幕する。チームから参加するのはボウ一人。チームに新加入したガブリエル・マルセリの参戦は、今回はない。

ボウは、これまでにXトライアル(インドア)15、アウトドア15の世界タイトルを獲得している。その勝利数はXトライアル69、アウトドア125。ニースでの1戦は、勝利数をひとつ増やすべく、そして新たなタイトル獲得に向けての、第一歩となる。

マルセリはまだ22歳。2019年T2チャンピオンを獲得して、2020年からトライアルGPに参戦。3年目の2022年に、ワークスチームであるレプソルHondaチーム入りを果たした。2021年スペイン選手権ではランキング3位、Xトライアルでは、バルセロナ大会で2位表彰台を獲得してランキング4位となる好成績を残している。

そんなマルセリが今回のXトライアルに参加しないのは、Xトライアルが参加選手について見直したからだ。Xトライアルランキング上位3人の他は、すべてスペイン人以外のライダーがノミネートされることになり、ランキング4位のスペイン人であるマルセリには参戦権利がなくなった。ただし、各大会ではワイルドカードとしてゲストを呼ぶ権利があるので、スペインの大会ではワイルドカードとしてマルセリの参加の可能性もあるだろう。2022年シーズンには、スペインではマドリードとバルセロナ、2戦が組まれている。

そしてこの大会から、藤波が采配を握ることになる。半年前まで現役ライダーとしてトライアルGPを戦っていた藤波がどんなレース運営をするのか、26年間の藤波の経験が発揮される時が来た。

レプソルHondaチームでは、従来からInstagramとTwitter(@trialteamhrc)で情報発信をしているが、今年はTelegram(@trialteamhrc)に新しいチャネルを開設して、より幅広い情報発信に努めるということだ。

○トニー・ボウ

2022ボウ

「新しいシーズンが始まりますが、いつものとおりに、私たちはすべてを尽くします。オフシーズンの準備とトレーニングは順調でした。開幕戦に向けて、準備は完璧。シーズンが始まるのが楽しみです。 X-Trialのルールは数年前のものに戻ることになりました。運不運に結果が左右されることが減って、誰にとってもよい試合になると思います。今年、チームにはガブリエル・マルセリが参入しました。素晴らしいライダーで、非常に勉強家。将来性のあるライダーです。チーム一丸、よいシーズンになることを願っています」

○ガブリエル・マルセリ

2022マルセリ

「今シーズンは、今までよりもっといい感じです。今シーズン、世界最高のチームに所属ができました。チームが私を信頼してくれたのは本当にありがたいし、その期待を裏切らないよう、最善を尽くします。Xトライアル開幕戦に出場できないのはとても残念でした。1戦を欠場すれば、最終ランキングに大きな影響が出てしまいますが、出場できる大会では全力をあげて、できるだけ多くのポイントを獲得しようと思います。トライアルGPではライバルが非常に強力で難しい戦いとなりますが、すべてのトライアルでトップを目指してがんばります」

○藤波貴久監督

「私にとっては、今シーズンは昨シーズンとはぜんぜんちがうものになります。ボウのことは15年に渡って見てきていますが、ここ数週間の彼のトレーニングを見ると、これまで以上の強さを身につけたと感じます。なので今年は、ボウにとっては素晴らしいシーズンになるでしょう。新たに加わったガブリエル・マルセリも、同様の印象です。彼の進化は著しく、精神的にも技術的にも大きな変化を遂げています。彼に対するチームのバックアップも万全です。新しいレギュレーションのため、Xトライアル開幕戦に出場できないのは残念ですが、次戦には参加できると確信しています。チャンピオンシップ争いをするのはむずかしいでしょうが、昨年のように、たとえばバルセロナXトライアルでなしとげたように、表彰台を担う一人になると確信しています。このシーズンオフ、チームはマシンをこれまで以上に改善し、シーズンの成功に向けて前進し続けています。過去15年同様に、2022年シーズンが本当に楽しみです」

2022レプソルHondaチームのみんな

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る